【予告】筒井則行/ icura exhibition 2024

筒井則行/ icura
exhibition

2024.6.15 sat - 23 sun
(最終日 - 17:00、火曜休)


icura展2024_DM


やさしさや温もりで
日々をそっと支えてくれる木の器や小物たち。
今年は “定番+新しい愉しみ” を更に色濃く。

くり抜きの器に、たくさんの蓋もの、
森の空気をそのまま連れてきた小枝のナイフ。

そして、陶芸家・野村絵梨花さんとのコラボも再び。
小鉢、マグ、カップ類にお二人ならではの調和が…。

見どころを詰め込んでお待ちしております。



・・・・・・・・・・・・・・・

■workshop 予約受付中

彫刻刀を使って板を彫り、お皿を作ります。
親子参加も歓迎です。

[ 開催日 ]
『くるみのお皿の会』 (1)15sat, (2)20thu, (3)23mon
『くるみの板皿(鉄媒染)の会』 (4)16sun, (5)17mon

*詳細は、各リンクにてご覧ください。

*workshop開催日は、作家が在廊予定です。
 ご相談に応対いたしますが、少しお待ちいただいたり、
 店主が代わって行う場合がございます。




【参加者募集】ws「くるみの板皿(鉄媒染)の会」vol.2

◆2024年5月1日(水)21:00より募集開始
 時刻前のお申込みはキャンセル扱いになりますので、ご注意ください。


モノ人_web用ロゴ

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみの板皿(鉄媒染)の会』vol.2


 2024年 6月16日/日、17日/月
 13:00〜

 参加者募集


ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月15日(土)〜23日(日)に開催する
“筒井 則行 / icura exhibition”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

木を彫った後に黒くなる染色を施して、
食べものの彩りを映えさせる板皿の制作をします。
彫り目の付け方は自由にアレンジして、
おつまみ、お料理、お菓子にと多用途に愉しんでください。


■鉄媒染とは…
鉄媒染液の鉄成分を木地に染み込ませ着色する、自然由来の染色です。
木地の中のタンニンと反応して徐々に黒っぽく着色されます。
筒井さんが作品づくりのために検討を重ねてきた鉄媒染は、
当カフェのコーヒーゼリーの器にも使用されています。

「くるみの板皿(鉄媒染)の会」と「くるみのお皿の会」
両方にご参加いただくことも可能です。


ws_icura_鉄媒染_0
サイズ:23cm×11cm(制作/完成イメージ)

ws_icura_鉄媒染_4
彫り目:参考例


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
1. 作家の指導を受けながら、くるみの板を彫刻刀で彫ります。
ws_icura_鉄媒染_1

2. 酢に鉄を溶かした鉄媒染液を塗って、板皿を黒色に染めます。
ws_icura_鉄媒染_2

3. くるみオイルを塗って、完成です。
ws_icura_鉄媒染_3


*体験後は、ケーキセットをお愉しみください。
*ご自宅でもお皿を制作したい方には、追加で材料や作業板を販売します。
*過去に作ったお皿のメンテナンス相談も受け付けます。
 オイル塗りを行う場合は別途料金が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】
日程:2024年 6月
   (4) 16日/日  13:00〜
   (5) 17日/月  13:00〜
   (制作時間≒2.5h+ティータイムの予定)

会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:各回8名
対象年齢 : 小学生以上
費用:税込 5,100円
   *材料・制作費、ケーキセット代 込み

*道具類は、全てご用意します。
*服装は、汚れても良い服装 もしくは エプロン持参などで。
 木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。
*給水用のお飲み物は、各自でご持参ください。



【 申込方法 】
・mail:下記の内容をお送りください。
・tel:営業時間中のみ電話受付をいたします。

◆2024年5月1日(水)21:00より募集開始
 時刻前のお申込みはキャンセル扱いになりますので、ご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『くるみの板皿(鉄媒染)の会 vol.2』
 申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・参加希望日:(4)〜(5)よりお選びください。複数の記載も歓迎します。

・参加希望人数:  名

・参加経験:初参加者 / 経験者(どちらかご選択ください)
 *「くるみのお皿の会」へのご参加経験も含みます。

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の10日前以降のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮くださいますようお願い申し上げます。


◉メールでのお申し込みには、受付可否にかかわらず
 下記アドレスより返信を差し上げています。
 今一度、受信許可設定をご確認ください。
 キャリアメールやhotmailのアドレスなどで
 不着のエラーが起きることがあるようです。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性があります。
 電話などでのお問合せをお願いいたします。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)




【参加者募集】ワークショップ「くるみのお皿の会」vol.13

◆2024年5月1日(水)21:00より募集開始
 時刻前のお申込みはキャンセル扱いになりますので、ご注意ください。


モノ人_web用ロゴ

「木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみのお皿の会」vol.13


 2024年 6月15日/土、20日/木、23日/日
 13:00〜

 参加者募集


ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月15日(土)〜23日(日)に開催する
“筒井 則行 / icura exhibition”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

彫刻刀で木を彫ってつくるシンプルな作業が
ものづくりの原点を感じさせてくれる、夏恒例のワークショップ。

初参加者は定番の角皿(食パンサイズ)までの大きさを、
経験者は大きなサイズも可能とします。
毎年ここで制作してくださっているリピーターさんは、
ご家族のための1枚を増やしたり、新しいサイズを増やしたり…。
楽しくお話ししながらの制作で、
木の器の使い方も知っていただく時間になっています。

「くるみのお皿の会」と「くるみの板皿(鉄媒染)の会」
両方にご参加いただくことも可能です。


筒井ws2015_サンプル
左上 : 角皿 :16cm×16cm
その他 : ランダムサイズの皿 (参考例)

パン皿
角皿 : 16cm×16cm(完成イメージ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【木製食器について】
「小さな木づかいだけで じゅうぶんです」
これは、作家の筒井さんの言葉。
“木の食器”と言うと、漆塗りの碗や皿を想像されるでしょう。
水分を含みやすい、木の素材感をそのまま生かした器は、
「食べ物の汁などが染み込んでしまわないの?」
という声をよく耳にします。

確かに、木は吸水性が高いです。
でも、クルミの油、エゴマ油、オリーブ油などの
天然オイルを塗ってあげることで、
安心して日常にお使いいただけます。
また、使う度に食べ物の油分が染み込み、
丈夫さと色合いの深みを増していきます。
木は軽くて丈夫な素材です。
そして、やさしいモノです。
小さな気遣いだけで、末永く使うことができるのです。

焼きたてのパンを木皿にのせると、
蒸気を吸ってくれるのでベタつかず美味しくいただけます。
ほかにも、揚げ物、炒め物、パスタなど、いろいろなものをのせて…。
心地よく毎日使って育てる木のお皿は、
“やさしい食の時間”をもたらしてくれます。


【 制作体験概要 】
1. ご希望のくるみの板を選択。
 パン皿_1

2. 作家の指導を受けながら、彫刻刀で彫る。
パン皿_2

3. 天然くるみ油を塗り、完成。
 パン皿_3

*体験後は、ケーキセットをお愉しみください。
*ご自宅でもお皿を制作したい方には、追加で材料や作業板を販売します。
*過去に作ったお皿のメンテナンス相談も受け付けます。
 オイル塗りを行う場合は別途料金が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】
日程:2024年6月
   (1)15日/土  13:00〜
   (2)20日/木  13:00〜
   (3)23日/日  13:00〜
   (制作時間≒2.5h+ティータイムの予定)

会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:各回8名
対象年齢 : 小学生以上
費用:角皿制作:税込 5,100円
   ランダムサイズの皿制作:税込5,100円〜(経験者のみ可、サイズによる)
   *材料・制作費、ケーキセット代 込み
   *材料は当日お選びいただきます

*道具類は、全てご用意します。
*服装は、汚れても良い服装 もしくは エプロン持参などで。
 木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。
*給水用のお飲み物は、各自でご持参ください。



【 申込方法 】
・mail:下記の内容をお送りください。
・tel:営業時間中のみ電話受付をいたします。

◆2024年5月1日(水)21:00より募集開始
 時刻前のお申込みはキャンセル扱いになりますので、ご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『くるみのお皿の会 vol.13』
 申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・参加希望日:(1)〜(3)よりお選びください。複数の記載も歓迎します。

・参加希望人数:  名

・参加経験:初参加者 / 経験者(どちらかご選択ください)

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の10日前以降のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮くださいますようお願い申し上げます。


◉メールでのお申し込みには、受付可否にかかわらず
 下記アドレスより返信を差し上げています。
 今一度、受信許可設定をご確認ください。
 キャリアメールやhotmailのアドレスなどで
 不着のエラーが起きることがあるようです。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性があります。
 電話などでのお問合せをお願いいたします。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】
2024.05.14 15:00 update

■6/15(土) 満席
■6/20(木) 空席3
■4/23(日) 空席余裕あり

満席となりました場合は、
引き続きキャンセル待ちのご希望をお受けします。





【予告】野田里美 exhibition – 磁器の表現 vol.5 –

野田里美 exhibition
– 磁器の表現 vol.5 –


2024.5.18 sat - 26 sun / 火曜定休


野田里美展2024_DM


時に シャープに痕を残し
時に やわらかに寄り添う

共に時間を重ねながら
育み合い移ろいを愛でる磁器。

侘び銀彩のシリーズを揃えて
改めて披露の気持ちで。

個展限定足付きマグ
銀花茶器
青い器 など…



■作家在廊日:18sat, 19sun, 25sat, 26sun




【参加者募集】機織りw.s.「ディッシュマット/ティッシュケース の会」

◆2024年4月8日(月)21:00より募集開始
 時刻前のお申込みはキャンセル扱いになりますので、ご注意ください。


モノ人_web用ロゴ


「機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 ディッシュマット/ティッシュケース の会」

 参加者募集 (対象:初参加者〜)

2024年 5月29/水, 30/木, 6月 1/土, 2/日, 3/月
(初参加者)12:30〜、(経験者)13:00〜



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
日々を共にするモノへの理解・愛着を深めること。
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながるのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。


・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、制作するものを2アイテムから選べます。

■初参加の方は、どちらか1アイテムを制作していただきます。

■経験者の方は、基本は1アイテムの制作ですが、
 下記に該当される経験値のある方は、
 2アイテムまたは同じものを2セットの同時制作が可能とします。

*デザインと糸選びをご自分でできる方のみOKとさせていただきます。
 作家に相談できるのは、糸の本数のみです。
 ランチョンマットを3時間で2枚織るくらいのイメージです。


PACEws_ディッシュマット
参考作品:ディッシュマット
仕上り目標平面サイズ:180×150mm(1セット=同じもので2点制作)
鍋敷き&鍋つかみになる綿入りマット。ループ付き。
グラタン皿やポット敷きによいサイズです。
手洗いでの洗濯が可能。

ティッシュカバーの会_参考
参考作品:ティッシュケース
仕上り目標平面サイズ:260×165mm(1セット=1点制作)
標準サイズのソフトパック(箱なしタイプ)が入ります。
洗濯機での洗濯が可能。

pace_ws_テーブルマットの会_4

コットン糸各色とファンシー糸(変わり糸)から当日選びます。
愉しくデザインを考えてください。

ティッシュカバーの会_3
制作の様子
小型の機をお一人に1台用意します。

《山田弘美 / PACE》
名古屋ファッション専門学校卒。
アパレルメーカー勤務、
アパレルインディーズブランド「T.Y.T」設立などの後、
さをり通塾にて織りの基本を学ぶ。
以降、独学にて作品制作を開始。
十二ヵ月にて個展、企画展、常設展示に出品。

・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■経糸(縦糸 : 共通色)は、作家が糸掛けしておきます。
 
1. 緯糸(横糸)の色を選び、デザイン(配色)を考えます。
2. 糸の準備(糸巻き)をして織り始めます。
3. 織った布を機から外します。
4.体験後はケーキセットでひと休みを。

※仕上げのミシン縫製は、作家が持ち帰り行ないます。
 完成品は後日にご来店または発送(¥400)にてお渡しとなります。


・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2024年5月 29/水, 30/木, 6月 1/土, 2/日, 3/月
   各日共 初参加の方は  12:30〜
       2回目以降の方は13:00〜
  (制作終了時間は16:00頃の予定)

会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回4名(2名まで同時予約可能)
対象年齢 : 小学生以上
費用:各1セット 6,500円 / 2セット 11,500円 (税込)
   *ケーキセット付
   *材料・制作・縫製代 込み
   *道具類は全てご用意します


【 申込方法 】 
専用mailへ下記の内容をお送りください。

jyunikagetsu*gmail.com (*を@に入れ変えてください)

◆2024年4月8日(月)21:00より募集開始
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ディッシュマット/ティッシュケース の会」申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス:

・ご希望日:第1希望(  )、第2希望(  )
 *可能な限りお答え下さっても助かります

・ご希望人数:  名
 *同時申込みは2名まで

・ご参加経験 : 初心者 / 経験者
 *2名予約の場合は、それぞれお答えください

・制作アイテムとセット数:
 ディッシュマット (  )セット
 ティッシュケース (  )セット
 *2名予約の場合は、それぞれお答えください。

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望を伺います。
 受付内容の返信をもって予約完了といたします。

※止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 準備の都合上、キャンセル期限は参加日の7日前といたします。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 お仕事等の理由によるキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいませ。

◉メールでのお申込みには、
 受付の可否に関わらず上記アドレスより返信を差し上げます。
 受信許可設定をご確認ください。
 24時間以上返信の無い場合は、通信事故が疑われます。
 電話にてお問合せくださいますようお願いいたします。

*携帯キャリアメールやhotmailのアドレスへは、
 返信が届かないことがあるようです。 
 どうぞご留意ください。

◉メール不可の方のみ、10–17時の間で電話受付いたします。
 tel : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで



・・・・・・・・・・・・・・・

【機織りワークショップについて】

PACEの機織りワークショップは、
難易度別に制作アイテムを変えながら
年間に3回程度の開催をしています。
上級者向けアイテム(ウール糸での制作など)では
対象を経験者に限定させていただきますので、
興味をもってくださる方は、
まずは初参加者対象の会にご参加ください。


《機織りワークショップ過去開催の例》
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる マフラーの会』vol.2
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる テーブルマットの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる ティッシュカバーの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる コースターの会』



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】

2024.05.21 13:20 update

■5.29/水  満席
■5.30/木  満席
■6.01/土  満席
■6.02/日  満席
■6.03/月  満席

満席となりました日は、
引き続きキャンセル待ちのご希望をお受けします。




3/16(土)・17(日)の営業につきまして

3月16日(土), 17日(日) は、
ギャラリーにて 出張写真館
たのしい写真館 in THE SHOP 十二ヵ月
を開催するイベント日です。

15日(金)午後の設営から開催日にかけては、
ギャラリー・カフェ共に変則営業となりますので
ご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・

3/15(金)
■ギャラリー  10:00 – 12:00
■カフェ    10:00 – 17:00 / 16:30 L.O.


*通常メニューでの営業です

3/16(土)・17(日)
■ギャラリー  close
■カフェ    10:00 – 17:00 / 16:30 L.O.


*お席では、通常メニューでお愉しみください
*お席は、写真館ご利用の方を優先させていただきます


IMG_4707.jpg


2日間はテイクアウト メニューも
たくさんご用意しています。

【 take out MENU 】

drink
通常メニューからお選びいただけます

sweets&food
ブルーチーズとりんごのチーズケーキ
ガトーショコラ
シフォンケーキ
(さくら、八朔とレモン、黒糖くるみ)
スコーン
(オレンジ&ポピー、りんごとシナモン、木の実、プレーン)
ビスコッティ
(ナッツ、フルーツ)
ホットドッグ

*完売次第、終了となります

coffee beans
通常メニューからお選びいただけます



お散歩合間のひと息に。
お土産用にもどうぞ。


たのしい2024_DM_omote


◆写真館の詳細・予約方法は、こちら↓
たのしい写真館 in 十二ヵ月

*撮影には、1ドリンクが付きます。
 飛び入り参加も歓迎です。
 店頭でも受付けております!


 当日のお問合せはお電話にてお願いいたします。

 tel:052-321-1717



【予約受付中】出張写真館 in 十二ヵ月 / 2024.03

たのしい写真館 in THE SHOP 十二ヵ月

2024.3.16 sat・17 sun / 10:00 – 16:00

https://nagoya-tanoshi-202403.peatix.com/view


再び十二ヵ月には写真の春が…。
フォトグラファー・小林大輔さん
「たのしい写真館」がお約束通りやって来ます!

たのしい2024_DM_omote
*拡大してご覧いただけます。

慣れない人にとって、
写真館での撮影は少し身構えてしまうかも。
でも心配は全くご無用です。
大輔さんの撮影は、笑って撮るのではなく、
いつの間にか笑っていた!そんなイメージ。
この時間が無性に楽しくて、
「 OK!」と撮影終了の合図をもらえた瞬間に
少し寂しい気持ちになってしまうくらいに。

「撮影が容赦なくたのしい」

そんなことを言える写真館はそうそう無いでしょう。
あっという間に気持ちをつかんでしまい、
気づいたらみなさんを主役に。
そして手にする一枚の写真には、喜びと感動の拍手が。

写真の醍醐味が溢れ出る濃厚な二日間。
今回もぜひご体験ください。

たのしい2024_DM_ura
*拡大してご覧いただけます。

たくさんの「おめでとう」や「ありがとう」の春。
そして新たな生活の1ページがはじまる春。
そんな季節を象徴するような一枚の写真を。

そして、私たちが大切にしているのは、
「今」を素敵な記憶と共に未来に残すこと。
日常に在る、たいせつな人との絆や、成長、その歳のありのままを。
何気ない毎日の中の姿こそが、
いつかの未来に振り返ってみた時に、
かけがえのない思い出となるのでしょう。


撮影のテーマは、自由です。

家族写真
記念写真
成長記録
大切な人と
愛おしいペットと
プロフィール写真
趣味やお仕事のための写真も

今回もカラーでの撮影ですが、モノクロもご希望があれば!
ハイクオリティに仕上がるプリントとデータは、
その日にお持ち帰りいただけます。

カフェでは、スタンド・スタイルで
ドリンクやお菓子をご用意します。 
プリントの待ち時間のほか、
テイクアウトでもお愉しみいただけます。


あっという間に眩い一瞬が切り取られます。
写真嫌いさんにもオススメしたい写真館。
どんな写真を撮ってもらいましょうか。
そこを考え始めた時から、また「たのしい」が始まります。

撮影枠には限りがありますので、ご予約はぜひお早めに。
今回もみなさまのワクワクに立ち会えることを
楽しみにお待ちしています。


[ たのしい写真館 / 小林大輔写真事務所 ]

website
たのしい写真館   https://tanoshii.kobaphoto.com
小林大輔写真事務所 http://www.kobaphoto.com
instagram @tanoshii_ps
Facebook @tanoshii_photostudio



・・・・・・・・・・・・・・・
【日程】
2024年3月16日/土 – 17日/日 
10:00~16:00 *15:45最終入場

【会場】
THE SHOP 十二ヵ月
名古屋市中区上前津1-3-2-1F →access
tel : 052-321-1717

【メニュー】
■1パターン: 11,000円 税込
(写真データ1点+A4プリント1枚+1ドリンク付)

*複数のパターンの撮影も承っております。
 例えば、「ご家族で1枚」+「お子様のみで1枚」をご希望の場合は、
 2パターンでのお申込みが必要となります。

【オプション】
・ペット撮影料:1パターンごとに +2,200円 税込
・木製額   : 1点 3,300円 税込
・追加プリント:1枚 3,300円 税込

*当日に店頭でも承ります。


【所用時間】
受付〜撮影〜お渡しで約20〜30分程度。
時間帯や追加点数によっては、更にお時間をいただく場合があります。
お時間に余裕をもってご予約ください。

【ご案内】
・腰の座っていない赤ちゃんお一人での撮影は、
 ご両親に抱いていただくなどでの撮影となります。
・楽器や小物などの持ち込み撮影も可能です。
・お着替えスペースはございませんので、
 衣装替えは上着の脱ぎ着程度で事前準備をお願いします。
・ペットは抱いてご入店いただける大きさに限ります。
 撮影以外の時間は、店外でお待ちいただきます。
・写真のセレクトはフォトグラファーにお任せいただきます。
・データのお渡しは、イベント参加者共通のサイトを利用します。
 QRコードからお写真が一覧で表示されますので、
 ご自身のお写真を選択してダウンロードをお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・
【 お申込み方法 】

たのしい写真館の予約サイトよりお申込みください。

こちら↓
Peatix「出張たのしい写真館 in THE SHOP 十二ヵ月(名古屋)」

【 お問合せ・ご相談は 】

*webからのお申込みが困難な方は、十二ヵ月でも承ります。
 お気軽にご相談ください。

 tel : 052-321-1717



【参加者募集】w.s.『ウィービングスツールの会』vol.4

モノ人_web用ロゴ

『木工家・大橋コージさんとつくる
 ウィービングスツールの会』vol.4

 参加者募集
 

ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノやつくり手を知ることは、
日々を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めること。
そしてこれは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは
この大切なことに気づいていただけますことを願って…。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

大橋_椅子いろいろ
十二ヵ月取扱い作品:weaving stool、weaving chair

当ギャラリーでお取扱いし、使用もしている
weaving stool / ウィービングスツール”。
“weaving”は「織ること、織られた」と訳されます。
ペーパーコードを織り物の組成で編む方法(シートウィービング)により、
軽やかで座り心地が良い座面に仕立てられています。
汗ばむ季節やお風呂上がりには爽やかで、
木枯らしの吹く季節は温もりを感じるスツール。
お座りいただいた経験のある方ならば、
その特長をよくご存じでしょう。

ws_大橋_製作中

ワークショップでは、
作家が手しごとで仕上げられた木製のスツールフレームに、
一日かけて座面を編んでいただきます。

お待たせしました。
今年も開催のお知らせができる運びとなりました。
2種類の編み方で日にちを分けて開催しますので、
どうぞご検討くださいませ。

ws_大橋_完成
参考作品
仕上りサイズ:w360×d270×h370mm(1点制作)
小さめのスツールですが、大人が充分に座れるサイズです。
作家がご用意するもの
・スツールフレーム(ベイマツ無垢材、オイル仕上げ)
・ペーパーコード(紙紐をロープ状に撚ったもの)クラフト色

ws_大橋_カナコ編み
編み方の種類
「カナコ編み」
たて紐とよこ紐を2本ずつでシンプルに組成します。
基本に忠実に編むことで
初心者でも長年愛用できる座面が仕上がります。

ws_大橋_エンベロープ編み
「エンベロープ編み」
ハンス J.ウェグナー・デザインの名作“Yチェア”の編み方。
4辺から中央に向けてコードが集まる組成です。
今回は座面が長方形なため、右下画像のようなバランスになります。
これが別名「封筒編み」と呼ばれるゆえんです。

《大橋コージ/ 木工房「K」》
木の椅子の持つ機能美に魅せられ、手づくりにこだわり、
心を込めたモノづくりを続けてきた。
木工作品を通じて手仕事のあたたかさを届けたいと考える。
各地の百貨店などを中心に出展。
十二ヵ月にてweavingシリーズを常設とonline shopにて展開中。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■スツール本体は、釘などを使わない木組み工法で
 作家が手しごとにより制作してご用意します。
 
■作家の指導によりペーパーコードを編んでいきます。
 編み方は、日によって違います。
(募集要項でご確認ください。)

「難しいと思われる椅子の座面づくりも
 正しい手順に従ってやれば誰でも美しい座面が出来上がります。
 是非シートウィービングを体験してみて下さい。」大橋コージ


 完成までの時間には個人差がありますが、
 当日お持ち帰りいただけるように指導いたします。

■昼食+更に1ドリンク付き。
 (ドリンクは制作中や制作後などご希望のタイミングで。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2024年
・4/18(木)開催「エンベロープ編み」
・4/20(土)開催「エンベロープ編み」
・4/21(日)開催「カナコ編み」
・4/22(月)開催「カナコ編み」
10:00〜16:00頃制作終了の予定(完成した方から終了)

会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回6名
対象 : 中学生以上
費用:15,500円(税込) *材料・講習代、昼食・ドリンク代を含む。
服装:動きやすいもの
持ち物:軍手、持ち帰り用の袋や風呂敷など

 
【 申込方法 】 
専用mailへ下記の内容をお送りください。

jyunikagetsu*gmail.com (*を@に入れ変えてください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ウィービングスツールの会・vol.4』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス:

・希望日:第1希望(  )、第2希望(  )

・希望人数:  名

・参加経験 : 初心者 / 経験者

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望を伺います。
 受付内容の返信をもって予約完了といたします。

※止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 準備の都合上、キャンセル期限は参加日の7日前といたします。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセットorランチ券をお渡しします。)
 お仕事等の理由によるキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいませ。

◉メールでのお申込みには、
 受付の可否に関わらず上記アドレスより返信を差し上げます。
 受信許可設定をご確認ください。
 24時間以上返信の無い場合は、通信事故が疑われます。
 電話にてお問合せくださいますようお願いいたします。


◉メール不可の方のみ、10-17時の間で電話受付いたします。
 tel : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】
2024.04.09 23:00 update

■4/18(木)開催「エンベロープ編み」 満席
■4/20(土)開催「エンベロープ編み」 空席1
■4/21(日)開催「カナコ編み」    満席
■4/22(月)開催「カナコ編み」    満席

満席となりました場合は、
引き続きキャンセル待ちのご希望をお受けします。




2024. 1 – 7 schedule

2024. 1 – 7 schedule

2024.04.18 update


■1月21日/日
《ワークショップ》
「木桶味噌仕込み ワークショプ」
木桶製作 :小山加奈
仕込み指導:杉江さおり (おにぎりやさん)


■3月16日/土・17日/日
《イベント》
たのしい写真館 in THE SHOP 十二ヵ月

*フォトグラファー・小林大輔さんの出張写真館。


■3月以降
《作品展 / 金工》
水野正美 metal works

*開催延期となりました。
 日程が決まりましたら更新いたします。
*初日観覧は予約制を予定しています。



■4月18日/木 – 22日/月
《POP-UP》
大橋コージ / 木工

■4月18日/木 – 22日/月
《ワークショップ》
「木工家・大橋コージさんとつくる
 ウィービングスツールの会」vol.4




■5月18/土 − 26日/日
《作品展》
野田里美 exhibition
– 磁器の表現 vol.5 –



■5月29日/水 – 6月3日/月
《ワークショップ》
「機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 ディッシュマット/ティッシュケース の会」



■6月15/土 − 23日/日
《作品展 / 木工》
筒井則行 / icura exhibition

■6月
《ワークショップ》
『木工家・筒井則行さん(icura)とつくる くるみのお皿の会』vol.13
『木工家・筒井則行さん (icura) とつくる くるみの板皿(鉄媒染)の会』vol.2

*予約制。5月上旬予約開始予定。


■7月6日/土 − 15日/月祝
《作品展 / 陶》
野村絵梨花 展

*初日午前中の観覧は予約制を予定。



*ワークショップは予約制。各ご案内はSNSにて行います。
*詳細及び計画中の情報は、随時更新します。
*日程・内容などは、変更になる場合もありますのでご確認ください。


DM_202208.jpg




こちらからも情報発信中。
official site_exhibition
Instagram
facebook

年末年始のご案内 2023–24

日頃は十二ヵ月をご愛顧いただき、ありがとうございます。

年末年始は無休営業いたします。
時間が変則となりますのでご留意ください。

どうぞ良い年末年始を迎えられますように。
スタッフ一同、みなさまのご来店をお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・

【年末年始 営業時間のご案内】

12/30(土) – 1/3(水)
 11:00 – 17:00 / 16:30 last order


■1/4(木)より 平常営業


・・・・・・・・・・・・・・・
【年末年始の発送】
12/29(金)〜1/4(木)は発送業務のお休みをいただきます。
年内の最終発送は12/28(木)ですが、
27(水)までのご入金分が対象です。
年内配達での締切りは、お届け地域により異なります。
お急ぎの方は、お問合せくださいませ。


【online 業務】
12/29(金)〜1/4(木)の期間は、
メールやSNSでのご返信を原則お休みさせていただきます。
Online shopでのお買い求めにつきましては、
1/5(金)より順番に対応させていただきます。
お急ぎの方は、お電話にてお問合せください。



■各種ご連絡は下記まで

mail : info*jyunikagetsu.com
(*を@に入れ変えてください)
tel : 052-321-1717

inner_202208.jpg



【参加者募集】木桶味噌仕込み ワークショプ

木桶味噌仕込み ワークショプ

2024.1.21 sun
午前の部 10:00〜 / 午後の部 13:00〜


■木桶製作   :小山加奈
 小山加奈 Instagram
■味噌仕込み指導:杉江さおり (おにぎりやさん)
 おにぎりやさん Instagram


日本の発酵文化に欠かせない、味噌。
私たちの食を支えてきた伝統の味は、
腸活食品としてその価値が再注目されています。

十二ヵ月で初開催の味噌仕込みは、
木桶職人が作った杉の木桶に仕込んで「手前味噌」を造ります。


・・・・・・・・・・・・・・・
【木桶のこと】

事のはじまりは、木桶職人・小山加奈さんとの出会い。
いえ、「出会っていた人が木桶職人になった」というのが正しいですね。

miso-ws_3.jpg

既にお会いになっている方もいらっしゃるはず。
加奈さんは、福島県川俣町在住の木桶職人で箒職人。
そして、「シロヤマ写真館」のフォトグラファーでもあり、
十二ヵ月に度々登場されています。

現在、川俣町で地域おこし協力隊として暮らしながら、
木桶職人の鴫原廣さん(鴫原風呂桶店)の元へ通い、
一緒に活動しながら木桶技術を磨く日々です。

miso-ws_6

そんな方が木桶作りを始める切っ掛けとなったのは、
福島県郡山市の酒造蔵元・仁井田本家さんで始まった
「木桶プロジェクト」のメンバーになったことでした。

仁井田本家さんは1711年創業・300年の歴史を持ち、
自社田で自然栽培米を育て、
自給自足の酒造を目指されている「自然派」の蔵元。
先代が植樹された杉林が成長したところで、
酒造の原点回帰として木桶(大桶)を地元の福島の人々で作るために
プロジェクトが発足されました。
将来的に、蔵の仕込みタンクは
全て木桶に変えていくことを目指されています。


木桶の活動をしていくうちに、
全国でも珍しくなっている現役の木桶職人・鴫原さんが
福島県内にいることを知り、
個人的に鴫原さんの元へ通うようになりました。
今では木桶を作りながら
70歳を超えて一人で仕事をする職人を支える活動をしています。
日本の桶屋の技の素晴らしさを発信し、
次世代に残すために自分がやるべき取り組みが分かってきたと
お話しを聞かせてくれました。

miso-ws_7.jpg

手しごとの木桶は日本の伝統文化ですが、
日本酒や味噌・醤油など醸造用の木桶仕込みは減少を続け、
現在は木桶による製造量は1%に満たないと言われています。

しかし本来は、木桶は発酵食品にはとても相性の良いもので、
仕込んでいくうちに麹菌も木桶に住みつきます。
特に人の身体には日常的に常在菌が存在しますが、
仕込みの際にそれぞれの人の手から移ります。
味噌がその家庭にしか醸せない風味に育っていくのは、そのためですね。
実際に、普及しているステンレスタンクやFRP桶などと比較して、
木桶仕込みでできた味噌には
各種の有機酸やアミノ酸がバランスよく多く含まれることが
エビデンスとして示されています。
また、木の香がやさしく香るのも木桶仕込みならではです。

そんな木桶を使って文化を守る一端を小さくとも担い、
食を支えるものを自前で造れたら…。
味噌仕込みを通じて、そんな想いと楽しさを
みなさんと共有できたらいいなと感じています。


◆参考
福島民友新聞 2019/12/25
『「木桶」使い元来の酒造り 自給自足酒蔵へ仁井田本家こだわる』
https://www.minyu-net.com/gourmet/sake/news/FM20191225-445642.php

・・・・・・・・・・・・・・・
【仕込みと材料のこと】

味噌仕込みは、十二ヵ月のご近所さん、
「おにぎりやさん」のさおりさんにご指導いただきます。

miso-ws_1.jpg

miso-ws_4.jpg

厳選した素材や調味料を使って
土鍋炊きしたおにぎりを販売されている
さおりさんが選んでくださった材料は、
西尾市西幡豆町の「みやもと糀店」さんの大豆と米麹。
無農薬・無化学堆肥で育てた自家農場の原料を中心に、
百姓の想いがつまった材料でつくる麹にこだわっている糀屋さんで、
発酵業界では話題の中心人物。
その安心安全な材料を使って、
やさしい仕込み方法とコツを教えていただきます。

miso-ws_2.jpg
*当日のおにぎりは
「白米塩むすび」に味噌を付けて召し上がっていただきます。


そして、仕込みの後には おにぎりを頬ばりながら、
翌年からお一人でも材料を揃えて仕込めるように、
配分のことや仕込み期間なども教えてもらいましょう。
木桶の特性、お手入れのお話もお伝えします。
毎年木桶を育てながら、
自分好みの味に調整できるようになるのが目標ですね。

miso-ws_5.jpg

そして、一年前に十二ヵ月店主が実際に仕込んで出来上がった
味噌作りの体験もお話しできたらと思います。
分かったこと、感じたことを、ぜひ共有させてください。


・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2024年1月21日(日)
   午前の部 10:00〜 / 午後の部 13:00〜
    (所要時間:2時間程度を予定)

会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回6名
費用:31,000円(税込)
   *4kg仕込み [ 杉木桶(蓋付)、材料、指導料、おにぎり1つ ] セット
   *道具類は全てご用意します。
   *お持ち帰り用の袋等をご持参ください。

 
・・・・・・・・・・・・・・・
【 申込方法 】 

(1)下記mailアドレスへ下記の内容をお送りください。
jyunikagetsu*gmail.com (*を@に入れ変えてください)

(2)参加費を振込み又はご来店にてお納めください。
 詳細は、受付メールにてご案内いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「木桶味噌仕込み ワークショプ」申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号:

・返信先emailアドレス:

・ご参加希望の部:午前の部 / 午後の部
 *可能な限りお答え下さっても助かります。

・ご希望人数:  名

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 受付後、 上記アドレスより返信を差し上げますので、
 受信設定などのご確認をお願いします。
 返信に少しお時間をいただく場合がございますが、
 承りのご連絡をもって受付完了となります。

*尚、当日に急遽欠席の方には、別途仕込みの機会を設けさせていただきます。
 十二ヵ月店主が担当いたします。
 
 
*お問合せ : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで





・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》

◆味噌の年間消費量は、一人当たり約4kgと言われています。
 今回は、初体験の方向けに作り易い4kgでの仕込みを設定し、
 木桶は5kg強の仕込みが可能なゆとりのあるサイズを選びました。
 もしも2kgでの仕込みをご希望の方がいらっしゃいましたら、
 個別にお問合せください。

◆木桶のみ購入希望の方は、個別にお問合せください。
 ・4kg仕込み(5kg用木桶) φ24×h28cm: 24,000円(税込)
 ・2kg仕込み(3kg用木桶) φ21×h23cm: 22,000円(税込)


・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》2024.01.10

予約状況のお知らせ

午前の部 10:00〜 満席
午後の部 13:00〜 満席


*木桶のみのご希望は、引き続き承り可能です。



【予告】鴨頭みどり “オワリ ノ ハジマリ” +松永泰樹 “カップ”

鴨頭みどり
“オワリ ノ ハジマリ 2023”

+ 松永泰樹 “カップ”


2023.12.09 sat - 17 sun (最終日〜16:00)


鴨頭みどり展2023_DM


私たちにとっての事始めのような、
一年の終わりの頃を愉しむ作品展。

華やかで賑やかなクリスマス。
晴れやかな気持ちで迎える新年。
心に湧く想いはそれぞれだけれど
何処かそわそわと特別な気持ちは、きっと同じ。

干支、節句、季節を飾るオブジェや花入れ。
そして、鴨頭みどりの世界で生きるものたち。
何から準備しましょうか。

松永泰樹さんのカップも届きます。


鴨頭みどり展2023_松永



■作家在廊日:9sat, 10sun, 17sun