【予告】筒井則行 / icura exhibition

筒井則行 / icura exhibition

2019. 6. 22 sat - 30 sun
(最終日: 〜17:00)


icura2019_DM.jpg


あたたかく暮らしを包んでくれる
自然素材の器や小物たち。

今年は“トレイ”が久し振りに各サイズ集まります。
オイル仕上げの木のトレイは、もちろんお皿としても。
焼きたてパンもお菓子も、お料理だって、
美味しく愉しませてくれる人気のアイテムです。

定番の器やカトラリー、
小物も揃えてお待ちしております。



■作家在廊日:
 22 sat, 23 sun, 25 tue, 26 wed, 30 sun


*13:00〜16:00頃まで work shop を開催中。





・・・・・・・・・・・・・・・
【同時開催イベント】

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる くるみのお皿の会』vol.8
『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる くるみのサーバースプーンの会』vol.2

*前日とも満席となりました。
 お申込みありがとうございました。




ドミニカ プリンセサ ワイニーナチュラル

また一つ、特別な1杯を楽しんでいただける
新しいコーヒーをドリップし始めました。

トップ・スペシャルティコーヒー

Dominica Princesa Winy Natural
ドミニカ プリンセサ ワイニー ナチュラル



カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島。
ドミニカ共和国は、この島の東部に位置する
九州ほどの面積の小さな国です。


プリンセサワイニー


コーヒー栽培が盛んな中南米の地に、
最初の頃にコーヒーが導入されたのがこの島でした。
18世紀初頭のことです。

時を経て2007年、
ドミニカのコーヒー協会主催の品評会で第2位を受賞し、
ドミニカコーヒーのイメージを一変するコーヒーが現れました。
すっきりとしたカリブ海コーヒーの特徴を持ちながら、
ライムのような香りを漂わせるスペシャルティコーヒー。
それが “プリンセサ” です。

特有のナチュラルフレーバーは、
名前の通りにやわらかなレッドワインのよう。
更に2018年ロットは、
ストロベリーのような甘さも感じられ、
華やかなアフターテイストも魅力です。

良質なアシディティ(酸味)と甘みは、
温度が変化するとバランスや印象が変わるのもの。
それもまたコーヒーの面白みの一つ。
このコーヒーでは一杯が冷めていく過程で、
異なる味わいが見えてくるのも感じられます。

また一つ、
個性あるアシディティをもつコーヒーをローストできました。
これまでにご紹介してきたコーヒーに、
全く新しい印象を加えていただけることでしょう。

まさに春にお似合いの、
フレッシュで甘く華やかなフレーバー。
ぜひご賞味ください。



“hana - no - utsuwa” 作家紹介 / 早崎志保

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00



■出展作家のご紹介 – 6
・・・・・・・・・・・・・・・

早崎 志保
Shiho Hayazaki | ガラス

1975 岐阜県生まれ
1975 愛知教育大学 総合造形コース ガラス専攻卒業
1998 富山ガラス造形研究所研究科卒業
1998~2007 岡崎ガラス工房・葵 ガラス工芸指導員
2008~現在 個人工房 Glass Studio「ガラスごこち」主宰(岡崎)
2013~2019 名古屋芸術大学非常勤講師

展覧会/
2018 個展(ギャラリー寛/横浜)
    企画展(伊勢丹京都、伊勢丹新宿、nagomi-style/山口、十二ヵ月/名古屋)
2017 個展(横浜、gallery kino/静岡、綻堂蒔光/台湾)
    企画展(名古屋、東京、京都、茨城、山口)

2016 個展(うつわsousou/松山、罐子茶書館/台湾)
    企画展(名古屋、茨城)
以降 毎年各地で展覧会を開催
入選/
富山現代ガラス大賞展、朝日現代クラフト展、
高岡クラフトコンペ、日本現代ガラス展、New Glass Review17、他
収蔵/
コーニングガラス美術館収蔵(U.S.A.)


hananoutuwa_hayazaki.jpg


愛知県岡崎市に工房を構える早崎さん。
器に可憐な花を映した“花模様”シリーズは、
毎夏のおたのしみ。
人気の“てんてん星”シリーズは、
淡いカラーの新作を当店では初お披露目です。



十二ヵ月 blog内検索 “早崎志保

“hana - no - utsuwa” 作家紹介 / 水谷和音

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00



■出展作家のご紹介 – 5
・・・・・・・・・・・・・・・

水谷 和音
Kazune Mizutani | 磁

1988   熊本県生まれ
2007-10 大分県立芸術文化短期大学にて陶芸を専攻、卒業
2012-15 余宮隆氏に師事
2015   熊本県八代市にて独立
2016.10 企画展(東京shizen)
2017.03 企画展(熊本うつわ屋)
2017.04 個展(福岡岩田屋)
2017-18 クラフトフェアまつもと

以降、個展・企画展 多数出展

2018.10 新工房に移る


hananoutuwa_mizutani.jpg


熊本県八代市にて作陶する水谷さん。
花の器は常設でもシリーズで
たくさんのアイテムを展開しています。
今回は新作が遥々届きます。
白(灰釉)と瑠璃、どちらにしようか
また悩ましいことになりそうです。


十二ヵ月 blog内検索 “水谷和音




“hana - no - utsuwa” 作家紹介 / 野村絵梨花

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00



■出展作家のご紹介 – 4
・・・・・・・・・・・・・・・

野村 絵梨花
Erika Nomura | 陶

1999 愛知県立窯業高等技術専門校 卒業
2001 岐阜県立多治見工業高校 専攻科 陶磁科学芸術科 卒業
2004 「野村絵梨花うつわ展」 尾張旭 カフェギャラリー華野にて
   「22th松村憲一(水彩)展」と「野村絵梨花(うつわ)展」
    名古屋栄 ノリタケギャラリーにて
2005~2007 「クラフトフェアまつもと」出展

2019  企画展「つまみ皿とぐい呑みで遊ぶ。展」
名古屋 陶とCAFÉと…Galerie LA CACHETTE にて
「春を楽しむうつわと雛まつり展」 瀬戸市新世紀工芸館にて
朝日チャリティー美術展・名古屋展 名古屋三越栄店にて
野村絵梨花“春の花ひらウツワ展” 名古屋 Art Salon一閑にて
企画展「春の器展」 京都 おうち にて


hananoutuwa_nomura.jpg


愛知県名古屋市で作陶する野村さん。
ていねいなモノづくりの中に
大人のあそび心を表すような愛らしい器には
いつも注目が集まります。
今回も新たな愉しみをお連れくださいませ。



十二ヵ月 blog内検索 “野村絵梨花




“hana - no - utsuwa” 作家紹介 / 杉原万理江

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00



■出展作家のご紹介 – 3
・・・・・・・・・・・・・・・

杉原 万理江
Marie Sugihara | 陶

1980年 宮城県仙台市生まれ
2000年 宮城工業高等技術専門校 情報デザイン学科 卒業
2008年 愛知県立窯業高等技術専門校 陶磁器製造科 修了
2013年 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在 金沢市にて制作


hananoutuwa_sugihara.jpg


石川県金沢市にて作陶する杉原さん。
淡く、でもつよい印象を残して佇む器たちに、
つい引き込まれてしまいます。
十二ヵ月では初めてのご紹介になります。
陶芸を学ばれた縁のある愛知で、
みなさまにご高覧いただけますことを嬉しく思います。




“hana - no - utsuwa” 作家紹介 / 小澤基晴

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00



■出展作家のご紹介 – 2
・・・・・・・・・・・・・・・

小澤 基晴
Motoharu Ozawa | 陶

1974 東京生まれ
2002 多治見工業陶磁科学芸術科修了、製陶会社に勤務
2005 多治見市に築窯、鎌倉市稲村ガ崎にて初個展
2007 現在地に工房移転


hananoutuwa_ozawa.jpg


岐阜県土岐市にて作陶する小澤基晴さん。

「大切な人と二人きり。
 仲間たちと賑やかに。
 日々の食卓や、少しだけ特別な日の受け皿になれたらしあわせです。」

これは、プロフィールに添えられた想い。
今回も色とりどりの花たちを
みなさんの暮らしの一コマに咲かせてくれます。




十二ヵ月 blog内検索 “小澤基晴




“hana - no - utsuwa” 作家紹介 / 青木郁美

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00



■出展作家のご紹介 – 1
・・・・・・・・・・・・・・・

青木 郁美
Ikumi Aoki | 陶

長野県生まれ
多摩美術大学デザイン学科卒業
愛知県立窯業高等技術専門校卒業
内田鋼一氏のアシスタントを勤める
2015年より長野県松本市で半農半陶の暮らしを始める
2017、18年 クラフトフェアまつもと出展
他、個展、グループ展など
(2017年10月 THE SHOP 十二ヵ月で個展)


hananoutuwa_aoki_20190423033609d6b.jpg


長野県松本市、北アルプスの麓にて
半農半陶の作家として自然とともに暮らす青木郁美さん。
今回の“ hana - no - utsuwa ”でも
自然の中から感じた花のかたちや花を愛でる気持ちを
器にのせて届けてくれることでしょう。



十二ヵ月 blog内検索 “青木郁美



【参加者募集】ワークショップ「くるみのお皿の会」vol.8

◆2019年4月24日(水)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


モノ人_web用ロゴ

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみのお皿の会』vol.8

 参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月22日(土)〜30日(日)に開催する
“筒井 則行 / icura 作品展”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

彫刻刀で木を彫ってつくるシンプルな作業が、
ものづくりの原点を感じさせてくれる、初夏恒例のワークショップ。

初参加者は定番の角皿(食パンサイズ)までの大きさを、
経験者は大きなサイズも可能とします。
毎年ここで制作してくださっているリピーターさんは、
ご家族のための1枚を増やしたり、新しいサイズを増やしたり…。
楽しくお話ししながらの制作で、
木の器の使い方も知っていただく時間になっています。

『くるみのお皿の会』と『サーバースプーンの会』は
両方にご参加いただくことも可能です。

筒井ws2015_サンプル
左上 : 角皿 :16cm×16cm / その他 : ランダムサイズの皿(完成イメージ)

パン皿
角皿 : 16cm×16cm(完成イメージ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【木製食器について】
「小さな木づかいだけで じゅうぶんです」
これは、作家の筒井さんの言葉。
“木の食器”と言うと、漆塗りの碗や皿を想像されるでしょう。
水分を含みやすい、木の素材感をそのまま生かした器は、
「食べ物の汁などが染み込んでしまわないの?」
という声をよく耳にします。

確かに、木は吸水性が高いです。
でも、クルミの油、エゴマ油、オリーブ油などの
天然オイルを塗ってあげることで、
安心して日常にお使いいただけます。
また、使う度に食べ物の油分が染み込み、
丈夫さと色合いの深みを増していきます。
木は軽くて丈夫な素材です。
そして、やさしいモノです。
小さな気遣いだけで、末永く使うことができるのです。

焼きたてのパンを木皿にのせると、
余分な水分を吸ってくれるので美味しくいただけます。
ほかにも、揚げ物、炒め物、パスタなど、いろいろなものをのせて…。
心地よく毎日使って育てる木のお皿は、
“やさしい食の時間”をもたらしてくれます。

【 制作体験概要 】
1. ご希望のくるみの板を選択。
 パン皿_1

2. 作家の指導を受けながら、彫刻刀で彫っていく。
  仕上げは、サンドペーパーで表面を滑らかに。
パン皿_2

3. 天然くるみ油を塗り、完成。
 パン皿_3

*体験後は引き続き、ゆったりとケーキセットをお楽しみください。
*ご自宅でもお皿を制作したい方には、追加で材料や作業板をお分けします。
*過去に作ったお皿のメンテナンス相談も受け付けますが、
 オイル塗りを行う場合は料金を別途頂戴する場合がございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 
日程:2019年
   6月 (1)22日/土・(2)25日/火・(3)26日/水・ (4)30日/日
   各回共 13:00〜(制作時間≒2〜2.5h+ティータイムの予定)
   
会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:各回9名
対象年齢 : 小学生以上(小学生のご参加には、大人の付添いが必要)
費用:角皿制作:3,600円
   ランダムサイズの皿制作:3,600円〜(サイズによる)
   ※材料・制作費、ケーキセット代が含まれます。
   ※材料は当日お選びいただきます。

※道具類は、全てご用意します。
※服装は、汚れても良い服装 もしくは エプロン持参などで。
 木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。

【 申込方法 】
・mail:下記の内容をお送りください。
・tel:営業時間中のみ電話受付をいたします。

◆2019年4月24日(水)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『木工家 筒井則行さん(icura)とつくる くるみのお皿の会 vol.8』
 申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・返信先mailアドレス:

・参加希望日:(1)〜(4)よりお選びください。

・参加希望人数:  名(+付添い 名)
        ※小学生のご参加には、大人の付添いが必要です。

・参加経験:初参加者 / 経験者(どちらかご選択ください)

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。

※止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルはできませんのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいますことをお願い申し上げます。

◉メールの受信設定を行っていらっしゃる方は、
 下記アドレスの受信許可設定をお願いいたします。
 すでに満席の場合も返信を差し上げます。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性がありますので、
 電話などでお問合せください。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)



・・・・・・・・・・・・・・・
《up date》2019.05.21

【残席状況のご案内】

■22日/土 残席 0
■25日/火 残席 0
■26日/水 残席 0
■30日/日 残席 0

定員になりました日にちは、キャンセル待ち受付を行います。
最終いつまでキャンセルをお待ちいただけるかをお書き添えの上、
希望日をご連絡くださいませ。

【参加者募集】ワークショップ「くるみのサーバースプーンの会」vol.2

◆2019年4月24日(水)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


モノ人_web用ロゴ

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみのサーバースプーンの会』vol.2

 参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月22日(土)〜30日(日)に開催する
“筒井 則行 / icura 作品展”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

サーバースプーンはリニューアルされました。
大きくなって使い勝手は更に“取り分け”らしく。
“くるみの木”を削って彫って、
自分だけのスプーンをつくってください。

くるみのお皿の会』と『サーバースプーンの会』は
両方にご参加いただくことも可能です。


icura_サーバースプーン2019_1
参考画像 (完成イメージ / size L≒180mm)

icura_サーバースプーン2019_3
もう一つのワークショップでつくる“くるみのお皿”と。

icura_サーバースプーン2019_2
icuraさんのディナースプーン&デザートスプーンと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
1. スプーン型に荒削りした材料をご用意します。
  (お一人につき1本)

2. 作家の指導を受けながら、小刀と彫刻刀で削っていきます。
  仕上げは、サンドペーパーで表面をサッと滑らかに。

3. 天然くるみオイルを塗り、完成。

※体験後は引き続き、ゆったりとケーキセットを楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 
日程:2019年6月23日/日 13:00〜
  (制作時間≒2〜2.5h+ティータイムの予定)
   
会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:9名
対象年齢 : 中学生以上
費用:3,600円 (材料・制作費、ケーキセット代を含む)

※道具類は、全てご用意します。
※服装は、汚れても良い服装 もしくは エプロン持参などで。
 木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。

【 申込方法 】
・mail:下記の内容をお送りください。
・tel:営業時間中のみ電話受付をいたします。

◆2019年4月24日(水)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『木工家 筒井則行さん(icura)とつくる くるみのサーバースプーンの会』vol.2
 申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・返信先mailアドレス:

・参加希望人数:  名 (同時申込みは2名まで可能)

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。

※止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルはできませんのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいますようお願い申し上げます。

◉メールの受信設定を行っていらっしゃる方は、
 下記アドレスの受信許可設定をお願いいたします。
 すでに満席の場合も返信を差し上げます。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性がありますので、
 電話などでお問合せください。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)



・・・・・・・・・・・・・・・
《up date》2019.04.25

【残席状況のご案内】

■満席になりました。

引き続きキャンセル待ち受付を行います。
最終いつまでキャンセルをお待ちいただけるかをお書き添えの上、
お申込みくださいませ。




企画展 “ hana-no-utsuwa ” 初日対応のご案内

“ hana - no - utsuwa ”

2019. 4. 27 sat - 5. 12 sun


http://jyunikagetsu.blog58.fc2.com/blog-entry-1028.html

*G.W.(4.27sat〜5.6mon) / 10:00〜19:00
*最終日(5.12sun) / 〜17:00




初日の対応につきまして、ご案内させていただきます。

開店時には混雑が予想されますため、
どなたさまにも楽しくご高覧とお求めをいただけますように、
下記のように設定させていただきます。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

hana no utsuwa_DM


【入店制限につきまして】

初日4/27(土)の午前中のみ、入店の制限をさせていただきます。


開店前の9:45にお集まりくださったみなさまに、
入店時間を決めるためのくじを引いていただきます。

・くじ引きへのご参加は、一家族につきお一人様とさせていただきます。
・ご入店時間を20分ごとに区切り、少人数ずつ(7名様程度を予定)ご案内いたします。
・ご入店までの待ち時間は、自由にお過ごしいただいて結構です。
 その間に当カフェをご利用いただくこともできます。
・10:00以降にお越しの方には、ご入店可能時間を店頭にてお知らせいたします。


【購入制限につきまして】

今回はグループ企画展のため、
各作家お一人当たりの出品数が多量ではありません。
下記の作家作品につきましては、購入数の制限をさせていただきます。

■小澤基晴さん :
 水差し1点、または輪花豆皿2点まで。
(ピッチャーと輪花豆皿の同時購入はできません。)

■野村絵梨花さん :
 ピッチャーか一輪挿しのいずれか1点、
 または豆皿・小皿など小さな器いずれかを2点まで。
(ピッチャー・一輪挿しとその他器の同時購入はできません。)

■その他の作家さん :
 特に購入数の制限は設けておりませんが、
 お一人様で多量のお求めが有った場合には、
 受注制作などのご相談をさせていただく場合がございます。
 尚、早期に完売になる作品がございましたら、
 可能な限り受注制作にて対応を取らせていただきます。




【予約受付中】自家製スモークベーコン・4月

十二ヵ月自家製・スモークベーコン
4月の販売予定&予約開始のお知らせです。

販売開始 : 4月20日(土) 13:00〜

久し振りにベーコンを仕込みました。
今年も安全で美味しいものをお届けしたいと思います。

心地よい季節は、
バーベキューにご利用くださる方も多いようで。
愉しい集いのお供にお選びいただけて光栄です。
連休にお使いの方は、
新鮮な内に冷凍保存がおススメです。

ご予約方法は、いつもの通りです。
下記をご確認ください。

※ご予約のみで予定量に達した場合は、
 店頭一般販売は行えませんのでご了承ください。


ベーコン仕込み_201904

愛知県のブランド豚・三河ポークを
自家ブレンドの野菜やスパイス、ハーブと一緒に塩漬けし、
サクラなどでじっくりと燻します。

ベーコン20180311

少量ずつていねいに燻して仕上げるベーコンは、
パンチェッタに似たしっかりとした食感と、
薫りの高さをお楽しみいただけます。

そのままスライスしてサラダやおつまみに。
さっと炙ると薫りが際立ちます。
パンにのせてシンプルに。
炒めもの、スープやソースなどお料理は、
これだけで旨味をアップしてくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
《ご予約について》

■価格など
¥500(税込)/100gあたり
1カット200g〜250gくらいに切り分けて販売しますので、
店頭でお好きなカットを先着順でお選びいただきます。

■予約〜受取り
・お一人さま3カットまでとさせていただきます。
・防腐剤や保存料など不使用のため、4/24(水)までにご来店ください。
・保冷バッグなどのご持参をお願いします。
・発送ご希望の方は、チルドゆうパックで手配いたします。

下記をご連絡ください
・お名前:
・お電話番号:
・ご住所:〒(発送の方のみご記載ください)
・ご希望数:(200〜250gを◯個)
・ご来店予定日: 月 日


◆ご予約は
tel : 052-321-1717
予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

        (*を@に入れ変えてください)


《ご注意ください》
メールの受信設定を行っていらっしゃる方は、
上記アドレスの受信許可設定をお願いいたします。
24時間以内に当店からの返信がない場合は通信事故の可能性が高いため、
お手数ですが確認のお電話をくださいませ。
予約満了の場合でも、必ず返信を差し上げています。
よろしくお願いいたします。