sachi 展“ハジマリノ キセツ” より バッグいろいろ

sachi - handmaid leather works 2017
“ハジマリノ キセツ”


2017.3.11 sat - 20 mon (最終日〜18:00)


会期は、明日までとなりました。
展示作品よりバッグをいろいろ。

sachi展2017_5

人気の高い“ペリカン手提げ”。
がま口の大きなポケットは容量も大きくて
片手で開け閉めできるのがとても楽です。
想像以上の使いここちの良さとお声をいただきます。
革の変更の他、ショルダーバッグでのオーダーも可能です。

sachi展2017_6

両サイドにがま口ポケットをつけた“Wがま口ショルダー”。
ポケットは携帯電話や小物を入れて機能的に。
お好みの革でツートンの色を選べば、
オリジナルの一点が愉しめます。

sachi展2017_7

シンプルなデザインの“フラップワンショルダー”は
埋込まれたポケットのがま口がアクセント。
このバッグもシックな色から華やかな色まで
さまざまな色が似合う形です。

sachi展2017_8

ボディからハンドル部までを一枚の革で仕立てた“くり手手提げ”。
印伝や模様染めなど特殊な革で制作されるこのシリーズは、
洋装にも和装にも活躍するバッグです。

sachi展2017_9

大玉6.8寸ショルダー”は、
この口金が可愛らしい雰囲気を生むバッグ。
今回使用されている革は、本革にレースを圧着させた素材。
このようなデザイン性のある革を使ったバッグは、
どれも一点ものになるように仕立てられているそうです。



ご紹介の作品はいずれも
同じデザインでの革違いや色違い、
サイズの変更やベルトの形状、長さの変更も承ります。
豊富に有る革サンプルや画像資料などを参考に
ご検討いただけます。




sachi ランドセルのリメイクバッグ

sachi - handmaid leather works 2017
“ハジマリノ キセツ”


2017.3.11 sat - 20 mon (最終日〜18:00)


十二ヵ月の在る名古屋市の小学校では
本日ハレの卒業式をむかえました。
卒業生・ご父兄のみなさま、おめでとうございます。

春からの新生活に胸をときめかせる一方で、
この6年間の想い出も深く心に染みていることでしょう。

作品展を開催中の革作家・sachiさんの作品から、
このような作品事例をご紹介します。

楓佳ランドセルリメイク_1

どこか見覚えのある感じではありませんか?
そう、ランドセルリメイクして仕立てたバッグです。
再び使えるものとして想い出のモノに息を与えたいと考え、
作家に依頼して制作していただきました。

楓佳ランドセルリメイク_4

メインで使用しているのは、ランドセルの蓋の部分。
すり傷や汚れも想い出としてそのまま残しています。

楓佳ランドセルリメイク_5

「使える部分はできる限り使い、何を制作できるのか」
という計画でスタートしたため、
マチ(側面)の部分やたくさん有るポケット、
金具や裏地の革まで細かに解体していただきました。

楓佳ランドセルリメイク_2

そして材料のサイズと量を考慮して、
ポシェットサイズのバッグにすることに決定。
ナフキンやコップの袋を提げた
ランドセルを象徴するような金具もこんな風に…。

楓佳ランドセルリメイク_3

蓋を開けると、ランドセルを開けた時と同じ景色が…。
時間割や名前の札を入れたポケット部分です。
あちこちに使われている留め具もできる限り使用し、
シールを貼っていた少しやんちゃな想い出も
蓋の裏側にそっと残しました。


このケースは、解体から制作までを最大限で計画し
無駄を残さない贅沢なつくりとなっていますが、
例えば女の子ならば、シンプルなポーチやお財布、
男の子ならば、定期カードや名刺入れ、スマホケース、
家族みなさんでお家で使うモノならば、ペン立てやデスクトレイなど、
さまざまなモノに生まれ返らせることが可能です。

解体して使える部分の他に、
新たな革を足しても楽しいモノが生まれます。
想い出のランドセル・リメイクは、
いつでもご相談を承っています。




渡辺均矢 展 “My favorite” - “My size”

渡辺均矢 展
“My favorite” - “My size”


2017.4.8 sat - 17 mon


渡辺均矢展2017_dm

日々の暮らしで愛されつづける線刻文様の器たち。
さまざまに描かれた線が
テーブルで繰り広げる朗らかな時間。

定番として展開されている渡辺さんの器は、
使ってなお好きになると称賛される
心地よさと気楽さ、楽しさが詰まった器。

今回は、その定番が持ち味の作家に
敢えて「一つずつがちがう器」として
飯碗、湯呑み、カップなどを展開していただきます。
毎日使う器だからこそ大人も子どもも
自分好みのサイズ、カタチ、デザインを選んで…。

もちろん人気の定番アイテムも各柄集まります。
4年振りの作品展で
愛すべき器をぜひ見つけてください。



■作家在廊日:8 sat




sachi 展“ハジマリノ キセツ” スタートしました

sachi - handmaid leather works 2017
“ハジマリノ キセツ”


2017.3.11 sat - 20 mon (最終日〜18:00)


革作家・sachiさんの作品展が土曜日よりはじまりました。
軽やかな色彩やデザインのバッグ・小物が
春らしさを連れてきました。

sachi展2017_1

きれいな彩りのバッグたちは
sachiさんならではの楽しいデザイン。
マスタードカラーの新作バッグはビスチェがモチーフです。

sachi展2017_2

木と革でコラボしたシリーズも新作。
木目や色合いの美しさは、
自然がもたらしたデザインです。

sachi展2017_3

定番の小物入れも楽しい彩りで個性を演出します。

sachi展2017_4

人気の手帳ケースは、デザイン性のある革を使って。




初日から2日間の在廊日には、
バッグやポシェット、お財布、キーケースなど
こだわりのモノ、既製品では見つからないモノなど
さまざまなご相談が繰り広げられていました。

オリジナルオーダーなど詳細の打ち合わせが必要なものは、
作家在廊日にお越しいただくことをお勧めします。
その場で全ての内容にお答えてできます。
また、好きな革を選ぶカスタムオーダーは、
サンプルをご用意していますので
いつでもお気軽にお越しくださいませ。


■今後の作家在廊日:18日/土(夕方〜)、19日/日、20日/月祝




ニカラグア リモンシージョ ジャバニカ

新しいコーヒーのご紹介です。

スペシャルティコーヒー
ニカラグア リモンシージョ ジャバニカ


カリブ海に面する国ニカラグアから、
十二ヵ月では初になるジャバニカ種です。
特徴的なフレーバーを楽しめるコーヒーが焙煎できました。

ジャバニカ_豆

コーヒー発祥の地と言われるエチオピアの
ロングベリーが起源とされるジャバニカ。
インドネシアのジャワ島に渡ったアラビカ種を
“ジャバ”と呼び栽培されたものが、
18世紀に中米に持ち込まれて“ジャバニカ種”となりました。
当時は生産性に欠けるためどの国にも栽培が進まなかったこの品種を、
1999年以降にリモンシージョ農園が入手し、
2001年から生産されるようになりました。
2008年には、COE2位を獲得しブレイクを果たします。
一握りの生産者しか栽培していない非常に稀少な品種のため、
2013年からはプライベートオークションも開かれるコーヒーです。

ジャバニカ_カップ

コーヒーをミルで挽く時の香りからお楽しみください。
粉に挽かれる瞬間から豊かな香りが一気に広がります。
柑橘系の爽やかな酸味と完熟の甘味を合わせ持ったテイストで、
クリーンな後口も好評です。


COE(※1)のヘッドジャッジ(審査の統括者)の経験も持つ
エルウィン・ミエリッヒ氏が所有するリモンシージョ農園。
熱帯雨林を彷佛とさせる山奥の山林に位置し、
庭園のように美しく管理された木々や竹林の中でコーヒーを栽培しています。
シンボルともいえる滝からもたらされる豊富な水資源と湿度、
昼夜の寒暖差が大きく実が栄養をたくさん蓄えることから、
特徴的なテロノワール(※2)を生みます。

ニカラグアでは珍しく、
収穫から生豆完成までの全工程を行うことのできる乾燥施設を備え、
迅速で的確な精製処理をすることができることが、
高品質なコーヒーづくりに繋がっています。
乾燥方法も経過日数により環境を変えるきめ細かな配慮も、
品質の良さを裏付けています。
リモンシージョ農園はこのようにして、
名実ともにニカラグアを代表する農園となっています。



(※1)COE=“Cup of Excellence”
最高品質のコーヒーにのみ与えられる、栄誉ある称号。
生産国ごとに開催される非常に厳しいコーヒー審査会を経て、
その年に生産された最高のコーヒーに対して与えられます。

(※2)テロノワール
土壌、気候、地勢などの地理的条件や育成環境といった、
作物にその産地ならではの特徴をつける要因のこと。






【予告】sachi - handmaid leather works 2017

sachi - handmaid leather works 2017
“ハジマリノ キセツ”


2017.3.11 sat - 20 mon (最終日〜18:00)

sachi2017_DM.jpg

はじまりの季節、春。
あたらしい気持ちに
あたらしい装いのモノたちを揃えて…。

春夏も楽ししめるもの、
定番として愛されるもの。
個性の光る革素材、
たのしく軽やかなフォルム。
わたしらしさを表現するために
人とは少し違うバッグ、財布、小物入れなどを。

お好みで素材や色をチョイスする
カスタムオーダーや、
自分のスタイルに合わせての
フルオーダーも承ります。



■作家在廊日:11/土,12/日,18/土,19/日,20/月祝
※DMや初期にご案内の日程から追加になっております。



今回も革のサンプルを多数ご用意し、
人気の高いカスタムオーダー、フルオーダーを承ります。
作家とのご相談・打合せのご予約は、十二ヵ月まで。

mail : info@jyunikagetsu.com
tel : 052-321-1717



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

革作家・sachiに関する過去の記事はこちら
blog内検索「sachi」




水野正美 展“Slow and Deep”より キッチンの道具

水野正美 metal works
“Slow and Deep”


2017.2.11 sat - 20 mon


開催中の作品展より、
鍋やパン、ポットなどキッチンで定番の道具を…。

水野正美展2017_20

ドリップポット(銅&真鍮)
右 ≒1000ml :¥70,000(税別) / sold out
中  ≒700ml :¥64,000(税別) / sold out

画像のサイズの他に、下記のサイズも展開しています。
≒800ml :¥68,000(税別)
≒550ml :¥54,000(税別) ※本体はドリップMINIと共通

ドリップポット MINI(銅&真鍮)
左 ≒550ml :¥50,000(税別) / sold out

コーヒーを淹れる時間を楽しむ方が増え、
ますます人気の高まっているドリップポット。
“MINI”の本体のつくりはドリップポットと共通ですが、
蓋の形状がシンプルなデザインになっています。

水野正美展2017_21

ポット(銅&真鍮/茶漉し穴付き)
≒1100ml :¥73,000(税別) / sold out

ドリップポットよりも歴史の古い定番ポット。
ケトル(やかん)としてお湯を湧かしたり、お茶を煮出して
そのままテーブルへ。

水野正美展2017_22

蓋付き両手なべ(銅&真鍮)
本体 ≒径210×H95mm :¥70,000(税別) / sold out

ハンドル(取手)のデザインが特徴的な両手鍋。
銅の鍋は熱伝導率の高さい性能を発揮して
調理中は底部から上部まで鍋の温度差が小さいのが特性。
コトコト煮込む料理を美味しく仕上げます。

水野正美展2017_23

蓋付き片手なべ(銅&真鍮)
本体 ≒径190×H90mm :¥40,000(税別) / sold out

最もベーシックな形の片手鍋。
本体の口径部は口無しが標準ですが、
ご希望により口付きにすることができます。
内部は錫引きが標準仕上げですが、
ジャムやクリームづくりなど製菓用に錫無しでも承ります。

水野正美展2017_24

フライパン(銅&真鍮)
中 ≒口径230〜240×H45mm :¥27,000(税別) / sold out
小 ≒口径210〜220×H40mm :¥25,000(税別) / sold out
MINI ≒口径160×H30mm   :¥14,000(税別) / sold out

お肉ならば、外はこんがり中はジューシーに。
銅のフライパンも熱伝導率の高さい性能を発揮し、
予熱した中に素材を入れても温度の下がりが小さく済むからです。

水野正美展2017_25

エッグパン(銅&真鍮)
≒180×150×H35mm(卵3〜4個目安) :¥20,000(税別) / sold out
≒180×120×H35mm(卵2〜3個目安) :¥19,000(税別) / sold out

和食党やお弁当に欠かせない卵焼き器は、
いつもの卵の量に合わせてご選択いただくのがおすすめ。
ふんわりと弾力感のある卵焼きに仕上がります。



現在、水野正美さんの鍋やパン、ポットなどキッチン道具は、
作品展での展示販売以外は全て注文制作となっております。
納期は1年半以上を見込んでおりますが、
作品展の初日にほぼ完売の状態となっておりますので、
お待ちいただけますならばご予約いただくのが
確実なご入手方法となっています。

今回ご紹介のサイズの他に、
ご希望の容量やサイズに合わせてのご注文も承っております。
使い勝手に合わせたモノをお選びいただけますように
いつでもお気軽にご相談くださいませ。