コスタリカ エルバス エル・レオンシオ ブラックハニー

新しいコーヒーのローストをはじめました。

トップ・スペシャルティコーヒー
コスタリカ エルバス エル・レオンシオ ブラックハニー

焙煎中から「甘い香りがする」と声があがるコーヒーです。

ブラックハニー

2012年 COE2位。
COE=“Cup of Excellence”
その年に生産された最高のコーヒーにのみ与えられる称号。


コスタリカ・コーヒーの顔となっている“ハニーコーヒー”は、
精製過程での洗浄の際に果肉の粘質を何割か残す半水洗式がとられていますが、
コスタリカではこの方式を“ハニープロセス”と呼びます。
ブラックハニー、レッドハニー、イエローハニーとある中で、
粘質の層が厚いほど甘さがあるコーヒーができます。

ブラックハニーは、粘質をほぼそのまま残し乾燥されたもの。
甘く華やかな香りと味わいが際立ちます。
柔かな酸味もあり滑らかな質感で、
非常にバランスのとれたコーヒーです。

この農園は、COE上位農園が集まる良質なコーヒー生産地として有名な
ウェストバレーの標高1500mに位置します。
エルバスは、生産者自身で小規模なウェットミル(洗浄乾燥施設)を作り、
栽培から水洗処理、乾燥まで一貫管理して
きめ細かな対応で高品質なコーヒーをつくるという
「マイクロミル(小さなウエットミル)」の考え方を生んだパイオニア。
小規模だから可能な生産品質管理のフィードバックを繰り返し、
品質向上ベースの綿密なコーヒーづくりが行なわれるようになりました。




更に上質のイルガチョフ

自家焙煎の“エチオピア イルガチョフ ナチュラル G1”が
更にハイクオリティーのトップ・スペシャルティコーヒーに変わりました。

トップ・スペシャルティコーヒーとは
コーヒーの品質をピラミッド状にランク分けした中で、
スペシャルティコーヒーの更に上をいくランク。
その年に生産された最高のコーヒーにのみ与えられる
“Cup of Excellence”の称号をもつレベルのコーヒーです。

イルガチョフtsp

十二ヵ月のスペシャルティコーヒーの中で
香り・味わいともに独特の個性を放つ、人気の高いコーヒー。
改めてご紹介を…。

豆の品種はモカ・シダモと同じですが、
産出地区シダモの中でもイルガチョフ村産の
スペシャルティコーヒーのみがこの名称で呼ばれます。
本来の生育状態を再現する自然農法で生産され、
国内最高傑作とされます。
熟した実を天日乾燥させているため、
個性的な濃いコクと甘味、香味が楽しめます。
独特のすっきりとした酸味と甘味はフルーツや赤ワインに例えられ、
コーヒーが果実であることを実感させられます。

コーヒーは焙煎具合によって、香りや味わいに違いが生まれます。
このイルガチョフもロースター(焙煎する人)によって
まるで違う品種のように感じられることも。
十二ヵ月では、主に2つの特徴を表現したいと思っています。

1つ目に、果実味を感じられる酸味。
コーヒーの酸味が苦手と仰る方も多いのですが、
酸味の概念が変わるのではないでしょうか。
実は、コーヒー本来の酸味を誤解していらっしゃる方も多いので…。

2つ目に、ほかのコーヒーとは比較することのできない優雅な香り。
ワインや洋酒を楽しむような気分で選びたいコーヒーだと感じています。
葉巻が好きな方などにも好まれています。


最近ではコーヒーの個性を比較しながら、中には毎回メモを残される方も…。
店主とのお話しに花が咲いてくださるお客さまも増えて、
それもまた嬉しい日常の一コマとなっています。



【コーヒー豆販売しています】
豆のままお持ち帰りの場合はその場での焙煎もできますが、
状況によってはお待ちいただくことがあります。
また、粉に挽くことをご希望の場合は、
豆の種類によって焙煎から数日寝かせる必要があります。
事前にご連絡いただけましたら、
待ち時間なく確実にお渡しできるようにご用意しています。

tel&fax:052-321-1717
E-mail:info@jyunikagetsu.com




矢野きよ実 お年玉袋・2016申

矢野きよ実さんが手書きでつくられているお年玉袋
2016年用が入荷しています。

お年玉袋_2016
〈矢野きよ実 作 / おとし玉袋 : 小 378円、大 1,080円〉

テレビやラジオなどでお馴染みのタレント・矢野きよ実さんは、
霄花(しょうか)の書名で活躍される書家でもあります。

来年は申年。
色とりどりの和紙で1枚ずつ手づくりされた袋に
カラーの水引がアクセントになっています。
お祝の気持ちをやさしい書が引き立ててくれますね。

今年は申以外の柄の袋や、
大人用に祝儀袋サイズのものもつくっていただきました。
これならば札を折らずに入れられます。


発送も承ります。送料180円。
郵便局のスマートレター(ポストへのお届け)利用です。

■お問合せは下記まで
mail : info@jyunikagetsu.com
tel :  052-321-1717




年末年始営業スケジュール 2015-16

《2015.12.21更新》

日頃は十二ヵ月をご愛顧いただき、ありがとうございます。

2015年も終わりが近づいてきました。
年末年始も無休で営業いたしますが、
営業時間が一部変則となりますのでお気を付けくださいませ。

スタッフ一同、みなさまのご来店をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月8日/火…18:00にて閉店(企画展準備のため)

12月19日/土…カフェ営業のみ18:00にて終了(貸切り営業のため)
12月28日/月…17:00にて閉店(店内メンテナンスのため)
12月30日/水…18:00にて閉店(貸切り営業のため)

12月31日/木〜1月3日/日…11:00〜18:00にて営業
◆1月4日/月より平常営業


【年末年始の発送】
年内の最終発送は12月26日(月)。
但し、年内配達での承りは、お届け地域により締切日が異なります。
個別にご返答いたしますので、お気軽にお問合せください。
1月5日(火)から通常体制になります。

【Online shopの業務】
引き続きお買い物をお楽しみいただけますが、
12月28日(月)〜1月3日(日)の間は
ご連絡業務をお休みさせていただきます。
この間の受注などのご返信は1月4日(月)以降となります。
お急ぎのご質問などは、直接お電話くださいませ。


■個室のご予約、お問合せは下記まで

mail : info@jyunikagetsu.com
tel :  052-321-1717




OIGEN/及源鋳造 クックトップ

企画展「冬のあたたかいもの」から、
たくさんご質問をいただく、こちらをご案内します。

南部鉄器・及源鋳造さんの
蓋付鉄鍋のシリーズ“クックトップ”は、
いわゆるホームユースのダッチオーブンですが、
ダッチオーブン本来の使い方である炭を載せて使うための商品が
ダッチオーブン”という品名シリーズで別で展開されているため、
当店ではクックトップは“キッチンオーブン”として
区別して紹介していきたいと思っています。

ダッチオーブン = 蓋に炭を載せて使う蓋付鉄鍋。アウトドアなどに。
キッチンオーブン = キッチンで使うことを主目的とした蓋付鉄鍋。

冬のあたたかいもの_及源_3

“クックトップ”は、40以上も前に誕生した名品シリーズです。
デザインはクラフトデザイナーの廣瀬慎氏。
長い時間を経ても色褪せないシンプルモダンなその姿に、
一目惚れされる方も多いです。
最小サイズの15cmの鍋以外には開閉自在な蒸気調整用の穴があり、
これがデザインの特徴にもなっています。

当時の伝統的な南部鉄器の中で、
この鍋がどれほどの異彩を放っていたのか容易に想像できます。
これを商品化させたことも及源さんの
時代にフィットする鉄器を…という姿勢の表れだったのでしょう。

しかし、とてもモダンに見えるこの姿も、
海外ではとても「日本らしい」と言われるのだと聞きました。
日本文化で育ち、大切にする人たちの手からつくられたモノですから、
日本ならではのフォルム、美意識がそこに生まれるのですね。

適度な重量のある蓋で密閉され、
輻射熱(直接伝わる熱)や蓄熱効率の良さと相まって、
コトコト煮込む、ふっくら炊く、パリッと焼く、
さまざまな調理に機能性の高さを発揮することが認められ、
レストラン、ビストロなど
プロが飲食店で使いたい鍋として人気が高まっています。

また、この“クックトップ”は時代の変化に添って、
今では直火、IH両方での使用に対応しています。
家庭用としては申し分ありませんね。

100年使えるサスティナブルな及源鋳造の南部鉄器。
今後も店主の目で選んだ実用性の高いモノを
常設でもセレクトして扱ってまいります。




「冬のあたたかいもの」より〜加藤郁子

「冬のあたたかいもの」

2015.12.9 /水 ー12.20 /日



会期は明日までとなりました。
お陰さまで好評につき作品が少なくなっておりますが、
最後にこの作家のご紹介を…。

加藤郁子 / レース・ニット作家
愛知県名古屋市在住。
手芸普及協会講師。
ニット作家・桑田路子に師事。
タティングレース講師、レース・ニット作家として活動中。

冬の温かいもの_加藤_DM

毎シーズン進化し続ける加藤さんのニット作品。
この数年試行錯誤を続けてきた質の高い技法で、
編みの面白さを見せてくれています。

今回は、凝った編みの作品が多いため、
編み目を生かすシンプルな彩りの上質糸が多数使われています。
DM画像は、暖かな陽だまりを意識して…。

冬の温かいもの_加藤_1

楽しい彩りのリストウォーマー
近年人気の高い冬のアイテム。
オシャレに&仕事時に、2wayで楽しめます。
小さな作品一つにも、作家として質の高い仕事を目指しています。

冬の温かいもの_加藤_2

ネックウォーマーは、肌に当たる心地を特に大切に。
アンゴラやアルパカなど上質の柔らかい糸が使われています。
さまざまなアイデアの利いたデザインで、
冬の装いに楽しさをプラスします。

冬の温かいもの_加藤_3

加藤さんのニットと言えば、冬の定番となっているソックス
とても強い靴下専用糸=ソックヤーンを使用しています。
編み上がりの模様が楽しい染めになているのも特徴。
世界中のレシピを解読しながら、
履き心地にこだわったレシピを追求されています。

今回も完成品のほか、糸もたくさん用意して
お好みの糸からご希望のサイズ、編み方でオーダーを承っております。

ソックスから始まった加藤さんの冬用ニット作品は、
年を追うごとにアイテムも編みの技法も増えてきました。
小さな作品にも決して簡単な編みは無く、
こんな編み方があるのかと、驚きの声が多く聞かれます。
美しく、手仕事のあたたかさを感じる作品たち。
いずれも手の込んだ仕事ぶりに頭の下がる思いです。







「冬のあたたかいもの」より〜及源鋳造

「冬のあたたかいもの」

2015.12.9 /水 ー12.20 /日



冬らしい寒い日々がやってきました。
本日は、あたたかい食を演出するこちらをご紹介…。

OIGEN | 及源鋳造 / 南部鉄器
世界遺産・平泉の文化圏である岩手県奥州市水沢区に在る南部鉄器メーカー。
この地の鉄器の歴史は、奥州藤原氏が栄えた1960年頃に遡り、嘉永5年創業。
鍋釜の鋳造を主に担う「鍋屋」としての及川源十郎鋳造所を経て法人化へ。
現在は、伝統文化の継承に力を注ぎながらも新技術を開発し、
現代の感性にフィットした鉄器を生むメーカーとして
世界から賞讃と注目を集めている。

冬のあたたかいもの_及源_2

DM画像は、“k.i.w.a”(キワ)より“potsu-potsu”。
デザイン:幸山佳史

「あなたは何に見立てますか?」

日本の鉄器の新しい可能性に挑戦する先鋭的なブランド=“k.i.w.a”(キワ)は、
日常をアートシチュエーションに誘い、
用途も機能も自由に使う人のアイデアや楽しさを引き出していくシリーズ。
車に例えると、コンセプトカーの意味合いと捉えられます。
ニューヨーク国際ギフトフェア、アンビエンテ・フランクフルト国際見本市に出展。
アンビエンテではトレンド2013に選出されています。

及源鋳造の自社受注販売のみにて限定取扱いされるこのシリーズの
展示と取扱い許可を今回特別にいただきました。
他でご覧いただけることのない“k.i.w.a”にもご注目ください。

“キワ”の名は、時代のキワ、尖っている、エッジが立っているという意味を内包しています。


冬のあたたかいもの_及源5

欧州やアジアでのブームから国内でも再評価され、
人気の高まっている鉄瓶鉄急須

海外ではカラー塗装されたものが多く流通していますが、
これはテーブルをカラーコーディネートする習慣があるため。
当店では、陰影により表面の細やかな表情が際立つ
伝統の漆やカュー塗装による黒い鉄器に拘っていきたいと考えています。

表面の細かな凹凸模様は、鋳型を成形する時に使う川砂の痕。
表面の肌模様が美しく、薄づくりの高い技術は日本だけのものと言われますが、
これは上質な砂の恩恵に依るものだとか。
北上川の上質な川砂と粘土、北上山地の砂鉄がこの地に合ったからこそ
水沢に南部鉄器が発展してきたのです。

冬のあたたかいもの_及源_3

発売から40年経っても褪せることのない、
モダンな蓋付き鍋の“クックトップ”。
デザイン:廣瀬慎

及源鋳造さんの鉄器の取扱い開始に当たり、
全商品を手に取り、サイズや重量感を確かめた上で
家庭で楽しく実用いただけるものを選びました。

その中で、程よい重量の鉄蓋が有ることにより
圧力鍋に近い効果が得られるこの鍋は煮込み料理などに大活躍。
活用度の高いサイズもおすすめ理由の一つです。
深形でスープ、シチューを。浅形でお魚やお肉を焼いて。
お芋などは無水でこんがりホクホクに焼き上がります。
調理した料理を鍋ごと食卓へ運べば、
長時間アツアツが楽しめて何よりのご馳走気分です。

冬のあたたかいもの_及源_4

取手が取り外し可能な“焼き焼きグリル”は鉄板皿。
お魚やお肉をグリルやオーデンで焼き、そのまま食卓へ。
現代の暮らしを楽しむためのアイデア商品です。

家族構成やお好みの調理方法に合わせて
豊富なサイズ展開から選べます。

タミパン_1

タミパン_2

直火でパンやケーキが焼ける“タミパンクラシック”は、
先日からお伝えの通り、店主もすっかりハマる楽しいパン焼き器。
現在100歳のタミさんが戦後に
「子供たちにお腹いっぱいパンを食べさせてあげたい」と言って
パンを焼いていたジュラルミン製の器を南部鉄器で復元したものです。

外はこんがり、中はもっちりと。
ご希望の方には簡単に美味しくパンが焼ける楽しさを、
店主のレシピと一緒にお教えしています。



南部鉄器の取扱いをはじめてから、
使用方法やメンテナンスについてのご質問を多くいただきます。
「家にある鉄瓶が錆びていて…」という声が最も多いのですが、
鉄瓶は内側を洗わない(擦らない)ことが鉄則だとご存知でしたか?
実は知らない方が多い南部鉄器の取扱い方や使う楽しさのポイントも
しっかりとお伝えしていきたいと思っています。
どうぞお気軽にお声掛けください。