グアテマラ エル・インヘルト ブルボン

グアテマラNo.1と言われるコーヒーを提供しはじめました。

トップ・スペシャルティコーヒー
グアテマラ エル・インヘルト ブルボン

コーヒーファンには余りにも有名なエル・インヘルト農園産から、
注目度の高まっているクラシックなこのコーヒーを。

ブルボン

このコーヒーを知っていただくためには、
品種について説明しなければなりません。
少し難しく感じられるかもしれませんが、掻い摘んで…。

“ブルボン”は、世界で飲まれているコーヒーの中で
とても原種に近い品種のコーヒーです。

世界で栽培消費される2大品種の内の一つである“アラビカ種”の亜種で、
同じアラビカ種の亜種の“ティピカ”からの突然変異で生まれました。
ティピカ種とブルボン種は、
アラビカ種の中で原種に最も近い品種のため“2大原品種”と呼ばれ、
現在消費されている大方の豆(約70種)のルーツになっています。
おいしいコーヒーのどの品種も先祖を辿れば、
この2品種に行き着くと言っても過言ではありません。
ブルボンを先祖に持つコーヒーは、モカやパカマラなどがあり、
当店のブラックハニー(カトゥアイ)
レッドハニー(ブルボン、カトゥーラ)もこの系統です。

長いコーヒー栽培の歴史の中で、
アラビカ種は世界の行く先々で突然変異や人工交配により
品種を増やしながら広まりましたが、
原種に近いブルボンの味わいは、
誰もがイメージする「コーヒーらしいコーヒー」だと言えるでしょう。
熟度の高い甘味をもつ、まろやかなコーヒー。
明るい酸味も印象的です。
隔年でしか収穫できず、生産の困難さから産出量が少ないため、
希少なコーヒーの一つとなっています。

このブルボンは、エル・インヘルト農園産であることも特記しておきます。
COE(※)上位農園が多数存在し優良なコーヒーの産地として名高い、
ウエウエテナンゴ・リベルタ地区の農園の中でも、
エル・インヘルトは、COE連続受賞、優勝は過去10年に7度と、
圧倒的な実績の名門農園です。

コーヒー豆の生産から精選、脱穀、輸出の施設を全て備え、
生豆を一貫して自社管理している類まれな農園ですが、
コーヒーの焙煎と直営販売も行なうことで、
品質や味わいの研究を生産へ還元させている徹底ぶりです。

ジャングルの中に存在するこの巨大農園オーナーのアギーレ氏は、
100万本を越える樹々の健康チェックを
自ら1本ずつ全て行なうことで知られています。
コーヒー生産をあらゆる幸せに繋げる姿勢は、
自然との共生、地域経済や衣食住、託児、就学の環境整備などに至り、
これが特別な農園としての評価の一つになっています。



※COE=“Cup of Excellence”
最高品質のコーヒーにのみ与えられる、栄誉ある称号。
生産国ごとに非常に厳しい審査会を経て、
その年に生産された最高のコーヒーに対して与えられます。





後藤耕一 展より “いろいろの釉”

後藤耕一 展
ー 陶芸家として生きた証し ー

2016.10.15/sat ー 25/tue



いよいよ最終日になりました。
後藤さんに会いにきてくださる方、
後藤さんの器に会いにきてくださる方でいっぱいの毎日。
本日も既に作家在廊中です。

後藤耕一作品と言えば “Cosmic blue” “Sky mat”が名刺代りですが、
改めて一つ一つの成り立ちをお訊きしながら
歴代の作風も眺められることこそ、
この回顧展の豊かさだと感じています。

本日は、いろいろの釉、作風の作品を…。

後藤耕一展_8

初期の頃に、常滑の土、信楽の土などを使って
焼かれていた“練り込み”。
1996年に開業した十二ヵ月では、
かつて見たことのない作品でした。

後藤耕一展_9

練り込みの器の中は
青い“Cosmic blue”で仕上げられていて、
後藤耕一らしさを垣間見ます。
土の色と宙(そら)の色との対比が
別のもののようでありながら、
やはり溶け込んでいて…。

後藤耕一展_11

中期の“灰釉窯変”の器。
土を焼くということの豊かさを
感じさせてくれる作品が数多い時代でしたね。

後藤耕一展_12

後期に数多く制作された
やわらかなフォルムと印象の“白土”のシリーズ。
黒や青を中心とした後藤作品を
お互いに映えさせる器たち。

後藤耕一展_10

後期の“白化粧”を施した“灰釉”の器。
白化粧が焼成により縮み、景色をつくっています。
初期のCosmic blueにも見られる表情です。

後藤耕一展_13

後期の“灰釉”。
窖窯(あながま)で焼かれたものです。
薪を焼べて焼かれる器らしい
色の変化、渋みが味わいをつくっています。




後藤耕一 展より〜中日新聞・夕刊に掲載されました

blogでのご紹介が遅くなりました。

2016年10月18日の中日新聞・夕刊に
現在当ギャラリーにて個展を開催中の
後藤耕一さんの記事が掲載されました。


後藤耕一 展
ー 陶芸家として生きた証し ー

2016.10.15/sat ー 25/tue


内容は→ 【予告】後藤耕一 展・ー陶芸家として生きた証しー


後藤_中日新聞

初日からたくさんの方が足をお運びくださっています。
十数年来のファンの方、
ひと目見てファンになられた方、
旧知の知人のみなさん、
それから、同じようなご経験を抱えられていて
想いや言葉を伝えにいらしてくださる方々。

新聞の写真からも伝わるとおり、
後藤さんは終始笑顔でみなさまとの再会や出会いを
喜び、愉しんでいらっしゃいます。
体調を気遣うたくさんのお声もいただきますが、
とてもお元気です。
お一人お一人の言葉や行動から
たくさんの勇気も活力もいただいているのだと、
傍で拝見していてひしひしと伝わってきます。


今後の在廊について
本日より最終日まで、毎日在廊してくださいます。
10:30〜11:00頃より夕方まで
時間の許す限りみなさまのご来店をお待ちしています。

作品追加について
作品の追加もありました。
実は2回目の個展用にと作品を残していたのですが、
大方が展示されました。
「薪の窯を焚く勇気が出てきたから。」とおっしゃっています。
素焼きした段階で制作が止まっている作品が有り、
焼成した後に発表したいということです。
そして、
「点数が足りなかったら新しくつくるよ。土は有るから。
今ならやれる気がしてきた。」とも。
薪窯を焚くこと、土を捏ねることがどれ程大変なことか、
陶芸の知識が少し有る方ならば分かるでしょう。
それをやり遂げたいと思える程に、
みなさんの気持ちがプラスになっているのですよね。


後藤_歴代カップ

会期中は、十二ヵ月に在る
後藤さんの歴代カップ&ソーサーを一同に揃え、
コーヒーを淹れています。
お好きな器をリクエストしてください。


一つの作品ごとにどんな想いでつくられていたのか、
今だから聞けるお話もいろいろあって、
以前よりも更に後藤さんという方の心の真っ直ぐさを感じています。
最終日まで、私たちももっと
たくさんのお話しを笑顔で聞きたいと思っています。




【予告】野村絵梨花 展 “おとなげ器たち”

野村絵梨花 展
“ おとなげ器たち ”

2016.11.19/sat ー 27/sun
最終日 〜18:00)


野村絵梨花展_DM

おだやかで、やわらかな日溜まりが似合う
野村絵梨花さんの器たち。
モノづくりの中へ等身大の自分をていねいに注いできた作品が、
日常にあたたかな光をもたらす。

ふんわりやさしい器のイメージが
恐らく定番であろう作家に、
今回は敢えて託した
「おとなっぽい絵梨花さんも見たい」のひと言。
初めて彼女の作品に出逢ったとき、
渋の入った細かな貫入が見せる表情は
シックな空気が似合うと直感したから。

新作をはじめ渋入りの作品を中心に、
シックな白、みずいろも…。

低くさす陽の下で
テーブルをどんな風に彩ってくれるだろう。
“おとなげ時間”が
あちこちに届けられることを楽しみにしています。



■作家在廊日:19/sat、20/sun、27/sun





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈追記〉 2016-11-17

【個展初日の対応につきまして】

19日(土)の初日は、8:30より整理券を配布いたします。
また、同時刻よりカフェのみ臨時でオープンいたします。
ドリンクのみの営業に限定いたしますが、
暖かい室内でギャラリーのオープン(10:00)をお待ちいただけるようにしました。

作品のご購入につきましては、
各器それぞれ(色違いも含めて)お一人様2〜1点でお願いの予定です。
当日の状況により、オープン時にご説明をさせていただきます。

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。




【予約受付中】10月の自家製スモークベーコン販売予定

十二ヵ月自家製・スモークベーコン
2016年10月 販売予定のお知らせです。


お祭りやイベントの多い秋。
たくさんの方で囲む楽しいテーブルに
おつまみやお料理にしてぜひどうぞ。

ご予約、販売の方法はいつも通りです。
(末記をご参照ください。)

ベーコン仕込み中

愛知県のブランド豚・三河ポークを
自家ブレンドの野菜やスパイス、ハーブと一緒に塩漬けし、
サクラなどでじっくりと燻します。

ベーコン完成_2

ベーコン完成_1

生肉から燻して仕上げるベーコンは、
パンチェッタに似たしっかりとした食感と、
薫りの高さをお楽しみいただけます。

そのままスライスしてサラダやおつまみに。
さっと炙ると薫りが際立ちます。
炒めもの、スープやソースなどに…
お料理の旨味をアップします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《販売開始日》
2016年10月28日(金) p.m.〜


■価格 :
¥500/100gあたり(税込)
1カット200g〜250gくらいに切り分けて店頭販売します。
店頭でお好きなカットをお選びください。

■賞味期限:2016年11月10日
保存料等を一切使用していませんので、早目に設定しています。

■予約について :
・ご希望のカット個数で予約を承ります。
・大きなブロックでご購入希望の方は、グラム数と個数をお伝えください。
 (例:「500gを1つ」「300gを2つ」など)
 多少の量の前後はご容赦ください。
・お引取りは、10/28(金)p.m.〜11/9(水)頃までにお願いします。

※下記をお伝えください。
・お名前:
・お電話番号:
・ご希望量:(200〜250gを◯個)または(◯◯◯g×◯個)
・ご来店予定日:

◆ご予約は
tel : 052-321-1717
email : info@jyunikagetsu.com




後藤耕一 展より “Cosmic blue” “Sky mat”

後藤耕一 展
ー 陶芸家として生きた証し ー

2016.10.15/sat ー 25/tue



雨のはじまりになった3日目。
本日もさまざまな想いを抱かれた方、
新しく作品の魅力に惹かれた方が…。
お足下の悪い中、ありがとうございます。


少しずつ作品をご紹介してまいります。

後藤耕一展_5

Cosmic blue 茶碗
「空は宇宙の闇が見えなくなるほどの
 深い青の中に
 白い月と記憶できない
 雲の絵を飾っている。」

後藤耕一展_6

Sky mat 茶碗
「心は深い闇の空間に漂う
 青く艶消しの色をして
 飾ることも響くこともない
 生々しい空に包まれている。」

後藤耕一展_7

Cosmic blue 酒器
陶芸家になる以前はミュージシャンだった後藤さん。
作品に多く見られるゆらぎは、まるで音のようだな…。
十数年経った今、初めてそう気づきました。


後藤耕一展_4

Cosmic blue 大皿
十五寸を越える器の中に観る宇宙。
奥深く雄大で
レンズなどでは捉えきれない。




後藤耕一 展より 初日をむかえました

後藤耕一 展
ー 陶芸家として生きた証し ー

2016.10.15/sat ー 25/tue



初日をむかえました。

後藤耕一展_1

今回の作品展は、代表作の“Cosmic blue”と“Sky mat”を中心に
灰釉、カラーで展開するシリーズなどをご覧いただきます。
「懐かしい」「こんな作風は初めて見ました」
さまざまな感想が飛び交っていました。

後藤耕一展_2

長い間このカップの再販を待っていてくださった方には、
「お待たせしました」そんな気持ちです。
すでに残りわずかになってきましたが、
コーヒーカップは他にも数種ございます。
追ってご紹介をいたします。

後藤耕一展_3

一日在廊されながら、
記念撮影をしたり、お客さまとお話をしたり、
終始笑顔の後藤さんでした。
ご自分の作品をここから愛でてくださる方との出逢いに
心から喜んでくださっています。

びっくりするほどの素敵な出逢いもありました。
またの日にご紹介いたしますね。

明日もたくさんの出逢いがありそうです。
作家共々、愉しみに2日目をむかえたいと思っています。