sachi ランドセル・リメイク/がま口ショルダー

小学校生活の象徴、ランドセル。

十二ヵ月では、革作家sachiさんにご協力いただき、
大切な想い出をずっと使えるものにカタチを変えて残す
リメイクのご提案を行なっています。

久し振りの事例紹介は、
予算と実用性のバランスを考慮して出来上がった
今後のリメイクのプロトタイプの一つになるバッグです。

・・・・・・・・・・・・・・・

ランドセル・リメイク 事例
《 がま口ショルダー 》

sachi_リメイク_がま口ショルダー_0

ローズピンクの革に飾りステッチが施された、スイートなランドセル。
卒業の頃に本人は「少し可愛すぎたかな」と思ったそう。
これを大人になっても愛用できるバッグに…と、
店主とsachiさんに託していただきました。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_1

完成したのは、“がま口ショルダー”。
ショルダーベルトを外せば、ハンドバッグとしても使える
シンプルだけれど個性も光る小さなバッグ。

ローズピンクの革 : ランドセルを解体して使用。
ボルドーの革 : 新規の革を選んで使用。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_2

メインのボディ(胴)部分には、
ランドセルのカブセ(冠せ蓋)部分の革を。
その他の部分には、ランドセルから採れた
小さな面積の革を縫い合わせ使用しています。

ボディ部分サイズ : ≒幅20.5(18.5)×縦17×マチ10 cm

sachi_リメイク_がま口ショルダー_8

がま口周りを露出し過ぎないデザインに。
ボルドーカラーを合わせて。
この二つのポイントで大人感を引き出しました。

このバッグを仕立てるためには、
ランドセルの革だけでは材料が不足します。
今回は、ボルドーの革部分が補足された新規の革。
(マチ〜がま口周り、ハンドル表面、ショルダー表面)
ランドセルの色に対して何色の革を合わせるかで
かなり雰囲気を変えることができます。
新規革は、作家が在庫している素材から選ぶことができます。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_3

金物類は、ほぼ新規誂えになります。
ショルダーベルトのナスカンと長さ調節金具は、新規。
Dカンは、ランドセルから使える場合があります。
金物の色は、ブロンズが統一し易いですが、
シルバーや黒もご用意があります。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_4
sachi_リメイク_がま口ショルダー_5

高さのある口金は、大きく開いて機能的。
コンパクトでもとても使い易い。

内部は布仕立て。
レーヨンまたはコットンの素材から、色を選べます。

両面にオープンポケット付き。
ご希望によりランドセルのパーツを取付け可能です。
ここに想い出部分をそっと忍ばせてみても。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_6

ハンドルやショルダーベルトも
ランドセルの革だけでは不足するため
表裏の色を変えてデザイン的に。

このような見え難い場所で
ランドセルの革を縫い合わせて使用しています。

sachi_リメイク_がま口ショルダー_7

底部分は、少し汚れがあったり、接ぎ合わせがあったり、
表には出せない部分を上手く利用します。





革製品のリメイクには、思いのほか手間がかかります。

ランドセルの解体では、
金具を外し、使える革を細かに切り取り、糊を剥がします。
時には、少しでも多くの革を捻出するために、
縫い目の糸を丁寧に外してから
その縫い目の痕に再び飾りステッチをかけることも。
また、ランドセルはメーカーによって仕様も仕立ても異なるため、
これまでの事例では、1つのケースごとに
型紙を引いてくださっていました。
完全な一点もののフルオーダーです。
精度の高い仕立てに加えてこの手間では
コストもなかなか気軽なものにはできませんでした。

そこで、予算の改善、デザイン性、機能性、
これら全てのバランスを取ったリメイクモデルとして、
“がま口ショルダー”が生まれました。
予算は、30,000円(税別)〜。
(+送料実費をご負担願います。)
ご予算の範囲がやさしくなって、
更にご検討いただき易くなったのではないでしょうか。

但し、いくつかの制約があります。
・ランドセルのカブセ(冠せ蓋)部分から取れる革が、
 縦36cm×横19.4cm以上あること。
・バッグボディ(胴)のシルエット、サイズ、仕様は変更不可です。
・ランドセルの仕様や状態によって、
 更に革が不足する場合は、少しだけ追加金額が発生する可能性があります。

また、下記のようなオプションが可能です。(一例として。)
・ショルダーベルト不要の場合は、ハンドルを2本どりに変更可能。
・ショルダーベルトをチェーンに変更。
・底面に底鋲の取付け。(汚れ防止に。)
・縫い糸の色を選ぶ。(作家の在庫色より。)

バッグボディの基本を守れば、
他にもオプションとして叶えられることがあるかもしれません。



・・・・・・・・・・・・・・・
ご相談は、店主がお話を伺い
必要に応じて作家に確認をしながら進めてまいります。
大切なものだからこそ、
お一人ずつの拘りやご希望を丁寧にヒアリングし
カタチにするお手伝いをしています。

ランドセル持参でご来店いただけますとスムーズですが、
遠方の方はメールで対応しております。


◆ご質問・ご相談、アポイントのためのご連絡は、
「ランドセル・リメイクの件で」とお添えいただき、
お気軽に下記へご連絡くださいませ。

予約・注文専用e-mail:jyunikagetsu*gmail.com 
            (*を@に入れ変えてください)
tel :052-321-1717


十二ヵ月・店主 / 柿沼まで



・・・・・・・・・・・・・・・
ランドセル・リメイクは、
事例ごとに分けてご紹介しています。
ぜひ下記も合わせてご清覧くださいませ。

2017-03-16 “sachi ランドセルのリメイクバッグ”
2018-05-07 “sachi ランドセル・リメイク/チェーンショルダー”
2018-05-07 “sachi ランドセル・リメイク/縦型ショルダー”
2018-05-08 “sachi ランドセル・リメイク/がま口ポシェット”



Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)