【予約受付】鈴木心写真館 @十二ヵ月・2019

鈴木心写真館 @ THE SHOP 十二ヵ月・2019

2019.09.15/日, 16/月祝(敬老の日)

*15日(日)は時間再延長になりました。


「撮った日が、記念日」

昨年のお約束通りに、
鈴木心写真館 が2019年も十二ヵ月にやって来ます。

鈴木心写真館_201909_blog用_omote

鈴木心写真館_201909_900_ura

写真は2018年・十二ヵ月開催のものより。
(拡大してご覧いただけます。)


鈴木心写真館 |
「写真であそぶ、写真でまなぶ」をテーマに、
広告や雑誌撮影等とともに、
2011年から出張写真館として89箇所、16,000名を撮影。
体験観戦型のワークショップ写真道場や本の出版など、
写真でできることはすべて行う、松陰神社前の写真館。
http://ps.suzukishin.jp


・・・・・・・・・・・・・・・

本物の写真を体感し、撮影されることを楽しみ、
誰かに見せたくなる、大切にしたくなる。
鈴木心写真館は「最高の瞬間を永遠にする」写真館。



鈴木心さんとの出会いは、TV番組のための撮影でした。
その後のご縁で行き来を繰り返しながら
毎年のように撮っていただいいている私たち家族の写真は、
写真そのものも、その時間も、一生残り続ける宝ものになっています。

「この体験をみなさまにも」と臨んだ2018年の開催。
多くの方にこの思いを共有していただき、
店の内外に笑顔が満ちあふれた二日間でした。

そして、みなさまがお待ちくださった2019年の開催。
新しい記念日となる写真館での一日を、
更にたくさんの方にお届けできますように。

写真館_台紙

家族、恋人、友人、仲間、たいせつな人と一緒に。
子どもを、わたしを、一生の中のその時の記念に。
そして、敬老の日の贈りものとして。
撮影したプリントをスピーディーにお持ち帰りいただけます。

お待ち時間には、カフェでドリンクもどうぞ。
スタンドカフェ・スタイルで焼き菓子などもご用意します。

撮影枠には限りがありますので、ご予約はぜひお早めに!



*飲食併設店での開催のため、ペットの撮影は不可とさせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・

【 内容 】
■日時 :
2019年
9月15日 /日  10:00~16:00 *時間再延長になりました。
9月16日 /月祝 10:00~15:00

■会場 :
THE SHOP 十二ヵ月 (gallery)
名古屋市中区上前津1-3-2-1F →access

■料金 :
撮影/1カット 6,000円(税込)
(モノクロデータ+A4プリント1枚+1ドリンク付)

*オプションとして
焼増/A4プリント1枚      1,500円(税込)
鈴木心写真館特製 木製額/1枚 2,000円(税込)


【 申込方法 】
下記の内容をメールでお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鈴木心写真館 @十二ヵ月・2019」申込フォーム

・お名前(ふりがな):
・お電話番号:(当日ご連絡可能なもの)
・返信先e-mailアドレス:
・希望カット数:(*注-1)
・1カットに写る人数 : (*注-2)
・撮影希望日 :
・撮影希望時間帯 : 第1希望 / 第2希望 / 第3希望(*注3)
・お申込みの経緯 : (何を見て、誰からの紹介か、など)
・過去のご参加経験 : 十二ヵ月開催  回 / 他会場での開催  回
・備考・質問など:

*オプションの希望が決まっている方は、参考としてお知らせください。
 当日に変更しても大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
(*注-1)希望カット数 :
「家族」「子供だけ」「一人で」など複数のカットを希望される場合は、
その数をご明記ください。
1カット毎に 6,000円(税込)となります。

(*注-2) 1カットの人数 :
1カット毎の(1枚に一緒に写る)人数をご明記ください。
最大6名まで(赤ちゃんを含む場合は最大8名まで)可能です。
複数のカットをお申込みの方は、
「,(コンマ)」等で人数を区切ってご記入ください。 例)4, 2, 1

(*注-3)撮影希望時間帯 :
15分単位の時間枠に区切って予約を承ります。
当日は、その時間枠内に受付をお済ませください。
下記からお選びください。

2019.09.14/08:45 up date

9/15(日)
*時間再延長になりました。
01) 10:00~(予約満了)
02) 10:15~(予約満了)
03) 10:30~(予約満了)
04) 10:45~(予約満了)
05) 11:00~(予約満了)
06) 11:15~(予約満了)
07) 11:30~(予約満了)
08) 11:45~(予約満了)
09) 13:00~(予約満了)
10) 13:15~(予約満了)
11) 13:30~(予約満了)
12) 13:45~(予約満了)
13) 14:00~(予約満了) 
14) 14:15~(予約満了)
15) 14:30~(予約満了) 
16) 14:45~(予約満了)
33) 15:00~(予約満了)
34) 15:15~(予約満了)
35) 15:30~
36) 15:45~(予約満了)

9/16(月祝)

17) 10:00~(予約満了)
18) 10:15~(予約満了)
19) 10:30~(予約満了)
20) 10:45~(予約満了)
21) 11:00~(予約満了)
22) 11:15~(予約満了)
23) 11:30~
24) 11:45~(予約満了)
25) 13:00~(予約満了)
26) 13:15~(予約満了)
27) 13:30~
28) 13:45~
29) 14:00~(予約満了)
30) 14:15~(予約満了)
31) 14:30~(予約満了)
32) 14:45~(予約満了)


■お申込先 : THE SHOP 十二ヵ月

e-mail : jyunikagetsu*gmail.com
 (*を@に入れ変えてください)

*受付後、 上記アドレスより返信を差し上げますので、
 受信設定などのご確認をお願いいたします。
 返信に少しお時間をいただく場合がございますが、
 承りの返信をもって受付完了となります。
 メール送信後、24時間以内に返信がない場合は、
 お手数ですがお電話にてご連絡ください。

■お問合せ :

tel : 052-321-1717


*お申込はmailでお願いいたします。
 mail不可の方のみ、電話対応させていただきます。
 (10:00〜17:00限定)


・・・・・・・・・・・・・・・

*データは、撮影された方が写真を共有して閲覧できるサイトから、
 各自でダウンロードしていただく形式になります。

*撮影された写真および当日の記録写真は、
 鈴木心写真館および十二ヵ月の活動記録として
 使用させていただく場合がございます。

以上をご了承くださいませ。




sachi ランドセル・リメイク/がま口ショルダー

小学校生活の象徴、ランドセル。

十二ヵ月では、革作家sachiさんにご協力いただき、
大切な想い出をずっと使えるものにカタチを変えて残す
リメイクのご提案を行なっています。

久し振りの事例紹介は、
予算と実用性のバランスを考慮して出来上がった
今後のリメイクのプロトタイプの一つになるバッグです。

・・・・・・・・・・・・・・・

ランドセル・リメイク 事例
《 がま口ショルダー 》

sachi_リメイク_がま口ショルダー_0

ローズピンクの革に飾りステッチが施された、スイートなランドセル。
卒業の頃に本人は「少し可愛すぎたかな」と思ったそう。
これを大人になっても愛用できるバッグに…と、
店主とsachiさんに託していただきました。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_1

完成したのは、“がま口ショルダー”。
ショルダーベルトを外せば、ハンドバッグとしても使える
シンプルだけれど個性も光る小さなバッグ。

ローズピンクの革 : ランドセルを解体して使用。
ボルドーの革 : 新規の革を選んで使用。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_2

メインのボディ(胴)部分には、
ランドセルのカブセ(冠せ蓋)部分の革を。
その他の部分には、ランドセルから採れた
小さな面積の革を縫い合わせ使用しています。

ボディ部分サイズ : ≒幅20.5(18.5)×縦17×マチ10 cm

sachi_リメイク_がま口ショルダー_8

がま口周りを露出し過ぎないデザインに。
ボルドーカラーを合わせて。
この二つのポイントで大人感を引き出しました。

このバッグを仕立てるためには、
ランドセルの革だけでは材料が不足します。
今回は、ボルドーの革部分が補足された新規の革。
(マチ〜がま口周り、ハンドル表面、ショルダー表面)
ランドセルの色に対して何色の革を合わせるかで
かなり雰囲気を変えることができます。
新規革は、作家が在庫している素材から選ぶことができます。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_3

金物類は、ほぼ新規誂えになります。
ショルダーベルトのナスカンと長さ調節金具は、新規。
Dカンは、ランドセルから使える場合があります。
金物の色は、ブロンズが統一し易いですが、
シルバーや黒もご用意があります。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_4
sachi_リメイク_がま口ショルダー_5

高さのある口金は、大きく開いて機能的。
コンパクトでもとても使い易い。

内部は布仕立て。
レーヨンまたはコットンの素材から、色を選べます。

両面にオープンポケット付き。
ご希望によりランドセルのパーツを取付け可能です。
ここに想い出部分をそっと忍ばせてみても。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_6

ハンドルやショルダーベルトも
ランドセルの革だけでは不足するため
表裏の色を変えてデザイン的に。

このような見え難い場所で
ランドセルの革を縫い合わせて使用しています。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_7

底部分は、少し汚れがあったり、接ぎ合わせがあったり、
表には出せない部分を上手く利用します。





革製品のリメイクには、思いのほか手間がかかります。

ランドセルの解体では、
金具を外し、使える革を細かに切り取り、糊を剥がします。
時には、少しでも多くの革を捻出するために、
縫い目の糸を丁寧に外してから
その縫い目の痕に再び飾りステッチをかけることも。
また、ランドセルはメーカーによって仕様も仕立ても異なるため、
これまでの事例では、1つのケースごとに
型紙を引いてくださっていました。
完全な一点もののフルオーダーです。
精度の高い仕立てに加えてこの手間では
コストもなかなか気軽なものにはできませんでした。

そこで、予算の改善、デザイン性、機能性、
これら全てのバランスを取ったリメイクモデルとして、
“がま口ショルダー”が生まれました。
予算は、30,000円(税別)〜。
(+送料実費をご負担願います。)
ご予算の範囲がやさしくなって、
更にご検討いただき易くなったのではないでしょうか。

但し、いくつかの制約があります。
・ランドセルのカブセ(冠せ蓋)部分から取れる革が、
 縦36cm×横19.4cm以上あること。
・バッグボディ(胴)のシルエット、サイズ、仕様は変更不可です。
・ランドセルの仕様や状態によって、
 更に革が不足する場合は、少しだけ追加金額が発生する可能性があります。

また、下記のようなオプションが可能です。(一例として。)
・ショルダーベルト不要の場合は、ハンドルを2本どりに変更可能。
・ショルダーベルトをチェーンに変更。
・底面に底鋲の取付け。(汚れ防止に。)
・縫い糸の色を選ぶ。(作家の在庫色より。)

バッグボディの基本を守れば、
他にもオプションとして叶えられることがあるかもしれません。



・・・・・・・・・・・・・・・
ご相談は、店主がお話を伺い
必要に応じて作家に確認をしながら進めてまいります。
大切なものだからこそ、
お一人ずつの拘りやご希望を丁寧にヒアリングし
カタチにするお手伝いをしています。

ランドセル持参でご来店いただけますとスムーズですが、
遠方の方はメールで対応しております。


◆ご質問・ご相談、アポイントのためのご連絡は、
「ランドセル・リメイクの件で」とお添えいただき、
お気軽に下記へご連絡くださいませ。

予約・注文専用e-mail:jyunikagetsu*gmail.com 
            (*を@に入れ変えてください)
tel :052-321-1717


十二ヵ月・店主 / 柿沼まで



・・・・・・・・・・・・・・・
ランドセル・リメイクは、
事例ごとに分けてご紹介しています。
ぜひ下記も合わせてご清覧くださいませ。

2017-03-16 “sachi ランドセルのリメイクバッグ”
2018-05-07 “sachi ランドセル・リメイク/チェーンショルダー”
2018-05-07 “sachi ランドセル・リメイク/縦型ショルダー”
2018-05-08 “sachi ランドセル・リメイク/がま口ポシェット”



蔵出し市 2019

「蔵出し市 2019」

 2019.7.13 sat - 21 sun



蔵出し2019


2019上半期の締めくくりは予定を変更して、
「蔵出し市」を開催いたします。

陶磁器・ガラス・木工・漆器・織物など
半端ものや制作終了品などを中心に、
店内在庫をご奉仕価格にて大放出する特別企画。

暮らしを彩るお気に入りのモノたちを
ぜひ探しにいらしてください。



*出品除外作品もございます。ご了承ください。