【予約受付中】MORE THAN BISTRO vol.11

水野正美(銅・真鍮) × 鈴木早苗(シェフ) × THE SHOP 十二ヵ月
MORE THAN BISTRO vol.11

Più Che Osteria
「春休みのイタリアン」

~オステリア以上、リストランテ未満のカジュアルな食空間

2019.3.9 sat・10 sun
10:00〜20:00(予約制/2時間単位)

mtb_11_ヘッダー_450


Più Che Osteria.
それは、ビストロ以上レストラン未満の本イベント
“MORE THAN BISTRO”のイタリア版。
オステリア以上、リストランテ未満の
カジュアルな味わいのひとときをお届けします。

十二ヵ月のカウンターで、
選べるメイン料理、デザート、そして選べるドリンクを
3,500円のコースでお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・
MORE THAN BISTROとは、
水野正美(金属工芸作家)
鈴木早苗(ポール・ボキューズ・デリ/メニュー開発シェフ)
THE SHOP 十二ヵ月
がお贈りするコラボレーション・ダイナー。
詳細は、下記をご覧ください。

〈MORE THAN BISTRO・公式 site〉
https://sites.google.com/site/morethanbistro/
・・・・・・・・・・・・・・・


1. 前菜(アンティパスト)

mtb11_gurissino_448.jpg
生ハムグリッシーニ
アカシアはちみつとともに

2. サラダ(インサラータ)

mtb_11_quinoa_448.jpg
キヌア アル ヴァポーレ
キヌアと野菜にチーズをのせて

3. メイン料理
下記の2種から選択してください。

mtb11_tariata_448.jpg
牛のタリアータ
牛肉のバルサミコソース いちじくの香り

mtb11_ lampredotto_448
ランプレドット アラ フィオレンティーナ
牛もつのフィレンツェ風煮込み  サルサヴェルデを添えて

4. パン

5. デザート(ドルチェ)

mtb_11_tiramisu_448.jpg
ティラミス <十二ヵ月とのコラボ>
オリジナル ノッチョーラ ティラミス
十二ヵ月オリジナルのエスプレッソを染み込ませて

6. ドリンク
お好きなドリンク1杯がコース料金に含まれます。

 Beer
 Wine
 Cocktail
 Coffee & Tea
ドリンクメニューも決まり次第、お知らせします。
ボトルワインなど、その他ドリンクも別途料金でご用意します。


mtb_11_1.jpg mtb_11_2.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・
◆ MORE THAN BISTRO
  “Più Che Osteria「春休みのイタリアン」” は要予約


MORE THAN BISTRO・official site に掲載の
申込フォームをメールにペーストし、
事務局宛にお送りください。
mail : mtbistro@gmail.com


※ご予約は各日30名様まで、先着順で受付ます。
 受付後は予約承りメールを差し上げます。
(ご希望に添えない場合も返信を差し上げます。)

※予約後に欠席される場合はご連絡をお願いします。
 期間限定の催しのため、繰り上げにより、
 別の方にご案内をさせていただきます。



※十二ヵ月でのお問合せ、ご予約も承っています。
 お気軽にお訊ねください。
 tel : 052-321-1717



新年のご挨拶 2019


あけましておめでとうございます


たくさんの出会いと
あたたかい気持ちをいただいた2018年。

2019年もココが
人ともモノとも出会いに恵まれ、
新しい何かを見つけていただける
場所となってくれることに期待して…。


本年もよろしくお願い申し上げます。


年賀状2019


【年末年始 営業時間のご案内】

◼︎元旦(火)〜1/3(木) …11:00〜18:00
◼︎1/ 4(金)〜1/6(日)…10:00〜19:00

◆1/7(月)より平常営業

・・・・・・・・・・・・・・・

◇カフェ個室のご予約は、年末年始も承っております。
 ご家族、ご友人とのひとときにご利用くださいませ。




【予告】sachi 展・2019 “at this time …”

sachi - handmade leather works 2019
“at this time …”

2019.1.26 /sat – 2.3 /sun (最終日は〜17:00)


sachi展2019_web

冬を愉しむ。
春を待つ。
季節のこころを映して装う
手しごとの革バッグや小物たち。

この時ならではの素材やデザインを。
愛すべき定番を。

革、糸、金具、etc.
ひとつひとつの要素にこだわり
個性を輝かせるsachiのしごとから、
今のあなたらしさを表すモノを。



■作家在廊日: 1/26 sat, 27 sun, 2/2 sat, 3 sun


sachi展2019_remake1_web
sachi展2019_remake2_web

素材や色を選んでつくるカスタムオーダーや、
各アイテムのフルオーダー、
ランドセルリメイクなども承ります。

こ相談・打合せのご予約は十二ヵ月まで。

mail : info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)
tel : 052-321-1717



*革作家・sachi に関する過去の記事は、こちらをご覧ください。

blog内検索 「sachi」




2019.1–7 schedule

2019.1 – 7 schedule


■1月26日/土 − 2月3日/日
《作品展》
sachi - handmade leather works 2019
“at this time …”
 (革バッグ・小物)

■3月9日/土 − 17日/日
《作品展》
水野正美 展 (金属工芸)

■3月9日/土・10/日
《イベント》
水野正美(銅・真鍮)×鈴木早苗(シェフ)×THE SHOP 十二ヵ月
春休みのイタリアン 〜 piú che osteria
(piú che osteria=MORE THAN BISTRO のイタリア語)

■3月23日/土 − 31日/日
《作品展》
岡村宜治・中村智子 二人展 (陶磁)

■4月27日/土 − 5月12日/日
《企画作品展》
“ hana-no utuwa ”
[出展作家]
青木郁美  / 陶   小澤基晴  / 陶
杉原万理江 / 陶   野村絵梨花 / 陶
水谷和音  / 磁   早崎志保  / ガラス
L’atelier chouchou / 生花 (装花・work shop開催予定)

■5月
《作品展》
桑原結子 展(ガラス)

■6月22日/土〜30日/日
《作品展》
筒井則行 / icura 展(木工)

■6月
《ワークショップ》
『木工家 筒井則行さん(icura)とつくる くるみのお皿の会』vol.8


*ワークショップは、機織り、その他を計画中。
*詳細及び計画中の情報は、随時更新します。
*日程・内容などは、変更になる場合もありますのでご確認ください。

DMいろいろ201812


こちらからも情報発信中。
official site_exhibition
Instagram
facebook




年末年始営業のご案内 2018-19

日頃は十二ヵ月をご愛顧いただき、ありがとうございます。

年末年始も無休営業いたします。
時間が変則となりますのでご留意ください。

スタッフ一同、みなさまのご来店をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・
【年末年始 営業時間のご案内】

◼︎12/26(水)…17:00にて閉店
 [店内メンテナンスのため]

◼︎12/28(金)〜1/3(木)…11:00〜18:00
◼︎ 1/ 4(金)〜1/6(日)…10:00〜19:00

◆1/7(月)より平常営業

・・・・・・・・・・・・・・・

◇カフェ個室のご予約は、年末年始も承っております。
 ご家族、ご友人とのひとときにご利用くださいませ。


【年末年始の発送】
年内の最終発送は12/27(木)。
但し、年内配達での承りは、お届け地域により締切日が異なります。
個別にご返答いたしますので、お気軽にお問合せください。
1/7(月)より通常体制に戻ります。

【Online 業務】
12/28(金)〜1/6(日)の間は、
メールやSNSでのご返信を原則お休みさせていただきます。
Online shopでのお買い求めにつきましては、
1/7(月)より順番に対応させていただきます。
お急ぎの方は、お電話にてお問い合わせくださいませ。



■各種ご連絡は下記まで

mail : info*jyunikagetsu.com
(*を@に入れ変えてください)
tel : 052-321-1717

site_access-info

【予告】松永泰樹 “my cups” + 鴨頭みどり“亥”

松永泰樹 “my cups” 
  +
鴨頭みどり “亥”


2018.12.14 /金 - 24 /月祝 (最終日は〜17:00)


松永泰樹_2018_DM

たった一つ。
自分のために、誰かのために。
私らしいものを、彼の人を思い浮かべながら。

とくべつな器を選ぶことは、
暮らしを愛しむための欠片を見つけること。
だからこそ、
つくり手の想いも伝わるモノから。

新作のコーヒーカップやフリーカップを中心に、
節目のこの時に選びたい食器やオブジェなど。


鴨頭_2019干支_DM

鴨頭みどりさんの2019年干支も届きます。



■作家在廊日 :
松永…14/金, 16/日, 23/日
鴨頭…14/金




「寄せ木の時計の会」開催しました

木工家・フジタマリさんの作品展2日目に
ワークショップを開催しました。

『木工家 フジタマリ さんとつくる 寄せ木の時計の会』


自然の彩りを組み合わせてデザインを生み出す寄せ木を施し、
毎日の暮らしを共に歩む時計をつくりました。
手間暇かかることは想像に難くないのですが、
実際に経験してみると、何と工程の多いことか。
少し端折ってお伝えします。

 ws_寄せ木の時計_1

文字盤の木を選ぶことからスタート。
3枚のパーツを各4種(サクラ、トチ、タモ、ホウ)から選びます。
1枚を変えるだけで雰囲気がガラリと変わります。

 ws_寄せ木の時計_2

貼り合わせの準備。
マスキングして、接着します。

 ws_寄せ木の時計_3

ズレないようにクランプで固定。
きれいに繋げられるかドキドキです。

 ws_寄せ木の時計_10

暫しの乾燥待ちタイムに、
針やその他パーツを磨きます。

 ws_寄せ木の時計_4

掛け、置き、どちらにもできるように裏面の仕上げ。
これが、板の反り止めにもなります。

 ws_寄せ木の時計_5

インデックス(時刻の印)は、
穴を開けて木を打ち込みます。

 ws_寄せ木の時計_6

針を取付ける中心の穴は、各自で開けます。
初めてのボール盤(機械)体験。

 ws_寄せ木の時計_7

磨いて、オイルで塗装。
ひと塗りで艶やかな色に変わる、嬉しい瞬間。

 ws_寄せ木の時計_8

機械と針をセットして電池を入れたら…
「動いた!!!」

 ws_寄せ木の時計_9

掛け置き両用の時計が完成。
みなさんクオリティの高い出来栄えでした。
置きの場合は、4方回転させてどの向きでも楽しめます。



作家のマリさんご自身も、
準備を整えてみると日頃行なっているしごとの
工程の多さに驚かれたそう。
ものづくりは、教える側も教えられる側も、
経験して初めて気付くこと感じることが多いと
改めて思ったのでした。

作家を含めてみなさんで育んだ貴重な時間が、
この先の暮らしでの人とモノとの関係に、
何かをもたらしてくれていたら嬉しいです。

マリさん、ご参加のみなさま、ありがとうございました。
この素敵なワークショップを
いつかまた開催できることを目標にしたいと思います。



フジタマリ “木のしごと” はじまりました

フジタマリ “木のしごと”

2018.11.17 sat - 27 tue
 (最終日は〜17:00)


自然の木々の彩りを自分らしく魅せる
木工家・フジタマリさんの作品展。
週末よりはじまりました。


フジタマリ | Mari Fujita

2009年 金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻卒業
2010年 上松技術専門校卒業
2010年 家具工房勤務 (~2013年)
2011年 高岡クラフトコンペ入選(生活者が選ぶ消費者賞受賞)  
     日本クラフト展入選
2013年 高岡クラフトコンペ入選
2014年 工房設立
    クラフトフェアまつもと (’16/’18)
2016年 工房からの風 参加
​2018年 岡山県に工房を移す


■作家在廊日: 17 sat, 18 sun, 27 tue 14:00頃より

フジタマリ展2018_1

小家具、インテリア、アクセサリー、テーブルウェア。
生き生きとした個性を感じる作品たち。

フジタマリ展2018_2

マリさんらしさを集めた“引き出し”。
使用樹種は12種にも上る。

フジタマリ展2018_3

使う。飾る。
どちらも愉しい“アクセサリースタンド”

フジタマリ展2018_4

木が持つデザイン力に
改めて気付かせてくれる“寄せ木 アクセサリー”。

フジタマリ展2018_5

“寄せ木小箱 リングケース”。
「寄せて繋ぐ」は、これからの人生を象徴しているよう。



初日・2日目は、
岡山より駆けつけ在廊してくださったマリさん。
お話からも作品からも
木の作品づくりと愉しく向き合っていることを
たくさん感じました。

昨日開催しました、ワークショップの様子も
またご紹介いたします。


最終日も午後より在廊予定ですが、
それまでの間、作品のご紹介は
instagramなどを中心に続けてまいります。
ぜひご覧ください。



【予約受付中】自家製スモークベーコン・11月

十二ヵ月自家製・スモークベーコン
次回の販売予定&予約開始のお知らせです。

販売開始 : 11月17日(土) 10:00〜

秋が深まってきました。
さまざまな食材が美味しさを増す季節です。
お料理の引き立て役に、ぜひご利用ください。

※ご予約で予定量に達した場合は、
 店頭一般販売は行えませんのでご了承ください。


ベーコン201811

愛知県のブランド豚・三河ポークを
自家ブレンドの野菜やスパイス、ハーブと一緒に塩漬けし、
サクラなどでじっくりと燻します。

ベーコンエッグ

少量ずつていねいに燻して仕上げるベーコンは、
パンチェッタに似たしっかりとした食感と、
薫りの高さをお楽しみいただけます。

そのままスライスしてサラダやおつまみに。
さっと炙ると薫りが際立ちます。
パンにのせてシンプルに。
炒めもの、スープやソースなどお料理は、旨味をアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
《ご予約について》

■価格など
¥500(税込)/100gあたり
1カット200g〜250gくらいに切り分けて販売しますので、
店頭でお好きなカットを先着順でお選びいただきます。

■予約〜受取り
・お一人さま3カットまでとさせていただきます。
・防腐剤や保存料など不使用のため、11月21日(水)までにご来店ください。
・保冷バッグなどのご持参をお願いいたします。
・発送ご希望の方は、チルドゆうパックで手配いたします。

下記をご連絡ください。
・お名前:
・お電話番号:
・ご住所:〒(発送の方のみご記載ください)
・ご希望量:(200〜250gを◯個)
・ご来店予定日: 月 日


◆ご予約は
tel : 052-321-1717
予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

        (*を@に入れ変えてください)


《ご注意ください》
メールの受信設定を行っていらっしゃる方は、
上記アドレスの受信許可設定をお願いいたします。
24時間以内に当店からの返信がない場合は通信事故の可能性が高いため、
お手数ですが確認のお電話をくださいませ。
万が一予約満了の場合でも、必ず返信を差し上げています。
よろしくお願いいたします。


工藤 工 ー “今” を彩る ー 始まりました

工藤 工
ー“今”を彩る ー


2018.11.3 /土祝 -11 /日



昨日に初日をむかえました。

工藤工展2018_1

工藤工展2018_2

工藤工展2018_3

日本の食の美の意識を根底に、料理を際立たせるための器。
シンプルに。潔く。マルチユースを意識して。


工藤工展2018_4

工藤工展2018_5

opening event
『美濃焼で味わう “極上ローストビーフ丼” の会』を
初日に開催いたしました。

お好みの器を選んでいただき、
ジューシーに焼き上がったローストビーフをデリと一緒に盛り付けて。

器が食材それぞれの彩りを引き立ててくれ、
一層食欲をそそってくれます。
同じ料理も器の違いで
異なった雰囲気を見せてくれることに気づいてくださった方も。

三輪シェフの「一つずつ異なる手しごとの器に、
自分の料理をていねいに盛り付けサーブできたことの意義」
という言葉が印象に残る一日でした。



■作家在廊日: 3/土祝, 4/日(pm),11/日(pm)




【参加者募集】機織りws『スヌード&クッションカバーの会』

◆2018年10月31日(水)20:00より募集開始いたします。

モノ人_web用ロゴ


『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 スヌード&クッションカバーの会』


 2018. 12. 1/土、2/日、3/月、4/火

参加者募集(対象 : 経験者限定)

ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
シリーズで開催している機織りのワークショップ。
一年の締めくくりは、一日かけて大きな作品づくりに取り組みます。

今年は制作テーマを一新して、「スヌード」or「クッションカバー」。
どちらも冬を楽しむためのアイテム。
織りの表情の違いを感じられるデザインになりました。
お好きな方を選択し、ウール糸を使ってふんわりと織り上げてください。
糸の色はもちろんお好みのチョイスで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【1】制作するものの選択
スヌード」or「クッションカバー
制作するものをどちらかお選びください。
織る面積は、大差ありません。

ws_pace_スヌード
参考作品 : スヌード

ws_pace_クッション
参考作品 : クッションカバー

【2】糸の選択

縦糸は、共通で淡ベージュ色を使用。
 2本取り
 ウール100% / 内、柔らかい上質のメリノウール40%

 
横糸は、パターン図のようにⒶ〜Ⓕに使う糸
下記のサンプル(全11種類)から選択してください。
ws_スヌードクッションカバー
*画像を拡大してご覧いただけます。

ストレート
*画像を拡大してご覧いただけます。

《ストレート糸》(ノーマル糸)
 2本取り
 ウール100% / 内、柔らかい上質のメリノウール40%


・N - ベージュ
・N - マスタード
・N - 薄レンガ
・N - ターコイズ
・N - チャコールグレー


スラブ
*画像を拡大してご覧いただけます。

《スラブ糸》(糸の太さが不均一な撚りの緩い糸)
 1本取り
 ウール100%


・S - オフホワイト
・S - グレー
・S - バイオレット


ループ
*画像を拡大してご覧いただけます。

《ループ糸》(糸の表面に輪ができている糸)
 2本取り
 ウール90%+ナイロン10%


・R - オフホワイト
・R - ベージュ
・R - 濃グレー


・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作の様子 】
コースターの会2016_4
小型の機をお一人に1台用意します。

・・・・・・・・・・・・・・・
 山田弘美 / PACE 
名古屋ファッション専門学校卒。
アパレルメーカー勤務、アパレルインディーズブランド「T.Y.T」設立などの後、
さをり通塾にて織りの基本を学ぶ。以降、独学にて作品制作を開始。
十二ヵ月にて個展、企画展、常設展示に出品。

・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■仕上り目標サイズ
スヌード : 25cm×130cm
 *房抜き寸法。輪に仕上げます。
クッション : 45cm×45cm
 *織布は表のみ、裏はコットン布を使用。
 *クッションの中身は含まれません。
 
1. 「【1】制作するもの」と「【2】糸の選択」は、
 事前に決定していただきます。
 参加のお申込み後、11月18日(日)までにご連絡ください。
 尚、糸色見本の実物は十二ヵ月に置いてありますので、
 店頭でご覧いただきながらの選択も可能です。

2. 当日は、指導を受けながら糸の準備をして織ります。
 *縦糸は、共通色として作家が糸掛けします。
 *途中に昼食を挟みます。

3. スヌードの方 : 織ったものを縫い合わせ(作家が実施)、
 房の始末をして終了です。
 仕上げの洗い加工の方法をお教えしますので、
 ご自宅で実施していただき完成となります。

 クッションカバーの方 : 織ったら終了です。
 ご自分で縫製をされる方には、方法をお教えします。
 作家に縫製をしてもらう方は、後日のお渡しとなります。
 (再来店の難しい場合は発送も可。当日にご希望を伺います。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2018年12月1日/土、2日/日、3日/月、4日/火
   10:00〜16:00頃終了予定

会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回4名
  ※1名のお申込みで2名まで予約可能
対象年齢 : 小学生以上(小学生のご参加には、大人の付添いが必要)
費用 : 8,000円(作家に縫製依頼の方は+¥500)

*材料・制作費、昼食・ドリンク代を含む。
 (ドリンクは、食後or制作後にお飲みいただけます。)
*道具類は全てご用意します。
*完成した方から先にお帰りいただけます。
 
【 申込方法 】 
◆2018年10月31日(水)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


ご予約は専用mailへ :
jyunikagetsu*gmail.com
(*を@に入れ変えてください)

下記の内容をお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『スヌード&クッションカバーの会』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先E-mailアドレス:

・参加希望日:第1希望(  )、第2希望(  )

・参加希望人数:  名+同伴  名
 *小学生は大人の同伴が必要。
 *同時申込みは2名まで可能。


・【1】制作するもの:
・【2】糸の選択:
 *11/18までに決定してご連絡ください。

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。

*受付後、 上記アドレスより返信を差し上げますので、
 受信設定などのご確認をお願いします。
 返信に少しお時間をいただく場合がございますが、
 承りのご連絡をもって受付完了となります。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは原則できません。
(急遽欠席の方には、作家制作の完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいますことをお願い申し上げます。


*お問合せ : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで



◆昨年の『マフラーの会』の様子
“機織りwork shop「マフラーの会」をふり返って” (2017年11月開催)



・・・・・・・・・・・・・・・
《up date》2018.11.01

【ご予約状況のご案内】

■1日/土 残席 1
■2日/日 残席 1
■3日/月 残席 0
■4日/火 残席 0

定員になりました日にちは、キャンセル待ち受付を行います。
最終いつまでキャンセルをお待ちいただけるかをお書き添えの上、
希望日をご連絡くださいませ。

【予告】フジタマリ “木のしごと”

フジタマリ “木のしごと”

2018.11.17 sat - 27 tue
 (最終日は〜17:00)


フジタマリ展2018_DM


木は生まれながらにデザインを持っている。
木の目、木の色、同じものは二つとなく、
だからこそ、木との偶然の出会いの楽しみを
自分らしい作品づくりへと注いでいるような、
フジタマリさんの木のしごと。

椅子、テーブルなど小家具。
一輪挿し、小箱、時計など暮らしを彩るアイテム。
ピアス、イヤリング、ブローチなどアクセサリー。
寄せ木の美しさと、
デザイン・造形の世界観にも、ご注目ください。



■作家在廊日: 17 sat, 18 sun, 27 tue 14:00頃より





・・・・・・・・・・・・・・・
【 work shop 開催 】

『木工家 フジタ マリ さんとつくる 寄せ木の時計の会』

2018.11.18 sun 12:00〜

毎日の時を刻む時計。
暮らしを共にするモノを、
自然がくれるデザインを感じながら手づくりします。

時計の会_3

詳細・ご予約方法は、下記にて。
【参加者募集】ワークショップ「寄せ木の時計の会」