大橋コージ mini作品展(木工)

大橋コージ mini 作品展 (木工)

2017.5.28 sun -6.1 thu


今週末より木工家・大橋コージさんの
小さな作品展を開催します。

大橋_椅子いろいろ

大橋_ウィービングカスタム_2

十二ヵ月の常設展示をしているウィービングスツールは、
ギャラリーでもみなさまに腰を掛けていただく家具として備えています。
このスツールは、インテリア作品としての魅力にこだわって、
フレームのバランスは十二ヵ月オリジナルにアレンジ。
シートをカスタムオーダーすることで
お好みの一脚を仕立てていただけるのも当店のみです。
お陰さまで、軽やかな存在感、座り心地、手しごとの温かみ、
実際に触れてこそ理解される良さがあると好評をいただきます。

期間中は、ウィービングシリーズのほかに
ベビーチェアなどの小家具、
木の存在感を生かしてつくられる
インテリア小物、玩具がギャラリーの一角に揃います。

また、既に予約満了しておりますが、
ウィービングを体験してスツールを仕上げていただく
ワークショップも開催されます。

大橋_ウィービング編み目

5月28(日)と30日(火)のワークショップ開催日は、
ウィービング作業を覗いていただくこともできます。
また、オーダー・特注オーダーのご質問には、
期間中いつでもお応えいたします。

清々しい香りと、温もりのある
木の作品たちに会いにいらしてください。
ご来店をお待ちしております。




【予約受付中】次回の自家製スモークベーコン販売予定

十二ヵ月自家製・スモークベーコン
 次回の販売予定&予約開始のお知らせです。

販売開始 : 6月1日(木) 13:00〜

月に一回のペースで販売を行なっているスモークベーコン。
今回は5月分ですが、月末ギリギリになってしまったため
販売日が6月1日からになってしまいました。
先回と同じ要領で予約も開始いたします。
ぜひご利用ください。

※ご予約のみで予定量に達した場合は、
 店頭一般販売は行なえませんのでご了承ください。

ベーコン仕込み201702

愛知県のブランド豚・三河ポークを
自家ブレンドの野菜やスパイス、ハーブと一緒に塩漬けし、
サクラなどでじっくりと燻します。
今回も赤身の多いおつまみ向きの肉がたくさん入手できました。

ベーコン_170324

生肉から燻して仕上げるベーコンは、
パンチェッタに似たしっかりとした食感と、
薫りの高さをお楽しみいただけます。

そのままスライスしてサラダやおつまみに。
さっと炙ると薫りが際立ちます。
炒めもの、スープやソースなどに…
お料理の旨味をアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
《ご予約について》

■価格など
¥500(税込)/100gあたり
1カット200g〜250gくらいに切り分けて販売しますので、
店頭でお好きなカットを先着順でお選びいただきます。

■予約と受取り
・ご希望のカット数で予約を承ります。
・大きなブロックでご購入希望の方は、グラム数をお伝えください。
 量はお一人さま1kgまでとさせていただきます。
 多少の量の前後はご容赦ください。
・防腐剤や保存料など不使用のため、6月5日(月)までにご来店ください。

下記をご連絡ください。
・お名前:
・お電話番号:
・ご希望量:(200〜250gを◯個)または(◯◯◯g×◯個)
・ご来店予定日: 月 日


■予約のご連絡先
tel : 052-321-1717
email : info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)

《ご注意ください》
ezwebのメールアドレスをご利用の方に
当店からの返信メールが届かないという事例が発生しています。
ezwebアドレスに該当される方は、下記のご案内をご覧ください。

「ezwebのメールアドレスをご利用の方へ」





十二ヵ月のコーヒーを西区のLienLienさんで

ご紹介が遅くなりましたが、
十二ヵ月の自家焙煎コーヒーをお召し上がりいただけるお店が
4月にオープンされました。


−食器とパンのお店−
LienLien | リアンリアン

名古屋市西区庄内通3-8 クリエイティブ21 1F
10:00〜17:00 / 火曜定休

リアンリアン_1

庄内通沿い、地下鉄「庄内通駅」からもすぐ。
ブルーのパラペット(ファサードサイン)が目印です。

リアンリアン_4

器とパンが並ぶ店内の奥には
イートインカウンターのあるキッチンが。
ここで当店の自家焙煎コーヒーを
ハンドドリップしてくださっています。

リアンリアン_3

オーナーさんが選んでくださったのは、
フルーティーな酸味と甘く華やかな香りが特徴の
エチオピア イルガチョフ ナチュラル

リアンリアン_2

パンはオーナーがコツコツとていねいに焼かれているので
専門店のように多量にはありませんが、
素材も凝った美味しいパンは、オープン時刻から楽しめます。
オーブントースターもご用意されていますので、
淹れたてのコーヒーと一緒に…。

リアンリアン_5

営業時間に間に合わない方は、ぜひお休みの日に。
休日のブランチをLianLianさんで…。




ezwebのメールアドレスをご利用の方へ

【ezwebアドレスへ返信メールが届かないという懸案について】

日頃は十二ヵ月をご愛顧いただき、ありがとうございます。
先日より発生していました表題の懸案につきまして、
KDDIへ問い合わせを行い、今後のための対処方法をお聞きしました。
ezwebアドレスにて当店へメールをお送りくださる方は、
事前にご確認くださいますようお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■この問題は、お客様がメールの設定で行われている
「迷惑メールフィルター設定」に因る可能性が高いことを確認いたしました。
確実に受信をしたいメールアドレスを「受信リスト」へ設定することで、
受信できるというアドバイスを受けましたので、
当店へメールをお送りいただく前に是非ご確認いただければと思います。

《au公式サポート情報》
「迷惑メールフィルター設定(@ezweb.ne.jpアドレスのみ対応)」

「受信リスト」に設定をしていただきたい当店のメールアドレスは下記です。
「必ず受信」にチェックを入れて設定をしてください。

info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)


■また、メールをお送りいただく際の返信先として、
その他のアドレスでもお受取り可能な方は、複数ご記載くださっても結構です。
よろしくお願い申し上げます。



“いろ iro 色のうつわ”より〜PACE×色のうつわ

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


開催中の企画展より作品をご紹介します。


PACE / 山田弘美 | 織

いろiro色のうつわ_PACE_1
ori-kumi マット 15/コースター ×早崎志保 数字のシリーズ

いろiro色のうつわ_PACE_3
サークルマット ×鈴木史子 耐熱キャニスター

いろiro色のうつわ_PACE_2
igata マット ×岡村宜治 掛け分け土瓶/湯呑み

テーブルの上で、キッチンで、
楽しい彩りやリズムを与えるPACEの織りもの。
器や道具の名脇役としてだけでなく、
その空間で素敵にインテリアの一部となれるように…。




“いろ iro 色のうつわ”より〜鈴木史子・藤井憲之

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


開催中の企画展より作品をご紹介します。


鈴木史子 | 陶

いろiro色のうつわ_鈴木_1
四角皿 長方形・大/mini

いろiro色のうつわ_鈴木_2
黄 耐熱ココット/キャニスター

いろiro色のうつわ_鈴木_3
青 リム皿 6寸/7.5寸

「白い器の鈴木史子と言われるんです。」そうおっしゃった史子さん。
こんなにも雰囲気のある色の器があるのですよ。
新作のピンクも大人の色合いを愉しませてくれます。


藤井憲之 | 磁

いろiro色のうつわ_藤井_1
青白磁 角長台皿、青白磁/白磁/淡墨/紫 各豆皿

いろiro色のうつわ_藤井_2
青白磁/淡墨 台皿

いろiro色のうつわ_藤井_3
青白磁/白磁/淡墨/紫 型打小鉢

やわらかな色合いの四色の磁気。
シンプルでいて上質な器は、
コーディネートの主役にも調整役にもなれる存在です。




“いろ iro 色のうつわ”より〜岡村宜治・工藤工

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


開催中の企画展より作品をご紹介します。


岡村宜治 | 陶

いろiro色のうつわ_岡村_1
釉掛け分け マグカップ/ポット

いろiro色のうつわ_岡村_2
釉掛け分け 八角皿

いろiro色のうつわ_岡村_3
釉掛け分け 八寸皿

落ち着いた色合いながらも
3色で展開される模様がモダンな存在感を示します。


工藤 工 | 陶

いろiro色のうつわ_工藤_3
黒センコク サンカク小鉢

いろiro色のうつわ_工藤_2
安南ヨコシマ ボウル

いろiro色のうつわ_工藤_1
織部ヨコシマ/黒センコク/安南ヨコシマ ココット

桃山から続く美濃の伝統を
カジュアルづかいの楽しい器に仕上げていただきました。




“いろ iro 色のうつわ”より〜野村絵梨花・早崎志保

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


開催中の企画展より作品をご紹介します。


野村絵梨花 | 陶

いろiro色のうつわ_野村_1
ホワイトパープルのシリーズより
鍵マグ豆小鉢ミルクピッチャー

新作として発表されたむらさき色。
寒色系、暖色系、どちらの色の器と合わせても。


早崎志保 | ガラス

いろiro色のうつわ_早崎_2
りんごの丸グラス

いろiro色のうつわ_早崎_3
蝶々のワイングラス

いろiro色のうつわ_早崎_1
数字のロックグラス

やわらかなフォルムと彩りのガラスたち。
テーブルに映る姿や重ねた姿も楽しい器。




“いろ iro 色のうつわ” はじまりました

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


昨日よりはじまりました。
初日は雨の中、早朝からお待ちいただき
ありがとうございました。


いろiro色のうつわ_1

いろiro色のうつわ_2

いろiro色のうつわ_3

食のシーンを一層愉しんでいただくための
お気に入りの彩りを見つけていただければと思います。

会期中はまた作品のご紹介をしてまいります。





【参加者募集】くるみのお皿づくり ワークショップ/vol.6

モノ人_web用ロゴ

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみのお皿の会』vol.6

 参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月24日/土〜7月4日/火に開催する
“筒井 則行 / icura 作品展”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

彫刻刀で木を彫ってつくるシンプルな作業が、
ものづくりの原点を感じさせてくれる、初夏恒例のワークショップ。
今回も、おなじみの内容で募集します。

初回参加者は定番の角皿(食パンサイズ)までの大きさを、
経験者は大きなサイズも可能とします。
毎年ここで制作してくださっているリピーターさんは、
ご家族のための1枚を増やしたり、新しいサイズを増やしたり…。
楽しくお話ししながらの制作で、
木の器の使い方も知っていただく時間にできます。

筒井ws2015_サンプル
左上 : 角皿 :16cm×16cm / その他 : ランダムサイズの皿(完成イメージ)

パン皿
角皿 : 16cm×16cm(完成イメージ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【木製食器について】
「小さな木づかいだけで じゅうぶんです」
これは、作家の筒井さんの言葉。
“木の食器”と言うと、漆塗りの碗や皿を想像されるでしょう。
水分を含みやすい、木の素材感をそのまま生かした器は、
「食べ物の汁などが染み込んでしまわないの?」
という声をよく耳にします。

確かに、木は吸水性が高いです。
でも、クルミの油、エゴマ油、オリーブ油などの
天然オイルを塗ってあげることで、
安心して日常にお使いいただけます。
また、使う度に食べ物の油分が染み込み、
丈夫さと色合いの深みを増していきます。
木は軽くて丈夫な素材です。
そして、やさしいモノです。
小さな気遣いだけで、末永く使うことができるのです。

焼きたてのパンを木皿にのせると、
余分な水分を吸ってくれるので美味しくいただけます。
ほかにも、揚げ物、炒め物、パスタなど、いろいろなものをのせて…。
心地よく毎日使って育てる木のお皿は、
“やさしい食の時間”をもたらしてくれます。

【 制作体験概要 】
1. ご希望のくるみの板を選択。
 パン皿_1

2. 作家の指導を受けながら、彫刻刀で彫っていく。
  仕上げは、サンドペーパーで表面を滑らかに。
パン皿_2

3. 天然くるみ油を塗り、完成。
 パン皿_3

※体験後は引き続き、ゆったりとケーキセットを楽しみください。
※ご自宅でもお皿を制作したい方には、追加で材料や作業板をお分けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 
日程:2017年
   6月 (1)24日/土・(2)25日/日・(3)30日/金
   7月 (4)1日/土・(5)4日/火
   各回共 13:00〜(制作時間1.5〜2h+ティータイムの予定)
   
会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:各回9名ずつ
対象年齢 : 小学生以上(小学生のご参加には、大人の付添いが必要)
費用:角皿制作:3,200円
   ランダムサイズの皿制作:3,200円〜(サイズによる)
   ※材料・制作費、ケーキセット代が含まれます。
   ※材料は当日お選びいただきます。

※道具類は、全てご用意します。
※服装:汚れても良い服装 もしくは エプロン持参など。
    木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。

【 申込方法 】
・E-mail、FAXより:下記の内容をお送りください。
・Facebookイベントページより:
   参加ボタンを押した後、メッセージから必要事項をご連絡ください。
・お電話にて:営業時間中のみ電話受付をいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『木工家 筒井則行さん(icura)とつくる くるみのお皿の会 vol.6』申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・返信先E-mailアドレス 又は FAX番号:

・参加希望日:(1)〜(5)よりお選びください。

・参加希望人数:  名(+付添い 名)
        ※小学生のご参加には、大人の付添いが必要です。

・参加経験:初参加者 / 経験者(どちらかご選択ください)

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※いずれの方法からでも、先着順にて受付いたします。
 受付後、予約内容確認の返信をもってご予約完了です。
 返信まで少しお時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

※ご予約完了後、やむを得ないご事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 ご希望の方に、繰り上げによりご案内をさせていただきます。

※お申込先 : THE SHOP 十二ヵ月
       E-mail : info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)
       FAX  : 052-321-1717



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》2017.05.19 up date

【ご予約状況のご案内】

■6月24日/土 残席1
■7月1日/土 残席1

その他の日にちは、数席ずつ余裕がございます。

各日とも定員になり次第、キャンセル待ち受付けに切り替ります。
ご予約お待ちしております。


◉ご注意ください
【返信メールが届かないという事例について】
ezwebのアドレスの方への返信メールが届かないという
事例が確認されています。
お申し込み時の「返信先E-mailアドレス」は、
ezweb以外でお受取り可能な方は、そちらをご記載ください。
よろしくお願い申し上げます。

※この事例は、お客様の設定されている「迷惑メールフィルター設定」に因る
 可能性が高いことをKDDIへの問い合わせで確認いたしました。
 当店のメールを「受信リスト」へ設定することで
 返信メールを受けられるようになるというアドバイスを受けましたので、
 当店へメールをお送りいただく前に是非ご確認いただければと思います。

 au公式サポート情報
→「迷惑メールフィルター設定(@ezweb.ne.jpアドレスのみ対応)

 設定していただきたい当店のメールアドレスは、下記です。
 「受信リスト」に「必ず受信」にチェックを入れて設定をしてください。
 info@jyunikagetsu.com




“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / PACE

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 7

PACE / 山田弘美
PACE / Hiromi Yamada | 織

名古屋ファッション専門学校(現NSC)卒業。
アパレルメーカーにてデザイナー、パタンナー職勤務。
退社後、インディーズブランド「T.Y.T」設立などを経て織りに出会う。
さをり適塾にて織りの基礎を学び以降、独学で作品製作を開始。
現在は、東海エリアにて個展、グループ展、ワークショップを開催中。


色のうつわ_pace

糸と糸の出会いから
彩りを生む織りのしごと。
手しごとならではのやわらかな織布は
いつも心を温かにしてくれます。

コースターやマットなど
テーブルを彩るPACEの作品は、
機能性を備えながら
遊びを楽しむデザイン性が魅力のモノたち。

小物づかいで、いつもの器も違った顔に。
織り作品ならではの、
彩る楽しみを見つけてください。



■PACE 在廊日 : 13 sat、21 sun


“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 藤井憲之

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 6

藤井 憲之
Noriyuki Fujii | 磁

1955 大阪生まれ
1980 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業
    同大学陶磁研究室勤務
1987 瀬戸にて築窯

1986 日本クラフト展(以後5回)
    朝日現代クラフト展(以後2回)
1987 デザインフォーラム瀬戸 審査員特別賞(3回受賞)
1989 国際陶磁器展美濃
1993 日本陶芸展(以後2回)
1996 東海の現代陶芸(名古屋国際会議場)
1998 明かりの器(HIZUKIプロデュースによる)
2000 灯かりの器(HIZUKIプロデュースによる)
    金沢「碗・わん」大賞展 大賞
2001 国際工芸コンペティション金沢
2002 伊丹国際クラフト展
2003 出石磁器トリエンナーレ
    量産のためのデザイン“蒼爽”シリーズ”
    (セラミックジャパンプロデュース)
2004 陶と磁「表情と表現」(瀬戸新世紀工芸館)


色のうつわ_fujii

うつくしいフォルムの、やわらかな磁器。
一見シンプルでありながらも、
違いをみせることのできる陶芸家。
すでに長いキャリアのどの時期を切り取っても、
その印象が褪せることはない。

フレンチ、イタリアン、懐石、寿司、
一流の料理人たちが好んで使ってきた藤井さんの器。
それでも、家庭で使ってもらうための良質なモノを
という作家の思いがいつも言葉の端々に溢れ出ます。

澄んだ淡い彩りの4色の磁器で
日常使いを楽しむための
小さな器を中心に展開していただきます。



■藤井憲之 在廊日 : 14 sun