大橋コージ ウィービングシリーズ(椅子)お取扱い開始

先日から十二ヵ月のギャラリーにて
新しいスツールがみなさまをお迎えしています。

木工家・大橋コージさん(木工房K)の
Weaving stool / ウィービングスツール”です。

ウィービングシリーズの椅子は数点を揃え、
新たにお取扱い開始しましたのでご紹介いたします。

大橋_ウィービングスツール

“weaving”は「織ること、織られた」と訳されます。
この作品名は、座面がペーパーコード(紙紐をロープ状に撚ったもの)
編まれていることに由来します。

北欧の“Y-chair”(ハンス・J・ウェグナー)など、
ペーパーコードによる名作家具は数多く存在します。
充分な強度をもちながら、座った時のフィット感に優れ、
夏涼しく冬暖かいのも利点です。
また、座面の編み直しなどメンテナンスも可能で、
長く愛用できる椅子たちです。

大橋_椅子いろいろ

【デザインパターン(3種)】
右 Weaving stool :¥26,000(税別)
  W490×D360×H430(SH400)

オットマンのようなたっぷりサイズ。
ベッドサイドでバッグ置きとしても。

中 Weaving stool mini :¥23,000(税別)
  W355×D355×H320(SH290)

低めのコンパクトなスツール。
大人が座ってもしっかりのサイズ感。

左 Weaving chair :¥22,000(税別)
  W325×D275×H440(SH220)

トドラーからジュニアまで。
大人になっても手元で愛用したいベビーチェア。

大橋_ウィービング編み目

【定番の仕様】
本体:ベイマツ無垢材、オイル仕上げ
座面:カナコ編み
ペーパーコード:スツール/ベージュ(クラフト色)、チェア/グレー

大橋_ウィービングカスタム_1

大橋_ウィービングカスタム_2

【座面のカスタムオーダー】
十二ヵ月限定の対応として、座面のカスタムオーダーを承ります。

コード色:ベージュ、グレー、ブラウン、ミックス(4色)
編み方 :3パターン

インテリアに合わせて、自分らしい一脚を。
編み方のサンプル以外にも縦横をお好みの色で承ります。



ウィービングシリーズは、常設にて展示販売しております。
まずは当ギャラリーにて、
Weaving stool の座り心地をぜひご体験ください。
みなさまにお座りいただく家具として常時お待ちしています。

通信販売も承ります。
お問合せは、メールまたはお電話にて。

《ご連絡・お問合せ先》
Email : info@jyunikagetsu.com
Tel : 052-321-1717





【参加者募集】ウィービングスツールのワークショップ

◉開催日追加により、再募集中!

モノ人_web用ロゴ

『木工家・大橋コージとつくる
 ウィービングスツールの会』
参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリーでお取扱いをはじめた“ウィービングスツール”。
“weaving”は「織ること、織られた」と訳されます。
紐やロープで織り物の組成に編む方法(シートウィービング)により、
軽くて、座り心地が良い座面に仕立てられています。

大橋_椅子いろいろ
十二ヵ月取扱い作品:ウィービングスツール、ウィービングチェア

ウィービングの会_2
シートウィービングによる座面(カナコ編み)

今回は、作家に手しごとのスツール本体をご用意いただき、
このシートウィービングで座面を制作していただきます。

「難しいと思われる椅子の座面づくりも正しい手順に従ってやれば、
 誰でも美しい座面が出来上がります。
 是非シートウィービングを体験してみて下さい。」大橋コージ


ウィービングの会_1
参考作品
仕上りサイズ:W350×D270×H320mm(1点制作)
 小さめのスツールですが、大人が充分に座れるサイズです。
作家がご用意するもの
 ・スツール本体(ベイマツ無垢材、オイル仕上げ)
 ・ペーパーコード(紙紐をロープ状に撚ったもの)ベージュ色


《大橋コージ/ 木工房「K」》
木の椅子の持つ機能美に魅せられ、手づくりにこだわり、
心を込めたモノづくりを続けてきた。
木工作品を通じて手仕事のあたたかさを届けたいと考える。
各地のクラフトフェア及び百貨店(松坂屋、三越、丸栄ほか)に出展。
十二ヵ月にてweavingシリーズを常設展示中。

※作品につきましては、後日に改めてご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■スツール本体は、釘などを使わない木組み工法で
 作家が手しごとにより制作してご用意します。
 
■作家の指導によりペーパーコードを編んでいきます。
 編み方は「カナコ編み」。
 たて糸とよこ糸から織り柄をシンプルに組成します。

■根気のいる作業ですが、編み目を間違えずきっちりと編んでいけば
 誰でも美しく仕上げることができます。
 完成までの時間には個人差がありますが、
 当日お持ち帰りいただけるように指導いたします。

■昼食と体験後のドリンク付き。
 作家との歓談もお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2017年5月 (1)28日/日、(2)30日/火
   10:00〜17:00最終の予定(完成した方から終了)
会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 5名
対象年齢 : 中学生以上
費用 : 13,000円
   ※材料・講習代、昼食・ドリンク代を含む。
持ち物:軍手、マイナスドライバー、ハサミ、
    持ち帰り用の袋や風呂敷など
服装:動きやすいもの

【 申込方法 】 
下記フォームをご利用(ペースト)いただき、
emailまたはfaxで十二ヵ月宛にお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ウィービングスツールの会』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス又はfax番号:

・参加ご希望日:

・参加ご希望人数:  名

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。
 24時間以上返信の無い場合は届いていない可能性がありますので、
 電話などでお問合せください。

※キャンセルされる場合は、速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは原則できませんのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作して完成品をお渡しします。)

お申込先:THE SHOP 十二ヵ月
      email:info@jyunikagetsu.com
      fax :052-321-1717




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》2017.03.10 up date

【ご予約状況のご案内】

■5月28日/日 予約満了
■5月30日/火 残席1

各日とも定員になり次第、キャンセル待ち受付けに切り替ります。
ご予約お待ちしております。




【予告】sachi - handmaid leather works 2017

sachi - handmaid leather works 2017
“ハジマリノ キセツ”


2017.3.11 sat - 20 mon (最終日〜18:00)

sachi2017_DM.jpg

はじまりの季節、春。
あたらしい気持ちに
あたらしい装いのモノたちを揃えて…。

春夏も楽ししめるもの、
定番として愛されるもの。
個性の光る革素材、
たのしく軽やかなフォルム。
わたしらしさを表現するために
人とは少し違うバッグ、財布、小物入れなどを。

お好みで素材や色をチョイスする
カスタムオーダーや、
自分のスタイルに合わせての
フルオーダーも承ります。



■作家在廊日:11/土,12/日,18/土,19/日,20/月祝
※DMや初期にご案内の日程から追加になっております。



今回も革のサンプルを多数ご用意し、
人気の高いカスタムオーダー、フルオーダーを承ります。
作家とのご相談・打合せのご予約は、十二ヵ月まで。

mail : info@jyunikagetsu.com
tel : 052-321-1717



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

革作家・sachiに関する過去の記事はこちら
blog内検索「sachi」




水野正美 展“Slow and Deep”より キッチンの道具

水野正美 metal works
“Slow and Deep”


2017.2.11 sat - 20 mon


開催中の作品展より、
鍋やパン、ポットなどキッチンで定番の道具を…。

水野正美展2017_20

ドリップポット(銅&真鍮)
右 ≒1000ml :¥70,000(税別) / sold out
中  ≒700ml :¥64,000(税別) / sold out

画像のサイズの他に、下記のサイズも展開しています。
≒800ml :¥68,000(税別)
≒550ml :¥54,000(税別) ※本体はドリップMINIと共通

ドリップポット MINI(銅&真鍮)
左 ≒550ml :¥50,000(税別) / sold out

コーヒーを淹れる時間を楽しむ方が増え、
ますます人気の高まっているドリップポット。
“MINI”の本体のつくりはドリップポットと共通ですが、
蓋の形状がシンプルなデザインになっています。

水野正美展2017_21

ポット(銅&真鍮/茶漉し穴付き)
≒1100ml :¥73,000(税別) / sold out

ドリップポットよりも歴史の古い定番ポット。
ケトル(やかん)としてお湯を湧かしたり、お茶を煮出して
そのままテーブルへ。

水野正美展2017_22

蓋付き両手なべ(銅&真鍮)
本体 ≒径210×H95mm :¥70,000(税別) / sold out

ハンドル(取手)のデザインが特徴的な両手鍋。
銅の鍋は熱伝導率の高さい性能を発揮して
調理中は底部から上部まで鍋の温度差が小さいのが特性。
コトコト煮込む料理を美味しく仕上げます。

水野正美展2017_23

蓋付き片手なべ(銅&真鍮)
本体 ≒径190×H90mm :¥40,000(税別) / sold out

最もベーシックな形の片手鍋。
本体の口径部は口無しが標準ですが、
ご希望により口付きにすることができます。
内部は錫引きが標準仕上げですが、
ジャムやクリームづくりなど製菓用に錫無しでも承ります。

水野正美展2017_24

フライパン(銅&真鍮)
中 ≒口径230〜240×H45mm :¥27,000(税別) / sold out
小 ≒口径210〜220×H40mm :¥25,000(税別) / sold out
MINI ≒口径160×H30mm   :¥14,000(税別) / sold out

お肉ならば、外はこんがり中はジューシーに。
銅のフライパンも熱伝導率の高さい性能を発揮し、
予熱した中に素材を入れても温度の下がりが小さく済むからです。

水野正美展2017_25

エッグパン(銅&真鍮)
≒180×150×H35mm(卵3〜4個目安) :¥20,000(税別) / sold out
≒180×120×H35mm(卵2〜3個目安) :¥19,000(税別) / sold out

和食党やお弁当に欠かせない卵焼き器は、
いつもの卵の量に合わせてご選択いただくのがおすすめ。
ふんわりと弾力感のある卵焼きに仕上がります。



現在、水野正美さんの鍋やパン、ポットなどキッチン道具は、
作品展での展示販売以外は全て注文制作となっております。
納期は1年半以上を見込んでおりますが、
作品展の初日にほぼ完売の状態となっておりますので、
お待ちいただけますならばご予約いただくのが
確実なご入手方法となっています。

今回ご紹介のサイズの他に、
ご希望の容量やサイズに合わせてのご注文も承っております。
使い勝手に合わせたモノをお選びいただけますように
いつでもお気軽にご相談くださいませ。




水野正美 展“Slow and Deep”より インテリア作品

水野正美 metal works
“Slow and Deep”


2017.2.11 sat - 20 mon


開催中の作品展より、
インテリアにエッセンスを与える作品たちを…。
全て一点ものとして制作されています。

水野正美展2017_13

オルゴール “First car” (銅&真鍮)
120×70×H40mm :¥100,000(税別) / sold out

手巻き式のオルゴール。
アーティスト・水野正美らしさで魅了する作品。

水野正美展2017_14

ライト&オルゴール “Camera” (銅&真鍮)
90×70×H85mm  / sold out

古く懐かしさを感じる空気を纏ったカメラ。
手の込んだオブジェは、月日をかけてコツコツとつくられています。

水野正美展2017_15


箱“丘の上” (銅&真鍮)
大 ≒径75×H40mm :¥28,000(税別) / 在庫 0
小 ≒径65〜70×H32〜35mm :¥24,000(税別) / 在庫 0

※箱本体のサイズ

銅の丘に立つのは“Cloud man/クラウドマン”。
水野正美さんのキャラクターです。
こちらは限定作品。

水野正美展2017_17

銅のハコ
大 ≒85×115×H93mm :¥20,000(税別) / 在庫 0
小 ≒75×63×H58mm  :¥12,000(税別) / 在庫 0

銅のハコ(カシメ)
≒78×57×H80mm :¥18,000(税別) / 在庫 0

※縦・横は箱底面のサイズ

銅の小箱は、焼き色仕上げにより表情を出しています。

水野正美展2017_16

ペン立て 
銅    ≒85×85×H122mm :¥17,000(税別) / 在庫 0
銅&真鍮 ≒90×82×H118mm :¥17,000(税別) / 在庫 0

4面全てが違う表情を見せるペン立て。

水野正美展2017_18

燭台 
銅(台形)  ≒165×140mm :¥11,000(税別) / 在庫 0
真鍮(楕円) ≒117×106mm  :¥7,000(税別) / 在庫 0

キャンドル付き。(径45×H90)
溶けた蝋は内側に窪みとなって溜まります。



◉在庫数は投稿時のもので、店頭での販売により変動いたします。
ご希望の方はお問合せにて確認をお願いいたします。




水野正美 展“Slow and Deep”より 小物・カトラリー

水野正美 metal works
“Slow and Deep”


2017.2.11 sat - 20 mon



開催中の作品展より、
本日は器やカトラリーなど小物の作品を…。

水野正美展2017_7

銅 トレイ
≒径290×H15mm :¥17,000(税別) / 在庫 0

焼き色仕上げにより経年変化の風情を出しています。

水野正美展2017_12

右:銅 コーヒー豆ポット
≒径100×H105mm :¥80,000(税別) / 在庫 0

左:銅 シュガーポット
≒径80×H43mm :¥40,000(税別) / 在庫 0

1枚の銅板を木槌で叩き、絞り込んで仕上げられている逸品。

水野正美展2017_7

銅 カップ
大 ≒径75×H103mm :¥8,000(税別) / sold out
小 ≒径65×H85mm  :¥7,000(税別) / 在庫0

熱伝導率の高い銅のカップは保冷能力を発揮します。
冷たい飲みもの専用。

水野正美展2017_8

銅 楕円皿・小
≒115×95mm :¥3,200(税別) / sold out

菓子皿、つまみ皿に。
MORE THAN BISTROではココットの受け皿に使用します。

水野正美展2017_9

銅 コーヒーメジャースプーン
L≒125mm カリタ製メジャースプーンと同容量 :¥4,200(税別) / sold out

銅 ミルクピッチャー
≒径30×H40mm :¥3,500(税別) / 在庫 2

銅 豆皿
≒径80×H65mm :¥2,800(税別) / 在庫 4

十二ヵ月で使用するために生まれたモノたち。

水野正美展2017_10

銅&真鍮 バターナイフ
L≒135mm :¥5,400(税別) / sold out

ハンドル部分に“BUTTER”の刻印が。

水野正美展2017_11

真鍮 デザートフォーク・小
L≒85mm :¥3,000(税別) / 在庫 0

真鍮 ベビースプーン
L≒80mm :¥2,800(税別) / sold out

真鍮 ティースプーン
L≒110mm :¥3,000(税別) / sold out

真鍮の板を手で切り出し、細やかに叩き出されています。



◉在庫数は投稿時のもので、店頭での販売により変動いたします。
ご希望の方はお問合せにて確認をお願いいたします。




インドネシア マンデリン ブルーバタック

新しいコーヒーのご紹介です。

スペシャルティコーヒー
インドネシア マンデリン ブルーバタック

世界のグルメ・コーヒー愛好家におなじみのマンデリンから
更に上質なブルーバタックを焙煎して提供を始めました。

ブルーバタック

これまで焙煎していた“マンデリン トバコ”と同じ
スマトラ島北部のリントン地区産。
マンデリンは、エチオピア・モカ、ケニア・アラビカなどと並び、
その産地ならではの特徴を色濃くもつコーヒーとして知られています。
土壌、気候、地勢などの地理的条件や育成環境といった
そのものを特徴づける要因を“テロノワール”と言いますが、
本来のテロノワールを生みだすのは
収穫後の繊細な精製手法に因るところが大きく、
リントンのマンデリンでは製造ロットごとに香味のブレの多いことが、
愛好家たちにとっては頭を悩ませる問題でした。

その問題を独自の原料豆の確保や
乾燥設備、精製手法によって解決されたのが、
独特の甘い香りとコク、柑橘系の酸味、シルキーな口当たりなどが
絶妙なバランスを保つ最高級品のブルーバタックです。

BATAK/バタック”とは、スマトラ島リントン地区に住む先住民族の名称。
17世紀末にヨーロッパからこの地へ持ち込まれたアラビカ種のコーヒーが
20世紀初頭のさび病の流行により絶えかけた中で、
バタック人の一族の“MANDAILING/マンデリン族”が
僅かに生き残らせ栽培を続けたのが、
現在の上質なリントン地区産マンデリンに繋がっています。

”エスニックアーシー”(土のような)と称賛される
更にクリーンさを増した特有のフレーバーをお楽しみください。