フジタマリ “木のしごと” はじまりました

フジタマリ “木のしごと”

2018.11.17 sat - 27 tue
 (最終日は〜17:00)


自然の木々の彩りを自分らしく魅せる
木工家・フジタマリさんの作品展。
週末よりはじまりました。


フジタマリ | Mari Fujita

2009年 金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻卒業
2010年 上松技術専門校卒業
2010年 家具工房勤務 (~2013年)
2011年 高岡クラフトコンペ入選(生活者が選ぶ消費者賞受賞)  
     日本クラフト展入選
2013年 高岡クラフトコンペ入選
2014年 工房設立
    クラフトフェアまつもと (’16/’18)
2016年 工房からの風 参加
​2018年 岡山県に工房を移す


■作家在廊日: 17 sat, 18 sun, 27 tue 14:00頃より

フジタマリ展2018_1

小家具、インテリア、アクセサリー、テーブルウェア。
生き生きとした個性を感じる作品たち。

フジタマリ展2018_2

マリさんらしさを集めた“引き出し”。
使用樹種は12種にも上る。

フジタマリ展2018_3

使う。飾る。
どちらも愉しい“アクセサリースタンド”

フジタマリ展2018_4

木が持つデザイン力に
改めて気付かせてくれる“寄せ木 アクセサリー”。

フジタマリ展2018_5

“寄せ木小箱 リングケース”。
「寄せて繋ぐ」は、これからの人生を象徴しているよう。



初日・2日目は、
岡山より駆けつけ在廊してくださったマリさん。
お話からも作品からも
木の作品づくりと愉しく向き合っていることを
たくさん感じました。

昨日開催しました、ワークショップの様子も
またご紹介いたします。


最終日も午後より在廊予定ですが、
それまでの間、作品のご紹介は
instagramなどを中心に続けてまいります。
ぜひご覧ください。



Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)