【参加者募集】機織り「テーブルマットの会」

◆2017年8月17日(木)20:00より募集開始いたします。

モノ人_web用ロゴ

『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 テ〜ブルマットの会』

 参加者募集
 (対象:初心者〜)


ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
シリーズで開催しているPACEのワークショップ。
今回は、ベーシックな機織りの楽しさを体験していただく回です。
基本技術を学びますが、糸選びやデザインの自由度が高く、
オリジナル性の高い作品制作をできるのが、
このワークショップの魅力です。
糸と糸が混じり合い重なり合うことで彩りが生まれる
織りの醍醐味を味わいながら、
今回はインテリアマット、テーブルセンター、
ランチョンマットとして使える織物を制作します。


pace_ws_テーブルマットの会_1
参考作品
仕上り目標平面サイズ:380×280mm(1点制作)
洗濯機での洗濯が可能。

pace_ws_テーブルマットの会_2
デザインの着想例-A
インテリアとのフィットは、
室内の小物などから彩りをピックアップして。

pace_ws_テーブルマットの会_3
デザインの着想例-B
テーブルシーンでのフィットは、
食材などから彩りをピックアップして。

pace_ws_テーブルマットの会_4

コットン糸各色とファンシーヤーン(変わり糸)
から当日選びます。

ティッシュカバーの会_3
制作の様子
小型の機をお一人に1台用意します。

《山田弘美 / PACE》
名古屋ファッション専門学校卒。
アパレルメーカー勤務、アパレルインディーズブランド「T.Y.T」設立などの後、
さをり通塾にて織りの基本を学ぶ。以降、独学にて作品制作を開始。
十二ヵ月にて個展、企画展、常設展示に出品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■経糸(縦糸)は、共通色として作家が糸掛けしてご用意しておきます。
 
1. 緯糸(横糸)の色を選びデザイン(配色)を考えます。
2. 糸の準備(糸巻き)をして織り始めます。
3. 織った布を機から外します。

※最終仕上げのミシン縫製は、作家が工房に持ち帰り行ないます。
 後日にご来店または発送(送料¥360)にて完成作品をお渡しします。

■体験後はケーキセットでのティータイム付き。
 作家との歓談をお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2017年9月
   ●初心者:(1)23日/土祝、(2)25日/月 12:30開始
   ●経験者:(3)24日/日、(4)26日/火 12:30開始
  (制作時間+ティータイムの終了時間は16:30〜17:00の予定)

◉初心者と経験者とで開催日を分けましたのでご注意ください。
「経験者」とは、十二ヵ月で開催した
 機織りワークショップのいずれかにご参加経験のある方です。


会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回4名(2名まで同時予約可能)
対象年齢 : 小学生以上(小学生のご参加には、大人の付添いが必要)
費用 : 4,200円
   ※材料・制作・縫製代、ケーキセット代を含む。
   ※道具類は全てご用意します。
 
【 申込方法 】 

◆2017年8月17日(木)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みは自動でキャンセル扱いになります。


下記フォームをご利用(ペースト)いただき、
emailまたはfaxで十二ヵ月宛にお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『テーブルマットの会』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス 又は fax番号:

・参加ご希望日:第1希望(  )、第2希望(  )
  ※初心者と経験者で参加可能日が異なりますのでご注意ください。

・参加ご希望人数:  名(+付添い 名)※2名まで予約可能

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。
 すでに満席の場合も返信を差し上げます。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性がありますので、
 電話などでお問合せください。

※キャンセルされる場合は、速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは原則できませんのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作して完成品をお渡しします。)

お申込先:THE SHOP 十二ヵ月
      email:info@jyunikagetsu.com
      fax :052-321-1717




【機織りワークショップについて】

PACEの機織りワークショップは、
難易度別に制作テーマを変えながら年に4回の開催を計画しています。

上級者向けテーマ(マフラー制作など)では
対象を経験者に限定させていただきますので、
興味をもってくださる方は、
まずは初心者対象の会にご参加くださいますようお願いします。

《機織りワークショップ過去開催のようす》
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる  ティッシュカバーの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる マフラーの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる コースターの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる ランチョンマットの会』





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《up date》2017.08.18

【ご予約状況のご案内】

■9月23日/土 残席 1
■9月26日/火 残席 0

その他の日にちは、数席ずつ余裕がございます。
各日とも定員になり次第、キャンセル待ち受付けを行います。


【予告】野田里美 展「チャゴト–茶事– のウツワ」

野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」

2017.9.9 sat - 18 mon/holiday



野田里美展2017_DM

ちゃごと[茶事]
寄り集まって茶を飲むこと。茶菓を供して話し興じること。



時の移ろい。変化。育つこと。
磁器土による表現で魅せ続ける、野田里美の器。

今回は、
「お茶の時間をたのしむ器」をテーマに。
日常で繰り広げられるお茶時間、珈琲時間を装う
スタイリッシュな器を展観いたします。



■作家在廊日 : 9/土, 10/日, 17/日, 18/月祝





・・・・・・・・・・・・・・・・・
event
「野田里美×十二ヵ月 コーヒーで茶事の会」

9. 10 sun 14:30〜 / ¥2,500 (定員8名)

野田里美の器で味わう茶事(チャゴト)の会。
自分好みのコーヒーを淹れるための、
初心者向けコーヒードリツプ講座付き。
4種のお菓子とコーヒー付きで、
野田さんと共にゆるりと愉しむお茶の時間です。

■お申込は 8月10日(木) 20:00 開始。

詳細のご案内をお待ちください。



2017.9–12 schedule

■■ 2017.9–12 schedule ■■


■9月9日/土 − 18日/月祝
《作品展》
野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」


■9月10日/日 14:30〜
《イベント》
野田里美×十二ヵ月「コーヒーで茶事の会」
野田里美の器で愉しむ茶事(チャゴト)の会。
(初心者向けコーヒードリツプ講座付き、ゆるりとお茶の会。)
詳細と予約については後日リリースいたします。


■9月23日/土祝・24日/日・25日/月・26日/火 12:30〜
《ワークショップ》
『機織作家・山田弘美さん(PACE)とつくる テーブルマットの会』

■10月28日/土 − 11月6日/月
《作品展》
青木郁美 展(陶)

■11月11日/土・12日/日・13日/月・14日/火 10:00〜
《ワークショップ》
『機織作家・山田弘美さん(PACE)とつくる マフラーの会』vol.2
募集開始予定 : 9月下旬

■11月18日/土 −26日/日
《作品展》
松本寛司 展(木工)

■12月2日/土 −10日/日
《作品展》
谷口晃啓 展(陶磁)

■12月14日/木 −25日/月
《作品展》
鴨頭みどり 展(オブジェ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・
※詳細及びその他計画中の情報は、随時更新します。
※日程・内容などは、変更になる場合もありますのでご確認ください。

DMいろいろ_201708


筒井則行/ icura展・2017 より – 小物いろいろ

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


最終日になりました。
本日は、小さな器や小物をいろいろと。

icura展2017_15
おうちカード立て : 500円

オブジェとしても人気の“おうち”。
お気に入りの写真やポストカードを飾って。

icura展2017_9
小皿
145mm : 2,000円
125mm : 1,800円


彫り目のある“小皿”は、
グラスやデザートカップをのせてコースターとしても。

icura展2017_3
菓子皿      170×120mm : 2,000円
まめ皿・だ円・大 115×80mm : 1,500円
   ・だ円・小  85×60mm : 1,200円


お茶の時間が楽しくなる“菓子皿”や“まめ皿”。
木の色合い次第でさまざまな雰囲気が愉しめます。

icura展2017_10
カトラリー
ディナースプーン : 1,800円
スープスプーン  : 1,500円
デザートスプーン : 1,300円
コーヒースプーン : 1,000円
アイスクリームスプーン : 1,200円
ジャムスプーン  : 1,200円
ジャムナイフ   : 1,300円
バターナイフ   : 1,000円
ヒメフォーク   : 1,200円
パテナイフ    : 1,600円


木のカトラリーはやさしい使いここち。
用途に合わせてアイテムが充実しています。

icura展2017_5

スタンダード / 22.5cm : 1,200円
細      / 22.5cm : 1,200円
スタンダード / 21.5cm : 1,200円
子供     / 19.0cm : 1,100円
子供     / 17.0cm : 1,100円


手しごとで削られた“”。
オイル仕上げの箸は、道具として育っていることをとても実感じます。




7月4日の「くるみのお皿の会」開催します

本日のワークショップ「くるみのお皿の会」は、
予定通り13:00より開催します。

icura_ワークショップ_2017_1

15:30〜16:00頃までに制作を終了し、
その後はケーキタイムの予定ですが、
お帰りの心配な方には、
ケーキセットは後日にお召し上がりいただけるように
準備いたします。

ご来店をお待ちしております。
雨が降り出しそうです。
気をつけてお越しくださいませ。




筒井則行/ icura展・2017 より – お皿いろいろ

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


作品展は会期終盤になりました。
改めて作品のご紹介をいたします。

本日は、お皿をいろいろと。

icura展2017_11
楕円皿・大・深  300×190×35mm : 12,000円

作品展限定で展開される“楕円皿”は、
汁やスープがあるお料理も楽しめる、深さのある器。
昨年よりも更に深さを増して、
使えるお料理の幅が一層広がりました。

icura展2017_12
丸皿・大・深  ≒径260×33mm : 15,000円
丸皿・小・深  ≒径175×33mm : 6,000円

楕円皿と同様に展開される深い“丸皿”は、裏面も彫りのある仕上げで
手しごとの美しさで魅せてくれる器です。
サイズのバリエーションが増えました。

icura展2017_13

icura展2017_14
丸皿・大/つるつる ≒径260×20mm :8,000円

定番のお皿も欠かせません。
当店のカフェでも使用している“丸皿・大”は、
パスタやピッツァ、メインディッシュ、ワンプレートメニューにと、
多用途に使える人気の器。

お料理を引き立てるシンプルさにこだわり、
丸皿と四角皿のシリーズで
使いやすいサイズ違いで展開をされています。

詳細は、過去の記事をご覧ください。
「筒井 則行/icura 展・2016より〜定番のお皿」

icura展2017_14
つなぎ皿(各種) : 3,500円〜

数種の樹種の板をつないでつくる“つなぎ皿”。
自然そのままの色や木目がデザインとなっていて、
サイズも同じものは二つと無い、
まさに一点ものの器です。


※表示価格:税別


◉定番以外の器は、常設での展示はございません。
 ご希望の方は、会期中にご連絡をください。
 会期終了時に在庫がございましたら、通信販売が可能です。




筒井則行/ icura展・2017 はじまりました

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


筒井則行さんの工房・icura展が、
昨日の土曜日からはじまりました。
早朝からのご来店、ありがとうございました。

icura展2017_1

icura展2017_2

icura展2017_4

icura展2017_6

今年のicura展は、日頃とは更にひと味違った作品展開で、
ファンの方もとても嬉しそう。
その笑顔に、筒井さんも十二ヵ月も喜んでおります。

会期中のワークショップ開催日は、
筒井さんも在廊しながら
器の使い方などのアドバイスもしてくださっています。
木の器のことをもっと知っていただく機会にご利用ください。