【参加者募集】木桶味噌仕込み ワークショプ

木桶味噌仕込み ワークショプ

2024.1.21 sun
午前の部 10:00〜 / 午後の部 13:00〜


■木桶製作   :小山加奈
 小山加奈 Instagram
■味噌仕込み指導:杉江さおり (おにぎりやさん)
 おにぎりやさん Instagram


日本の発酵文化に欠かせない、味噌。
私たちの食を支えてきた伝統の味は、
腸活食品としてその価値が再注目されています。

十二ヵ月で初開催の味噌仕込みは、
木桶職人が作った杉の木桶に仕込んで「手前味噌」を造ります。


・・・・・・・・・・・・・・・
【木桶のこと】

事のはじまりは、木桶職人・小山加奈さんとの出会い。
いえ、「出会っていた人が木桶職人になった」というのが正しいですね。

miso-ws_3.jpg

既にお会いになっている方もいらっしゃるはず。
加奈さんは、福島県川俣町在住の木桶職人で箒職人。
そして、「シロヤマ写真館」のフォトグラファーでもあり、
十二ヵ月に度々登場されています。

現在、川俣町で地域おこし協力隊として暮らしながら、
木桶職人の鴫原廣さん(鴫原風呂桶店)の元へ通い、
一緒に活動しながら木桶技術を磨く日々です。

miso-ws_6

そんな方が木桶作りを始める切っ掛けとなったのは、
福島県郡山市の酒造蔵元・仁井田本家さんで始まった
「木桶プロジェクト」のメンバーになったことでした。

仁井田本家さんは1711年創業・300年の歴史を持ち、
自社田で自然栽培米を育て、
自給自足の酒造を目指されている「自然派」の蔵元。
先代が植樹された杉林が成長したところで、
酒造の原点回帰として木桶(大桶)を地元の福島の人々で作るために
プロジェクトが発足されました。
将来的に、蔵の仕込みタンクは
全て木桶に変えていくことを目指されています。


木桶の活動をしていくうちに、
全国でも珍しくなっている現役の木桶職人・鴫原さんが
福島県内にいることを知り、
個人的に鴫原さんの元へ通うようになりました。
今では木桶を作りながら
70歳を超えて一人で仕事をする職人を支える活動をしています。
日本の桶屋の技の素晴らしさを発信し、
次世代に残すために自分がやるべき取り組みが分かってきたと
お話しを聞かせてくれました。

miso-ws_7.jpg

手しごとの木桶は日本の伝統文化ですが、
日本酒や味噌・醤油など醸造用の木桶仕込みは減少を続け、
現在は木桶による製造量は1%に満たないと言われています。

しかし本来は、木桶は発酵食品にはとても相性の良いもので、
仕込んでいくうちに麹菌も木桶に住みつきます。
特に人の身体には日常的に常在菌が存在しますが、
仕込みの際にそれぞれの人の手から移ります。
味噌がその家庭にしか醸せない風味に育っていくのは、そのためですね。
実際に、普及しているステンレスタンクやFRP桶などと比較して、
木桶仕込みでできた味噌には
各種の有機酸やアミノ酸がバランスよく多く含まれることが
エビデンスとして示されています。
また、木の香がやさしく香るのも木桶仕込みならではです。

そんな木桶を使って文化を守る一端を小さくとも担い、
食を支えるものを自前で造れたら…。
味噌仕込みを通じて、そんな想いと楽しさを
みなさんと共有できたらいいなと感じています。


◆参考
福島民友新聞 2019/12/25
『「木桶」使い元来の酒造り 自給自足酒蔵へ仁井田本家こだわる』
https://www.minyu-net.com/gourmet/sake/news/FM20191225-445642.php

・・・・・・・・・・・・・・・
【仕込みと材料のこと】

味噌仕込みは、十二ヵ月のご近所さん、
「おにぎりやさん」のさおりさんにご指導いただきます。

miso-ws_1.jpg

miso-ws_4.jpg

厳選した素材や調味料を使って
土鍋炊きしたおにぎりを販売されている
さおりさんが選んでくださった材料は、
西尾市西幡豆町の「みやもと糀店」さんの大豆と米麹。
無農薬・無化学堆肥で育てた自家農場の原料を中心に、
百姓の想いがつまった材料でつくる麹にこだわっている糀屋さんで、
発酵業界では話題の中心人物。
その安心安全な材料を使って、
やさしい仕込み方法とコツを教えていただきます。

miso-ws_2.jpg
*当日のおにぎりは
「白米塩むすび」に味噌を付けて召し上がっていただきます。


そして、仕込みの後には おにぎりを頬ばりながら、
翌年からお一人でも材料を揃えて仕込めるように、
配分のことや仕込み期間なども教えてもらいましょう。
木桶の特性、お手入れのお話もお伝えします。
毎年木桶を育てながら、
自分好みの味に調整できるようになるのが目標ですね。

miso-ws_5.jpg

そして、一年前に十二ヵ月店主が実際に仕込んで出来上がった
味噌作りの体験もお話しできたらと思います。
分かったこと、感じたことを、ぜひ共有させてください。


・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2024年1月21日(日)
   午前の部 10:00〜 / 午後の部 13:00〜
    (所要時間:2時間程度を予定)

会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回6名
費用:31,000円(税込)
   *4kg仕込み [ 杉木桶(蓋付)、材料、指導料、おにぎり1つ ] セット
   *道具類は全てご用意します。
   *お持ち帰り用の袋等をご持参ください。

 
・・・・・・・・・・・・・・・
【 申込方法 】 

(1)下記mailアドレスへ下記の内容をお送りください。
jyunikagetsu*gmail.com (*を@に入れ変えてください)

(2)参加費を振込み又はご来店にてお納めください。
 詳細は、受付メールにてご案内いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「木桶味噌仕込み ワークショプ」申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号:

・返信先emailアドレス:

・ご参加希望の部:午前の部 / 午後の部
 *可能な限りお答え下さっても助かります。

・ご希望人数:  名

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 受付後、 上記アドレスより返信を差し上げますので、
 受信設定などのご確認をお願いします。
 返信に少しお時間をいただく場合がございますが、
 承りのご連絡をもって受付完了となります。

*尚、当日に急遽欠席の方には、別途仕込みの機会を設けさせていただきます。
 十二ヵ月店主が担当いたします。
 
 
*お問合せ : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで





・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》

◆味噌の年間消費量は、一人当たり約4kgと言われています。
 今回は、初体験の方向けに作り易い4kgでの仕込みを設定し、
 木桶は5kg強の仕込みが可能なゆとりのあるサイズを選びました。
 もしも2kgでの仕込みをご希望の方がいらっしゃいましたら、
 個別にお問合せください。

◆木桶のみ購入希望の方は、個別にお問合せください。
 ・4kg仕込み(5kg用木桶) φ24×h28cm: 24,000円(税込)
 ・2kg仕込み(3kg用木桶) φ21×h23cm: 22,000円(税込)


・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》2024.01.10

予約状況のお知らせ

午前の部 10:00〜 満席
午後の部 13:00〜 満席


*木桶のみのご希望は、引き続き承り可能です。



【参加者募集】機織りws「ミニ ラグマットの会」

モノ人_web用ロゴ


「機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 ミニラグマットの会」
 *wool織り

2023. 11/25(土)、30(木)、12/2(土)、3(日)

参加者募集(PACEワークショップ経験者限定)

ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
日々を共にするモノへの理解・愛着を深めること。
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながるのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
シリーズで開催している機織りのワークショップ。
一年の締めくくりはお約束のウール糸で、
今回は初企画のラグマット制作です。

ws_PACE_ラグマット_1

横糸に使用するメインの糸は、
これまでに使用したことのない超極太スラブ糸
撚り感の甘いウールで
ふんわり&モコモコ感が特徴的。
極太ストレート糸を一緒に引き揃えて、
小さめのラグマットを織ります。

玄関やベッドサイド、椅子の足元を暖かく。
ソファや車のシートに敷いて、お尻も暖かく。
冬を愉しむためのインテリアアイテムを
オリジナル作品として制作してください。

今回はランチに、
ホットドッグセット(workshopスペシャル)付きでご用意します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【制作の概要】

ws_PACE_ラグマット_2

■基本の仕上り目標サイズ:縦38cm×幅60cm(フリンジ別)

*幅の延長オプション(+10cm、+20cm の2種類)をご用意しました。
 使用スペースに合わせてご選択ください。

・ウールの超極太スラブ糸と極太ストレート糸を引き揃えます。
・板杼に巻いたら厚手に織ります。
・織り終わったらフリンジの仕上げをします。
・縮絨方法をレクチャーしますので、ご家庭で行って完成です。

ws_PACE_機202310

■小型の機をお一人に1台用意します。

・・・・・・・・・・・・・・・
【緯糸(横糸)の選択】

ws_PACE_ラグマット-図
*画像を拡大してご覧いただけます。

■色分け配置図の(A) (B)に使用する糸を選んでください。

*それぞれ4色のスラブ糸から1色と、
 ストレート糸7色から1色を選んで組み合わせます。

*糸選択の締切は、11/5(日)までです。

*織り色の見本を十二ヵ月に置いておきます。
 実物を見て決めたい方は店頭でご覧ください。

■アクセントに挿せる糸を、当日ご用意しておきます。
 細いラインを入れるなどが可能です。

ws_PACE_ラグマット_糸0

ws_PACE_ラグマット_糸1

ws_PACE_ラグマット_糸2

ws_PACE_ラグマット_3
*例:(A)《スラブ》ホワイト×《ストレート》グリーン
   (B)《スラブ》ベージュ×《ストレート》スモークピンク


ws_PACE_ラグマット_4
*例:(A)《スラブ》グレー×《ストレート》ベージュ
   (B)《スラブ》ホワイト×《ストレート》グレー



・・・・・・・・・・・・・・・
 山田弘美 / PACE 
名古屋ファッション専門学校卒。
アパレルメーカー勤務、アパレルインディーズブランド「T.Y.T」設立などの後、
さをり通塾にて織りの基本を学ぶ。以降、独学にて作品制作を開始。
十二ヵ月にて個展、企画展、常設展示に出品。

・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2023年11/25(土)、30(木)、12/2(土)、3(日)
   10:00〜15:00頃終了予定
   ◆11/25(土)の追加開催が決まりました。

会場   : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員   : 各回4名(2名まで同時予約可能)
対象年齢 : 小学生以上
税込費用:基本料金 9,500円
     10cm追加 10,000円 / 20cm追加 10,500円

 *材料、制作、縫製代、昼食代を含む。
 *道具類は全てご用意します。
 *お持ち帰り用の袋等をご持参ください。


【 申込方法 】 
下記mailアドレスへ下記の内容をお送りください。

jyunikagetsu*gmail.com (*を@に入れ変えてください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ミニ ラグマットの会」申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号:

・返信先emailアドレス:

・ご希望日:第1希望(  )、第2希望(  )
 *可能な限りお答え下さっても助かります。

・ご希望人数:  名
 *同時申込みは2名まで可。

・オプション選択の有無:(無し/+10cm/+20cm)
 *2名でご予約の場合は、それぞれお答えください。

・糸の選択:(A)《スラブ》   ×《ストレート》
      (B)《スラブ》   ×《ストレート》

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。

*受付後、 上記アドレスより返信を差し上げますので、
 受信設定などのご確認をお願いします。
 返信に少しお時間をいただく場合がございますが、
 承りのご連絡をもって受付完了となります。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルはできません。
 急遽欠席の方には、作家制作の完成品とカフェでご利用可能な金券をお渡しします。
 お仕事等の理由による直前キャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みをお願いいたします。


*お問合せ : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】

2023.11.06  11:00 update

■11.25/土  残席1
■11.29/水  満席
■11.30/木  満席
■12.02/土  満席
■12.03/日  満席

*お申込み期限を過ぎていますが、
 新たに参加のご希望がありましたらお問合せください。

*満席となりました日は、
 引き続きキャンセル待ちのご希望をお受けします。
 メールでご連絡ください。



【参加者募集】機織りws「ランナー/ティーマットの会」

◆2023年9月1日(金)21:00より募集開始いたします。
 時刻前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


モノ人_web用ロゴ


「機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 ランナー/ティーマットの会」
 

2023.10.18/水, 19/木, 20/金, 21/土, 22/日
(初心者)10:00〜、(経験者)10:30〜


参加者募集 (対象:初心者〜)


ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
日々を共にするモノへの理解・愛着を深めること。
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながるのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
シリーズで開催しているPACEのワークショップ。
今回は、テーブルや家具の上で愉しめる
平面作品の制作を企画しました。

センターピースとして暮らしを彩る “ランナー”。
器とともにお茶の時間を彩る“ティマット”。

シンプルな平面作品は、手織りの織布が持つ
特色や味わいがダイレクトに伝わるモノになります。
色選び、糸選び、デザイン配色、
空間を想像しながら
思い思いの布を織ってください。

糸と糸の混じりや重なりで彩りが生まれる
織りの醍醐味を経験させてくれながら、
デザインの自由度が高い作品を完成できるのは、
このワークショップならでは。
織りの時間を存分にお愉しみください。


ws_pace_ランナー2023

ws_pace_ティマット2023
参考作品
*今回は3種類のサイズをご用意しましたが、
 ご参加経験の有無で選べる内容が異なります。

【仕上り目標サイズ / 料金(税込)】
[長さ80]=20×80cm・1枚制作 / 7,300円 (経験者のみ選択可)
[長さ60]=20×60cm・1枚制作 / 7,000円
[長さ30]=20×30cm・2枚制作 / 7,300円

*幅は共通で、いずれも20cmです。
*[長さ30]は、
 初心者は同じもので2枚制作、
 経験者は色違いで2枚制作可能 とします。

3ws_pace_ランナー2020_3
経糸(縦糸)
コットン糸 (ダークグレー:オフホワイト=2:3)
2色使いはデザイン性を更に豊かにします。

pace_ws_テーブルマットの会_4
緯糸(横糸)
コットン糸各色と変わり糸をご用意します。
敷きもの向きの糸も新たに追加されました。

トートバッグの会2020_1
制作の様子
小型の機(はた)をお一人に1台用意します。

《山田弘美 / PACE》
名古屋ファッション専門学校卒。
アパレルメーカー勤務、
アパレルインディーズブランド「T.Y.T」設立などの後、
さをり通塾にて織りの基本を学ぶ。
以降、独学にて作品制作を開始。
十二ヵ月にて個展、企画展、常設展示に出品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■経糸(縦糸)は、共通色として作家が糸掛けし用意しておきます。
 
1. デザイン(配色)を考え、緯糸(横糸)の色を選びます。
2. 糸の準備(糸巻き)をして織り始めます。
3. 織った布を機から外します。

*両端のミシン縫製は、織布を作家が持ち帰り行ないます。
 後日にご来店または発送(メール便¥385)にて完成品をお渡しします。
 (11/中旬予定。当日ご案内します。)
 縫製不要の方は、当日のお持ち帰りも可能です。
 織布を小物づくりの生地にされるなどでのご利用もどうぞ。

■軽食(ホットドッグセット)付き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2023年10月
   (1)18/水、(2)19/木、(3)20/金、(4)21/土、(5)22/日
   各日共 (初心者)10:00〜、(経験者)10:30〜
  (制作終了予定は15:00頃、個々に解散です。)

会場  :THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員  :各回4名(2名まで同時予約可能)
対象年齢:小学生以上
費用  :[長さ80] 7,300円 (経験者のみ選択可)
     [長さ60] 7,000円
     [長さ30] 7,300円
   *材料、制作、縫製代、軽食代を含む。(税込)
   *道具類は全てご用意します。
 
【 申込方法 】 
専用mailへ下記の内容をお送りください。

jyunikagetsu*gmail.com (*を@に入れ変えてください)

◆2023年9月1日(金)21:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みはキャンセル扱いになりますのでご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ランナー/ティーマットの会」申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス:

・ご希望日:第1希望(  )、第2希望(  )
 *可能な限りお答え下さっても助かります。

・ご希望人数:  名
 *同時申込みは2名まで可。

・ご参加経験 : 初心者 / 経験者
 *2名予約の場合は、それぞれお答えください。

・制作サイズ:(80 / 60 / 30)cm
 *80cmは経験者のみ選択可。
 *2名予約の場合は、それぞれお答えください。


・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。

*受付後、 上記アドレスより返信を差し上げますので、
 受信設定などのご確認をお願いします。
 返信に少しお時間をいただく場合がございますが、
 承りのご連絡をもって受付完了となります。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは原則できません。
(急遽欠席の方には、作家制作の完成品とカフェで利用可能な金券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前キャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みをお願いいたします。


*お問合せ : 052-321-1717 / 十二ヵ月・柿沼まで



・・・・・・・・・・・・・・・
【機織りワークショップについて】

PACEの機織りワークショップは、
難易度別に制作テーマを変えながら年間に3回程度の開催をしています。

毎年、晩秋から初冬に開催する
上級者向けのウール糸で制作の会(スヌード、クッションカバーなど)では
対象をこのワークショプシリーズ経験者に限定させていただきます。
参加をご検討くださる方は、事前に初心者対象の会にて
ご参加経歴を積んでくださいますようお願いします。

《機織りワークショップ過去開催の例》
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる マフラーの会』vol.2
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる テーブルマットの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる  ティッシュカバーの会』
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる コースターの会』



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】

2023.09.19  11:00 update

■10.18/水  満席
■10.19/木  満席
■10.20/金  満席
■10.21/土  満席
■10.22/日  満席

満席となりました日は、
引き続きキャンセル待ちのご希望をお受けします。
メールでご連絡ください。




【参加者募集】ボタニーペインティング w.s.・2023/8月

ボタニーws_タイトルロゴ

ボタニーペインティング
workshop


2023. 8. 27(日) 10:00〜

参加者募集



ボタニーws_1

ボタニーペインティング とは… 

自然植物の葉をパネルに貼り付けて彩色するアート。
絵の苦手意識を感じることなく、
どなたでも簡単に作品制作をしていただけます。

デジタルに囲まれた生活から離れ、
ヒーリング効果のあるアナログアートをお楽しみください。


十二ヵ月のワークショップ では…

ボタニーペインティング認定講師が主催して、
個室にて開催をいたします。
初心者でも失敗なく
アート作品を生むことのできるワークショップとして、
定期開催をして行かれる予定です。

ボタニーws_2

どなたでも手ぶらで始められ、
オリジナル作品をその日にお持ち帰りいただける
安心さと気楽さも嬉しいワークショップ。
制作後は、皆さんでふり返りながら
ティータイムをお愉しみいただける
スコーンセット付きです。

アートや造形美術がお好きな方も、
これまでは自信が持てなかった方も、
暮らしに彩りを挿すパネルを制作してみませんか。
絵画とは違って、ハードルが低いのも嬉しい要素です。
是非チャレンジしてみてください!


講師ご紹介

佐藤ユカ | Yuka Sato
・ボタニーペインティング認定講師
・苔テラリウムクリエイター

名古屋市を中心に各ワークショップを開催中。


・・・・・・・・・・・・・・・
【8月の制作概要 】

botany_202308_2.jpg
講師参考作品:パネルサイズ 227mm角

ボタニーペインティングの醍醐味とも言える、
着彩を施すパネル制作を行います。

botany_202308_1.jpg

葉っぱは自由にレイアウトしていただき、
白ベースの木パネルに貼っていきます。

今回の着彩は3色使いです。
お好みで選択できる2色 + シルバーで。

柔らかな光の反射効果で、涼しげに夏らしさを。

botany_202308_3.jpg

パネルサイズ:飾るスペースに合わせてご選択いただけます。
:410×410 mm
:227×227 mm

使用素材
:大…3枚、小…1枚 
インド菩提樹(スケルトンリーフ/白)…サイズに合わせた枚数をご用意


・・・・・・・・・・・・・・・
【 開催要項 】 

■日時 : 2023. 8. 27(日) 10:00〜
   (制作2.5h+ティータイム0.5hの予定)

■会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋

■定員 : 4-5名

■対象年齢 : 小学生以上

■費用:(227角) 9,500円 / (410角) 12,000円 (税込)
   *ケーキセット 付き
   *素材・画材・制作代 込み
   *道具類、使い捨てエプロン、お持帰り用袋 のご用意付き
   *手ぶらでご参加いただけます。


 
【 申込方法 】 

・mail:下記内容をコピペ&ご記入してお送りください。
・tel :営業時間中のみ電話受付をいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ボタニーペインティング ws・2023/8月』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス:

・ご希望サイズ:(227mm角 or 410mm角)

・ご希望人数:  名

・その他質問などございましたら:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望を伺います。
 受付内容の返信をもって予約完了となります。

※止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 準備の都合上、キャンセル期限は参加日の7日前といたします。

 急遽欠席の方には、作家が制作した作品と
 ケーキセット券をお渡しします。

 お仕事等の理由によるキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいませ。


◉メールでのお申し込みには、
 可否に関わらず下記アドレスより返信を差し上げます。
 今一度、受信許可設定をご確認ください。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故が疑われます。
 電話にてお問合せくださいますようお願いいたします。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)




【参加者募集】ボタニーペインティング w.s.・2023/7月

ボタニーws_タイトルロゴ

ボタニーペインティング
workshop


2023. 7. 16(日) 13:00〜15:00

参加者募集



ボタニーws_1

ボタニーペインティング とは… 

自然植物の葉をパネルに貼り付けて彩色するアート。
絵の苦手意識を感じることなく、
どなたでも簡単に作品制作をしていただけます。

デジタルに囲まれた生活から離れ、
ヒーリング効果のあるアナログアートをお楽しみください。


十二ヵ月のワークショップ では…

ボタニーペインティング認定講師が主催して、
個室にて開催をいたします。
初心者でも失敗なく
アート作品を生むことのできるワークショップとして、
定期開催をして行かれる予定です。

ボタニーws_2

どなたでも手ぶらで始められ、
オリジナル作品をその日にお持ち帰りいただける
安心さと気楽さも嬉しいワークショップ。
制作後は、皆さんでふり返りながら
ティータイムをお愉しみいただける
スコーンセット付きです。

アートや造形美術がお好きな方も、
これまでは自信が持てなかった方も、
暮らしに彩りを挿すパネルを制作してみませんか。
絵画とは違って、ハードルが低いのも嬉しい要素です。
是非チャレンジしてみてください!


講師ご紹介

佐藤ユカ | Yuka Sato
・ボタニーペインティング認定講師
・苔テラリウムクリエイター

名古屋市を中心に各ワークショップを開催中。


・・・・・・・・・・・・・・・
【7月の制作概要 】

ボタニーws_202307_1

葉の表情や葉脈をそのまま感じる、
自然素材の良さを生かした無着色のパネル制作を行います。
サイズは飾るスペースに合わせて2種類ご用意しました。

ボタニーws_202307_2

パネルサイズ
(大)400×400mm
(小)227×227mm

葉っぱを自由にレイアウトしてパネルに貼っていきます。

ボタニーws_202307_3

使用素材
蓮、インド菩提樹(スケルトンリーフ)
パネルサイズに合わせた枚数をご用意します。


■日時 : 2023. 7. 16(日) 13:00〜15:00
   (制作1-1.5h+ティータイム0.5hの予定)

■会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋

■定員 : 4-5名

■対象年齢 : 小学生以上

■費用:(小-227角) 6,000円 / (大-400角) 8,000円 (税込)
   *スコーンセット 付き
   *素材・画材・制作代 込み
   *道具類、使い捨てエプロン、お持帰り用袋 のご用意付き
   *手ぶらでご参加いただけます。


 
【 申込方法 】 

・mail:下記内容をコピペ&ご記入してお送りください。
・tel :営業時間中のみ電話受付をいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ボタニーペインティング ws・2023/7月』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス:

・ご希望サイズ:(227mm角 or 400mm角)

・ご希望人数:  名

・その他質問などございましたら:

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望を伺います。
 受付内容の返信をもって予約完了となります。

※止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 準備の都合上、キャンセル期限は参加日の7日前といたします。

 急遽欠席の方には、作家が制作した作品と
 スコーンセット券をお渡しします。

 お仕事等の理由によるキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいませ。


◉メールでのお申し込みには、
 可否に関わらず下記アドレスより返信を差し上げます。
 今一度、受信許可設定をご確認ください。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故が疑われます。
 電話にてお問合せくださいますようお願いいたします。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)




・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】

2023.06.08 15:20 up date

■残席1





【参加者募集】ワークショップ「くるみの板皿(鉄媒染)の会」

モノ人_web用ロゴ

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみの板皿(鉄媒染)の会』

 参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月24日(土)〜7月2日(日)に開催する
“筒井 則行 / icura exhibition”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

今年は、木を彫った後で染色をして仕上げる
黒いお皿の制作を初開催します。
おつまみ、お料理、お菓子にと多用途に愉しめて、
食べものの彩りを映えさせるスマートな板皿です。

■鉄媒染とは…
鉄媒染液の鉄成分を木地に染み込ませ着色することです。
木地の中のタンニン成分と反応して徐々に黒っぽく着色されます。
筒井さんが作品づくりのために検討を重ねてきたもので、
今回の個展では同じ板皿が作品として販売されます。

『くるみの板皿(鉄媒染)の会』と『くるみのお皿の会』
両方にご参加いただくことも可能です。


ws_icura_鉄媒染_0
サイズ :23cm×11cm(制作/完成イメージ)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
1. 作家の指導を受けながら、くるみの板を彫刻刀で彫ります。
ws_icura_鉄媒染_1


2. 酢に鉄を溶かした鉄媒染液を塗って、板皿を黒色に染めます。
ws_icura_鉄媒染_2


3. くるみオイルを塗って、完成です。
ws_icura_鉄媒染_3


*体験後は、ケーキセットをお愉しみください。
*ご自宅でもお皿を制作したい方には、追加で材料や作業板を販売します。
*過去に作ったお皿のメンテナンス相談も受け付けます。
 オイル塗りを行う場合は別途料金が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】
日程:2023年 7月
   (5) 1日/土  13:00〜
   (6) 2日/日  13:00〜
   (制作時間≒2h+ティータイムの予定)

会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:各回6名
対象年齢 : 小学生以上
費用:税込 4,800円
   *材料・制作費、ケーキセット代 込み
   *材料は当日お選びいただきます

*道具類は、全てご用意します。
*服装は、汚れても良い服装 もしくは エプロン持参などで。
 木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。
*給水用のお飲み物は、各自でご持参ください。



【 申込方法 】
・mail:下記の内容をお送りください。
・tel :営業時間中のみ電話受付をいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『くるみの板皿(鉄媒染)の会』
 申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・参加希望日:(5)〜(6)よりお選びください。複数の記載も歓迎します。

・参加希望人数:  名

・参加経験:初参加者 / 経験者(どちらかご選択ください)
 *「くるみのお皿の会」へのご参加経験でお答えください。

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいますようお願い申し上げます。


◉メールでのお申し込みには受付可否にかかわらず
 下記アドレスより返信を差し上げています。
 今一度、受信許可設定をご確認ください。
 携帯キャリアやhotmailのアドレスなどで
 不着のエラーが起きることがあるようです。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性があります。
 電話などでお問合せくださいますようお願いいたします。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】

2023.06.29 10:40 update

■1/土 満席
■2/日 空席1




【参加者募集】ワークショップ「くるみのお皿の会」vol.12

モノ人_web用ロゴ

『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる
 くるみのお皿の会』vol.12

 参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある思い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップでは、
そんな大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月24日(土)〜7月2日(日)に開催する
“筒井 則行 / icura exhibition”の期間中に、
木工家・筒井則行さんによるワークショップを開催します。

彫刻刀で木を彫ってつくるシンプルな作業が、
ものづくりの原点を感じさせてくれる、夏恒例のワークショップ。

初参加者は定番の角皿(食パンサイズ)までの大きさを、
経験者は大きなサイズも可能とします。
毎年ここで制作してくださっているリピーターさんは、
ご家族のための1枚を増やしたり、新しいサイズを増やしたり…。
楽しくお話ししながらの制作で、
木の器の使い方も知っていただく時間になっています。

『くるみのお皿の会』と『くるみの板皿(鉄媒染)の会』は
両方にご参加いただくことも可能です。


筒井ws2015_サンプル
左上 : 角皿 :16cm×16cm / その他 : ランダムサイズの皿(完成イメージ)

パン皿
角皿 : 16cm×16cm(完成イメージ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【木製食器について】
「小さな木づかいだけで じゅうぶんです」
これは、作家の筒井さんの言葉。
“木の食器”と言うと、漆塗りの碗や皿を想像されるでしょう。
水分を含みやすい、木の素材感をそのまま生かした器は、
「食べ物の汁などが染み込んでしまわないの?」
という声をよく耳にします。

確かに、木は吸水性が高いです。
でも、クルミの油、エゴマ油、オリーブ油などの
天然オイルを塗ってあげることで、
安心して日常にお使いいただけます。
また、使う度に食べ物の油分が染み込み、
丈夫さと色合いの深みを増していきます。
木は軽くて丈夫な素材です。
そして、やさしいモノです。
小さな気遣いだけで、末永く使うことができるのです。

焼きたてのパンを木皿にのせると、
余分な水分を吸ってくれるので美味しくいただけます。
ほかにも、揚げ物、炒め物、パスタなど、いろいろなものをのせて…。
心地よく毎日使って育てる木のお皿は、
“やさしい食の時間”をもたらしてくれます。


【 制作体験概要 】
1. ご希望のくるみの板を選択。
 パン皿_1

2. 作家の指導を受けながら、彫刻刀で彫る。
パン皿_2

3. 天然くるみ油を塗り、完成。
 パン皿_3

*体験後は、ケーキセットをお愉しみください。
*ご自宅でもお皿を制作したい方には、追加で材料や作業板を販売します。
*過去に作ったお皿のメンテナンス相談も受け付けます。
 オイル塗りを行う場合は別途料金が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】
日程:2023年6月
   (1)24日/土  13:00〜
   (2)25日/日  13:00〜
   (3)26日/月  13:00〜
   (4)29日/木  13:00〜
   (制作時間≒2h+ティータイムの予定)

会場:THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員:各回6名
対象年齢 : 小学生以上
費用:角皿制作:税込 4,800円
   ランダムサイズの皿制作:税込4,800円〜(サイズによる)
   *材料・制作費、ケーキセット代 込み
   *材料は当日お選びいただきます

*道具類は、全てご用意します。
*服装は、汚れても良い服装 もしくは エプロン持参などで。
 木屑が出ますので、目の荒いニットなどは不向きです。
*給水用のお飲み物は、各自でご持参ください。



【 申込方法 】
・mail:下記の内容をお送りください。
・tel :営業時間中のみ電話受付をいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『くるみのお皿の会 vol.12』
 申込フォーム

・お名前:

・ご住所: 〒

・お電話番号:

・参加希望日:(1)〜(4)よりお選びください。複数の記載も歓迎します。

・参加希望人数:  名

・参加経験:初参加者 / 経験者(どちらかご選択ください)

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。

*止むを得ない事情によりキャンセルされる場合は、
 速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作した完成品とケーキセット券をお渡しします。)
 また、お仕事等の理由による直前のキャンセルのございません様、
 予定をご考慮の上お申込みくださいますようお願い申し上げます。


◉メールでのお申し込みには受付可否にかかわらず
 下記アドレスより返信を差し上げています。
 今一度、受信許可設定をご確認ください。
 携帯キャリアやhotmailのアドレスなどで
 不着のエラーが起きることがあるようです。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性があります。
 電話などでお問合せくださいますようお願いいたします。


◆お申込みは
 tel : 052-321-1717
 予約専用mail : jyunikagetsu*gmail.com

         (*を@に入れ変えてください)



・・・・・・・・・・・・・・・
【予約状況のご案内】

2023.06.27 08:35 up date

■24/土 空席1
■25/日 空席1
■26/月 空席1
■29/木 満席