【予告】水野正美 metal works “Drip pots”

水野正美 metal works
“Drip pots”

2019. 3. 9 sat - 17 sun


水野正美展2019_DM

こころを鎮めてコーヒーを淹れる。
一日の“お疲れさま”から日常に戻る
スイッチのような瞬間を与えてくれるドリップポット。

そして、作家・水野正美にとって
ドリップポットは特別なアイテム。
“つくること”は“生きること”なのだと
感じられずにはいられない大切なもの。

あらためて、このポットたちと向き合った作品展。
今年もぜひご覧ください。



■作家在廊日: 9 sat, 10 sun



*出品内容や期間中の対応などにつきましては、
 前日の3/8に改めてこちらで更新しご案内する予定ですので
 いま少しお待ちくださいませ。
 


・・・・・・・・・・・・・・・
【同時開催イベント】
水野正美(銅・真鍮) × 鈴木早苗(シェフ) × THE SHOP 十二ヵ月
MORE THAN BISTRO vol.11

Più Che Osteria
「春休みのイタリアン」

~オステリア以上、リストランテ未満のカジュアルな食空

http://jyunikagetsu.blog58.fc2.com/blog-entry-1015.html

残席わずかとなっております。



sachi 展・2019 “at this time …” はじまりました

sachi - handmade leather works 2019
“at this time …”

2019.1.26 /sat – 2.3 /sun (最終日は〜17:00)


革作家・sachiさんの作品展を週末より開催しております。

“at this time …”
今、このときの愉しみを革のバッグや小物で。


sachi展2019_1

流行りのプチバッグをリアルファーで。
カラフルなラビットはお好みでオーダーも。

sachi展2019_2

毛足が短く巻き毛のラム(羊)。
華やかな光沢感でパーティーバッグにも。

sachi展2019_3

大きながま口は毛付き革のボディーバッグ。
馬革(左)は、個体識別のための焼印番号の痕もデザインに。
牛革(右)は、鮮やかなトリコロール。

sachi展2019_4

がま口使いが楽しい定番のバッグも多種揃って。
お好みのカラーでオーダーも承ります。

sachi展2019_5

ぐるぐる渦巻きの “ロールがま口”。
お揃いの“ロールボストン”もございます。

sachi展2019_6

革のアクセサリーは新作も。
細いレザーコードのリングは、やわらかな着けここち。



■作家在廊日: 1/26 sat, 27 sun, 2/2 sat, 3 sun


素材や色を選んでつくるカスタムオーダーや、
こだわりを形にするフルオーダー、
ランドセルなどのリメイクも好評のsachiさん。
初日からたくさんの方のご希望を叶えるお手伝いをしております。

土日の作家在廊日には、
細かなご相談に作家が即答いたします。
平日は作家に代わり店主が、
過去に多数のオーダーを受けている経験から、
作家と連携を取りながらご案内させていただきます。


こ相談・打合せのご予約は十二ヵ月まで。

mail : info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)
tel : 052-321-1717





*会期中の作品紹介は、
InstagramFacebookページに日々upしてまいります。




【予告】sachi 展・2019 “at this time …”

sachi - handmade leather works 2019
“at this time …”

2019.1.26 /sat – 2.3 /sun (最終日は〜17:00)


sachi展2019_web

冬を愉しむ。
春を待つ。
季節のこころを映して装う
手しごとの革バッグや小物たち。

この時ならではの素材やデザインを。
愛すべき定番を。

革、糸、金具、etc.
ひとつひとつの要素にこだわり
個性を輝かせるsachiのしごとから、
今のあなたらしさを表すモノを。



■作家在廊日: 1/26 sat, 27 sun, 2/2 sat, 3 sun


sachi展2019_remake1_web
sachi展2019_remake2_web

素材や色を選んでつくるカスタムオーダーや、
各アイテムのフルオーダー、
ランドセルリメイクなども承ります。

こ相談・打合せのご予約は十二ヵ月まで。

mail : info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)
tel : 052-321-1717



*革作家・sachi に関する過去の記事は、こちらをご覧ください。

blog内検索 「sachi」




2019.1–7 schedule

2019.1 – 7 schedule

2019.02.15 up date


■1月26日/土 − 2月3日/日
《作品展》
sachi - handmade leather works 2019
“at this time …”
 (革バッグ・小物)

■3月9日/土 − 17日/日
《作品展》
水野正美 metal works
“Drip pots”
 (金属工芸)

■3月9日/土・10/日
《イベント》
水野正美(銅・真鍮)×鈴木早苗(シェフ)×THE SHOP 十二ヵ月
MORE THAN BISTRO
piú che osteria〜春休みのイタリアン 〜


■3月23日/土 − 31日/日
《作品展》
岡村宜治・中村智子 二人展 (陶磁)

■4月12日/金 − 16日/ 火
《ワークショップ》
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくるティッシュカバーの会』vol.3

■4月27日/土 − 5月12日/日
《企画作品展》
“ hana no utsuwa ”
[出展作家]
青木郁美  / 陶   小澤基晴  / 陶
杉原万理江 / 陶   野村絵梨花 / 陶
水谷和音  / 磁   早崎志保  / ガラス
L’atelier chouchou / 生花 (装花・work shop開催予定)

■6月22日/土〜30日/日
《作品展》
筒井則行 / icura 展(木工)

■6月
《ワークショップ》
『木工家 筒井則行さん(icura)とつくる くるみのお皿の会』vol.8

■7月13日/土〜21日/日
《作品展》
桑原結子 展(ガラス)

■7月26日/金 − 30日/ 火
《ワークショップ》
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくるコースターの会』vol.2


*ワークショップは、機織り、その他を計画中。
*詳細及び計画中の情報は、随時更新します。
*日程・内容などは、変更になる場合もありますのでご確認ください。

DMいろいろ201812


こちらからも情報発信中。
official site_exhibition
Instagram
facebook

【予告】松永泰樹 “my cups” + 鴨頭みどり“亥”

松永泰樹 “my cups” 
  +
鴨頭みどり “亥”


2018.12.14 /金 - 24 /月祝 (最終日は〜17:00)


松永泰樹_2018_DM

たった一つ。
自分のために、誰かのために。
私らしいものを、彼の人を思い浮かべながら。

とくべつな器を選ぶことは、
暮らしを愛しむための欠片を見つけること。
だからこそ、
つくり手の想いも伝わるモノから。

新作のコーヒーカップやフリーカップを中心に、
節目のこの時に選びたい食器やオブジェなど。


鴨頭_2019干支_DM

鴨頭みどりさんの2019年干支も届きます。



■作家在廊日 :
松永…14/金, 16/日, 23/日
鴨頭…14/金




フジタマリ “木のしごと” はじまりました

フジタマリ “木のしごと”

2018.11.17 sat - 27 tue
 (最終日は〜17:00)


自然の木々の彩りを自分らしく魅せる
木工家・フジタマリさんの作品展。
週末よりはじまりました。


フジタマリ | Mari Fujita

2009年 金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻卒業
2010年 上松技術専門校卒業
2010年 家具工房勤務 (~2013年)
2011年 高岡クラフトコンペ入選(生活者が選ぶ消費者賞受賞)  
     日本クラフト展入選
2013年 高岡クラフトコンペ入選
2014年 工房設立
    クラフトフェアまつもと (’16/’18)
2016年 工房からの風 参加
​2018年 岡山県に工房を移す


■作家在廊日: 17 sat, 18 sun, 27 tue 14:00頃より

フジタマリ展2018_1

小家具、インテリア、アクセサリー、テーブルウェア。
生き生きとした個性を感じる作品たち。

フジタマリ展2018_2

マリさんらしさを集めた“引き出し”。
使用樹種は12種にも上る。

フジタマリ展2018_3

使う。飾る。
どちらも愉しい“アクセサリースタンド”

フジタマリ展2018_4

木が持つデザイン力に
改めて気付かせてくれる“寄せ木 アクセサリー”。

フジタマリ展2018_5

“寄せ木小箱 リングケース”。
「寄せて繋ぐ」は、これからの人生を象徴しているよう。



初日・2日目は、
岡山より駆けつけ在廊してくださったマリさん。
お話からも作品からも
木の作品づくりと愉しく向き合っていることを
たくさん感じました。

昨日開催しました、ワークショップの様子も
またご紹介いたします。


最終日も午後より在廊予定ですが、
それまでの間、作品のご紹介は
instagramなどを中心に続けてまいります。
ぜひご覧ください。



工藤 工 ー “今” を彩る ー 始まりました

工藤 工
ー“今”を彩る ー


2018.11.3 /土祝 -11 /日



昨日に初日をむかえました。

工藤工展2018_1

工藤工展2018_2

工藤工展2018_3

日本の食の美の意識を根底に、料理を際立たせるための器。
シンプルに。潔く。マルチユースを意識して。


工藤工展2018_4

工藤工展2018_5

opening event
『美濃焼で味わう “極上ローストビーフ丼” の会』を
初日に開催いたしました。

お好みの器を選んでいただき、
ジューシーに焼き上がったローストビーフをデリと一緒に盛り付けて。

器が食材それぞれの彩りを引き立ててくれ、
一層食欲をそそってくれます。
同じ料理も器の違いで
異なった雰囲気を見せてくれることに気づいてくださった方も。

三輪シェフの「一つずつ異なる手しごとの器に、
自分の料理をていねいに盛り付けサーブできたことの意義」
という言葉が印象に残る一日でした。



■作家在廊日: 3/土祝, 4/日(pm),11/日(pm)