「コーヒーフィルターホルダーの会」 開催しました

11月18日に木工家・松本寛司さんのワークショップ
『木工家・松本寛司さんとつくる コーヒーフィルターホルダーの会』
を開催しました。


2枚のナラの木を削って磨いて。
日常で長く愛用できるシンプルなホルダーをつくりました。
一見すると単純な作業のようにも見えるのですが、
このナラの木はなかなか手強いです。


松本ws_1

小刀で小口を削ります。
切り口のささくれを防止しつつ、
手しごとならではの表情を作り出します。

松本ws_2

水で濡らし、乾いてから磨く。
繰り返すことで滑らかな肌質に。
使用している内に木の繊維が毛羽立つのも防げます。

松本ws_3

電熱ペンで思い思いにサインなどを。

松本ws_4

荏油を塗って仕上げます。

松本ws_5

紐で2枚の板を繋いで…。

松本ws_6

完成!
手作りの可愛らしいリーフレット付きでした。



ナラは家具や建具、洋酒・ワインなどの樽に使われる、
とても堅固な木材です。
小口を削るだけの作業も、実はなかなか大変なものでした。
面が削られ、クラフトとしての味わいが出てくると、
苦労の甲斐を感じたことでしょう。
時間が経つにつれて、皆さんの手つきも様になってきて、
表情も生き生きとされていました。

木のモノたちは、
使いながらの気遣いが少しだけ必要なものもあります。
濡れたら拭いて乾かすこと。
乾きを感じるほどになったら
オイルを塗ってメンテナンスしてあげること。
本来は丈夫な材質ですので、
この少しの思い遣りを重ねることで長く使い続けることができます。
長く使ってあげることは、木という資源を大切にするということ。
そして、よい環境の地球を次世代にも繋いでいくことになるのですね。
作家の松本寛司さんと、そんなお話を交わしました。

丁寧につくられた手しごとの暮らしの道具。
毎日愉しく使いながら、
それぞれのご家庭のモノに育っていくことでしょうね。

末尾になりますが、
ご参加のみなさま、寛司さん、ありがとうございました。




【予告】鴨頭みどり “Merry Christmas & Happy New Year”

鴨頭みどり
“Merry Christmas & Happy New Year”

2017.12.15 fri - 25 mon



鴨頭みどり展2017_DM

街のイルミネーションが瞬きだす
年の終わりと始まりのころ。

華やかなときも静かなときも
いつも語りかけるような目をしてそこにいてくれる
鴨頭みどりのオブジェたち。

クリスマス、干支・戌、節句から日常を彩るものまで。
吉川ゆう子のオーナメント、アクセサリーも届きます。



■作家在廊日 : 12.15 (金)、17(日)、24(日)




松本寛司 “木を感じる暮らしの道具”〜住のモノたち

松本寛司
“木を感じる暮らしの道具”

2017.11.18 sat - 26 sun
  (最終日17:30まで)


開催中の松本寛司さんの作品展より
少しずつ作品のご紹介をしております。

本日は、“住”のシーンのものを。

松本寛司展2017_12

端正に彫られた愛らしいカタチの花器。
光に照らされた彫り目が美しい。

花器
ナラ ≒φ120×H230mm 58,000円 (+tax)

松本寛司展2017_13

松本寛司展2017_14

檜のやさしさを生かしたTSU TSU。
内部は防水加工が施されています。
花器、カトラリー立て、ペン立て、使い手のアイデア次第で。

TSU TSU
檜 ≒φ110×H130mm 7,500円 (+tax)

松本寛司展2017_15

作家のがつくると
カタチもサイズも材もいろいろです。

まごの手
栗、ナラ、ウォルナット ≒L270〜500mm 3,800円 (+tax)

松本寛司展2017_17

お家の顔となる玄関には
しっくりとくるモノを置きたいものです。

くつベラ / ロング
栗 ≒L700mm 10,000円 (+tax)
くつベラ / ショート
栗 ≒L270mm  3,800円 (+tax)




松本寛司 “木を感じる暮らしの道具”〜食のモノたち-2

松本寛司
“木を感じる暮らしの道具”

2017.11.18 sat - 26 sun
  (最終日17:30まで)


開催中の松本寛司さんの作品展より
少しずつ作品のご紹介をしております。

先日に続いて、“食”のためのものを。

松本寛司展2017_7

楕円のかたちの鉢は、定番人気。
変形だけれど気取りがなくて、何を盛っても美味しそう。

楕円鉢
ナラ ≒250×140×40mm 8,000円 (+tax)

松本寛司展2017_11

ネーミング通りに、2つのカトラリーが1つになって。
「『器持参で』という集いも増えてきましたよね。」と寛司さん。
なるほど、器もカトラリーも…。エコですね。

フォークスプーン
ウォルナット ≒L195mm 3,800円 (+tax)

松本寛司展2017_10

栗やナラの器には、
ウォルナットのカトラリーが似合います。

左より
デザートスプーン
ウォルナット ≒L170mm 2,800円 (+tax)
ベビースプーン
ウォルナット ≒L120mm 2,500円 (+tax)
ベビーフォーク
ウォルナット ≒L120mm 2,500円 (+tax)
果物フォーク
ウォルナット ≒L120mm 2,300円 (+tax)
バターナイフ
ウォルナット ≒L135mm 2,000円 (+tax)


松本寛司展2017_8

大きさ、形、材もいろいろ。
何を量るか、どのくらいが適量か、使う人の塩梅次第。
取り分けスプーンとしても。

メジャースプーン
クルミ、ナラ、栗 ≒L155〜185mm 3,300円 (+tax)

松本寛司展2017_9

毎日使いながら、
その人好みの角の丸さに育っていくはず。

木べら / ノーマル
ナラ ≒L305mm 3,800円 (+tax)
木べら / ロング
ウォルナット ≒L360mm 4,500円 (+tax)




松本寛司 “木を感じる暮らしの道具”〜リース・スワッグ

松本寛司
“木を感じる暮らしの道具”

2017.11.18 sat - 26 sun
  (最終日17:30まで)


松本寛司さんの作品展には、
奥さまが営まれる花店、Sakura Hanamise(愛知県豊橋市)より
100%オーガニックの花材でつくられた
リーススワッグがたくさん届きました。

木工の作品に自然の緑や花の彩りがプラスされ、
お互いを映えさせながらとても素敵な関係で
空間を魅せてくれています。

リース・スワッグ_4

スワッグ
ポポラス、シダ、アジサイ、サルスベリ、レースフラワー

リース・スワッグ_3

リース
ローリエ、シソ、ツバキカラ

リース・スワッグ_2

リース/左
ヒノキ実と葉

リース/右
アジサイ、マツボックリ、ヤシャブシ

リース・スワッグ_6

リース
ナンキンハゼ、ヤシャブシ、マツボックリ

リース・スワッグ_7

スワッグ
ビワの葉、ユリの実、サラセニア、アジサイ

リース・スワッグ_5

リース
ヘクソカズラ、ツバキカラ、ササンカカラ



これらの植物たちは、野山や庭で採取したものや、
寛司さんの工房で育っているもののほか、
オーガニックフラワーの生産者さんにもお声がけして
集めてくださったもの。
「農薬や化学物質が付いていないので、
アレルギーのある方など、それらを気にされている方にも
安心して飾っていただけます。」
とは、奥さまの桜子さんからのお言葉。

また、
「オーガニックのものが生産される現場での
土、虫、環境全てが大切だと思うので、
そうした活動をしてくださる生産者さんを応援したい思いも…。」と。

素材に選ばれているオーガニックの植物は、
生の素材で仕立てられたものもそのままドライになり、
自然の恵みの象徴としてどの季節にも愉しんでいただけるものです。
価格は、500円〜5,000円(+tax)。

派手な彩りはありませんが、
「自然のままの姿・色が一番美しく、
市場に出荷されているものとははっきりと違う」
とおっしゃるように、
オーガニックならではの雰囲気を伝えてくれるものたちです。




松本寛司 “木を感じる暮らしの道具”〜食のモノたち-1

松本寛司
“木を感じる暮らしの道具”

2017.11.18 sat - 26 sun
  (最終日17:30まで)

・・・・・・・・・・・・・・・
松本 寛司 / Kanji Matsumoto

1976 愛知県生まれ
1994 旭丘高校美術科卒業後、
    仏像仏具制作会社に就職、仏像・仏具の制作・修理を学ぶ。
    5年ほどで辞めて、
    その後いろんな仕事をさせてもらいつつ、旅をしたりする。
2005 studio MAVO(岐阜県多治見市の共同工房) に誘われ部屋を借りる。
    そこで出逢った多くの陶芸家に影響を受け、クラフト(木の器)を始める
2011 愛知県田原市に工房を移し、現在に至る。



土曜日より始まりました。
自然の温もりを残す手しごとの木の作品と
オーガニックのリースやスワッグたちが、
とても素敵な関係で空間を彩ってくれています。

松本寛司展2017_1

代名詞的作品のカッティングボード。
今にも歩き出しそうな二本足は、
水切れが良く長持ちするように機能性も考えて。

カッティングボード
ナラ サイズ各種 3,000円 (+tax)〜

松本寛司展2017_2

人の背丈ほども有ろうかというカッティングボードは、
個展ならではの作品。
パーティーやイベントではオードブル皿として。
店舗ではサイン看板にしたり、
住宅では棚板として使ったり。

松本寛司展2017_3

彫り目を味わうのびやかな器と
端正に整えられた漆の器のコントラスト。

栗皿
栗 ≒255×210×25mm 11,000円 (+tax)
漆 子ども椀
ニレ ≒φ105×43mm 6,000円 (+tax)
漆 カレースプーン / フォーク
ナラ ≒L180mm 各3,700円 (+tax)

松本寛司展2017_6

自然のカタチを生かしてつくられる栗皿。

栗皿 いろいろ
栗 サイズ各種 9,000円 (+tax)〜

松本寛司展2017_5

一人で、二人で、家族で、…。
定番として使いたい丸皿はサイズ各種。

栗丸皿
栗 サイズ各種 6,500円 (+tax)〜

松本寛司展2017_4

リムがやさしく立ったお盆は、トレイ皿としても。
切り立ちのしのぎの器は、広い用途で活躍しそう。

ナラ 8寸丸盆
ナラ ≒φ245×23 12,000円 (+tax)
漆 しのぎカップ
ナラ ≒φ90×42 5,800円 (+tax)
漆 デザートフォーク
ナラ ≒L170mm 3,500円 (+tax)




【予告】谷口晃啓 ー用の美の器たちー

谷口晃啓
ー用の美の器たちー

2017.12.2 sat - 10 sun



谷口晃啓2017_DM

生成りのような気持ちで
日常に寄り添い合うことのできる器。

何気ないようでいて、
日々の中で愉しむすべを教えてくれる、
用の美を詰め込んだ手しごと。

キッチンからテーブルまで、
そして照明などインテリアでも…。
使うことが暮らしのスタイルになっていく、
そんなモノたちと出会っていただけますように。



■作家在廊日 : 12.2 (土)、3(日)15:00頃まで



・・・・・・・・・・・・・・・

コーヒードリップの実演

会期中ギャラリーでは、
ドリッパーとサーバーが一体型になった
“コーヒードリップサーバー”を使って、
コーヒードリップの実演を随時行います。 
作家在廊日には、谷口さんが自らドリップしておもてなしを。
使い方のちょっとしたコツや愉しさを傍でご覧ください。