至学館大学 女子レスリング部へ お餅つき&納品に

昨日の1月6日は、
至学館大学(愛知) 女子レスリング部へご招待いただき、
餅つきへの参加と作品の納品に行ってまいりました。

様子を少しご報告します。

至学館餅つき_2
吉田沙保里 選手兼コーチ(副学長)

多くの金メダリストを輩出している
女子レスリング部の新寮が2016年末に完成し、
そのお披露目を兼ねた餅つき大会でした。
栄監督に続いて、世界でご活躍の選手たちが次々にお餅をつき、
選手・学生のみなさんで振る舞ってくださいました。

至学館餅つき_1
(左から)土性沙羅選手、栄和人監督、陶芸家・後藤耕一さん、
谷岡郁子理事長兼学長、川井梨紗子選手


そして、十二ヵ月は陶芸家・後藤耕一さんと作品の納品を。
昨秋の個展に出展された“Cosmic blue 大皿”を
谷岡学長から寮の選手みなさんへプレゼントされました。
早速ついたお餅をのせて…。

至学館餅つき_3

「ビッグバンみたいなこの大皿のように、
至学館のビッグバンを選手たちが起してくれるようにと思っています。」と
学長からの想いを込めた贈りものでした。
それに応える力持ちの金メダリストたちも、
さすがにこのお皿を持つ手は恐々です。

そして、選手の大切な身体を預かる寮の職員さんからは、
「モノや人を大切にできる子は強くなります。そう教えています。
この大事な器で食事をして、みんな強くなってくれるでしょう。」
そんな素敵な言葉もお聞きしました。
後藤さんの個展を開催した意味も含めて
「大事な器で」と言ってくださいました。

選手、スタッフ全ての方が
この精神を分かち合っていらっしゃるのは、
みなさんの様子を拝見しているとよくわかります。
ですから、至学館のレスリングは強いのですね。


当店と女子レスリング部とのご縁は、
初めてオリンピック正式種目となったアテネ大会以前に遡ります。

まだマイナースポーツで大きな支援もない時代に、
親元を離れて頑張る少女の選手たちを支えていらっしゃったのは、
スタッフのみなさんや学生、そして学長でした。
苦しい練習の合間の食事くらいはせめて楽しく美味しくと、
工芸に造詣の深い学長は、
選手たちに器を選んで贈っていらっしゃいました。
毎日美味しい食事ばかりではありません。
減量のための食事、増量のための食事、
辛い練習の後の食事はきっと喉を通らないこともあるでしょう。
それを少しでも気分から美味しく…と、まるで親心ですね。

そして、至学館在学中に世界を極めた選手に贈られる
「吉田賞」のトロフィーも当店で制作させていただいております。
リオ五輪での金メダリストたちにもこの春にお届けすることになりそうです。
モノをつくる作家たちの想いも届き、
ますます強くなり世界でご活躍いただけることでしょう。

東京オリンピックへ向けての始まりの年、
わたしたちももっと応援できることを見つけていきたいと感じた日でした。




1000歳記念の夫婦茶碗

◆はじめに…
この記事は、2016年4月に書きかけていたものです。
4月14日の熊本地震の発生より間もなく2ヶ月が経つことから、
文章の一部に手を加え、公開させていただくことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月下旬に、とても素敵な記念品制作の
お手伝いをさせていただきました。

“1000歳記念”の夫婦茶碗 / 工藤 工 作

“1000歳”とは、7組のご夫婦、14名の年齢を合わせた数字。
14名は、九州にお住まいの7名の兄弟姉妹と、
そのご主人や奥さま方です。
合計1000歳になる日はたったの数日間。
その日をねらって催されたお祝旅行には、
子供さんやお孫さんまでご一緒され、
仲良く楽しくお祝の会が開催されたそうです。

工藤_千歳の会_2

その席時上で子供さん一同から記念品として贈られたのが、
ご相談を受け、制作させていただいたこの夫婦茶碗。
漢字の「千」が呉須で書かれています。
美濃焼伝統工芸士・工藤工さんに制作していただきました。

毎日使い、食に欠かすことのできない飯碗。
このような器を贈ることには、
健康や長寿を祈念する意味も込められます。
「食は命なり」と申しますから。

工藤_千歳の会_1

14名が全員揃って1000歳の日を迎えられるだけでも
本当に素晴らしいことだと思いました。
そして、子供さん、お孫さんまで、総勢数十名が
九州以外の各地からも集まる仲睦まじさも…。

みなさまは、日ごろから年に何度も団体旅行をされている
とても仲の良いご家族、ご親戚なのだそうで、
今回のコーディネートをさせていただき、
しあわせな気持ちをお裾分けいただきました。
きっとこの先も忘れられないご依頼になりそうです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆最後に…
この7組のご夫婦の中には、
震度7を観測した熊本県益城町にお住まいで家が全壊してしまった方など、
今も避難生活を余儀なくされている方、
被災による多くのご苦労を背負われている方が
いらっしゃるとお聞きしています。
このようなしあわせの記憶が、みなさまの心の支えや、
これからの応援となってくれることを願っております。


改めまして、この震災により亡くなられた方々や
ご家族のみなさまに哀悼の意を捧げ、
被災されたみなさまに一日も早く平穏の日常が戻りますことを
お祈り申し上げます。





加藤郁子 タビックス+ノンスリップ加工

昨年12月の「冬のあたたかいもの」で受注しました
レース&ニット作家・加藤郁子さんの作品を次々納品しています。

その中からこの作品をご紹介します。

加藤_タビックス2016
〈加藤郁子 / タビックス :税別4,000円〜〉


足袋型ソックスの “タビックス” は
下駄や草履を履く機会の多い方にはもちろんのこと、
実はご年配の方にご好評です。
足の指が二股に分かれることで温かさが増し、
更に良いのは、指先に力が入りやすくなるため、
足元の力が弱まっているお歳の方でも
歩行が幾分楽になるとのお声をいただきました。

ただ、樹脂塗装がかかったフローリング上などでは
力の無い方の場合にはウールのソックスは滑り易くなる場合もあり、
そのことが一つ懸念材料でした。

そこで、この冬からノンスリップ加工を受注開始しています。
ソックス用のため、薄くて程よい止まり具合。
全5色(黒、黄、緑、青、赤)で、
お時間をいただければ、過去のご購入品にも後加工を承ります。

加藤_ノンスリップ
〈加藤郁子 / ソックス用ノンスリップ加工 :税別350円〉

このシートはドイツから届くそうですが、
さすが編み物の盛んな国ですね。
ソックヤーン(靴下専用糸)だけでなく
楽しさと実用を備えた材料が豊富です。

暖冬と言えども寒い日はまだ続きます。
お好きな糸とデザインで編んでいただく加藤さんのソックスは
まだまだ大活躍の季節です。



◆加藤さんのソックスについては、過去の記事でも詳しくどうぞ。
→glog内検索“ソックス




野田里美・古樹角皿の引き出物

陶芸家・野田里美さん古樹角皿をセットにして、
ご結婚の引き出物、内祝にご用意させていただきました。

古樹角皿引き出物_1

月日を積み重ねた古木の風情を感じさせる“古樹”シリーズ。
これからお二人で人生を積み重ねていく門出のお品として、
とても素敵で相応しい器をお選びいただきました。

古樹角皿引き出物_2

野田里美さんの古樹は、4月3日(金)から開催の個展
「磁器の表現 2015」にも出展予定です。
ぜひご覧くださいませ。




加藤郁子・タビックス納品

この冬は、加藤郁子さん手編みのソックス
たくさんお届けさせていただきました。

1足を編むのに、この丁寧なお仕事振りでは
とてもたくさんの時間を要します。
店頭に展示できるものまでは手が回らない程で、
今季は受注制作を中心に展開しました。

少し前になりますが、こんなソックスも納品しました。
つま先が足袋状になった“タビックス”。
お洒落に下駄履きを楽まれる方への贈りものだとか。

タビックス納品2014冬

そろそろ春めいてきました。
受注分の制作が終わりましたら、
今度は春〜夏糸のソックスをご紹介したいと思っています。

冬物をご希望の方は、お急ぎくださいね。




水野正美・銅のミルクパン

金属工芸作家・水野正美さん銅のミルクパンは、
彼の作品の中も定番中の定番。

たびたび納品させていただいていますが、
大中小が久し振りに揃いました。
並んだ姿が何とも愛らしかったので、
思わずシャッターを…。

水野ミルクパン大中小
〈水野正美 ミルクパン〉
大(特注) / 約 φ180×H80 : 29,160円
中     / 約 φ160×H65 : 19,440円
小     / 約 φ140×H60 : 17,280円



ただ今店頭では、
小と中の現物が手に取ってご覧いただけます。

こちらでも扱っております。
Online site “水野正美・ミルクパン”




sachi 革のオーダー・長財布とメガネケース

革作家・sachiさんにフルオーダー制作していただいた
長財布とメガネケースを納品しました。


革小物の中でも、財布ほど使う人を納得させるのが
難しいものはないと言います。
sachiさんは、定番としてつくる財布を
敢えて極少数にしています。
人によって要求する内容が大きく違うため、
収納力、機能、形、デザインの要望を網羅して、
その方のためだけの財布を作った方が良いと考えているからです。

sachiパイソン長財布_1
フルオーダー / 長財布(パイソン・牛革)

お客さまと作家、双方の思いが
見事にカタチとなった財布が仕上がりました。
以前にお納品した、がま口ポシェットとお揃いの長財布です。
同じパイソン(ニシキヘビ)の革を使用しました。

sachiパイソン長財布_2

見ていただきたいのは、収納力と機能。
ご依頼主が常に持ち歩いていらっしゃった
2つの大きな財布の能力を集約しました。

まず、表面には小銭入れを。
容量に合わせてマチが開き、
フラップ(蓋)の閉まりしろもずらせるよう、
ダブルホックにしてあります。

sachiパイソン長財布_3

裏面には、ちょっとした物入れを。
切符や券、メモなどを入れることを想定。
これは取り出し易いように片マチ付で。

sachiパイソン長財布_4

そして本体は、この充実ぶり。
札入れスペース4箇所、ファスナー付きスペース、
カード入れも両サイドに。

安価な財布は、収納の機能が充実しているように見えても、
実際にお金ややカード類を入れるとファスナーが閉まらない、
高機能ゆえに財布自体が重くなる、
ということが有るそうですが、もちろん全てクリア。

これらは、革ものの製図〜縫製まで
全ての知識と技術に長けていないとつくれないものです。
財布はメーカーやブランドによって
独自の製法技術があると言われます。
あらゆるものを研究している作家の力が発揮された一品です。


sachiメガネケース猫
フルオーダー / メガネケース(牛革・毛皮・ムートン)

最後に、かわいい小物を。

お客さまの愛猫をデザインしたメガネケース。
黒猫の部分は、子牛の毛皮を使用して雰囲気を出しています。

sachiメガネケース猫_2

お客さまのアイデアで、内側にはムートンを。
こうすると、メガネレンズの保護になります。

デザインのくり抜きは、クマや犬など動物、
花や蝶なども可能です。
思い入れのあるものを取り入れてもらうと、
オリジナリティが深まりますね。


革を使ってのフルオーダーは、
革サンプルから材料を選び、進めていきます。
常時対応しておりますが、
仕上りまでにお時間を要しますので、
季節ものは早目にご相談ください。