倉井由紀子さん(タイ・ラオスの織物)ご来店

Studio Bunrin / 倉井由紀子
〜タイ・ラオスの邑より〜


2012. 6. 23 / 土 - 7. 4 / 水

倉井由紀子展2012_2


作家の倉井由紀子さんが、ご来店くださいました。
DMもでき上がって、作品展もいよいよ近づいてきました。

今日ご紹介の画像は、倉井さんのチェンマイ(タイ)の
アトリエで撮影されました。
綿や麻、絹を草木などの天然素材で染めて織られた、
民族それぞれに伝わる織り物。
明るい陽の光に照らされた緑の背景が似合います。

インフラ整備もされず、昔ながらの部族の生活を送るタイやラオスの村では、
今でも時間の価値と概念が私たちの社会とは異なりますから、
織り物にも驚くほどの時間と手間がかけられます。
手で糸を紡ぎ織り上げられた布には正確で細密な織り模様が施され、
機械で刺繍されたのかと見間違うほどです。
現代社会で生きる私たちが、最も羨ましく思い、
でも、なかなか手にすることのかなわない本当の贅沢品です。

倉井さんは村々を回り、独自の織り物の良さを生かすように
模様のレイアウトや配色を考え、現地の民族に布を織ってもらいます。
そして、私たちが日常で楽しめるようにデザインを起こし、
衣服やファツション小物などの作品に縫い上げて日本へと持ち帰ります。
倉井さんのお仕事は、バイヤー、テキスタイルデザイナー、
ファッションデザイナーの内容を網羅しているのです。

今回は、十二ヵ月での作品展としては、初の夏期開催。
手織りされた天然素材の優しさを素肌に感じられる絶好の季節ですから、
「心地よさ」「快適さ」を提案する作品展開となりました。

十二ヵ月からの要望で、布たちの個性を生かした
バックなど袋物も追加で現在制作中とのこと。

毎回、どんな表情の布たちに出会えるのか、
本当に楽しみな作品展です。


過去の掲載

2012/5/25 : 【予告】Studio Bunrin / 倉井由紀子 作品展
2010/9/10 : 『Studio Bunrin / 倉井由紀子 展』始まりました!
2010/9/10 : Studio Bunrin / 倉井由紀子 ~タイ・ラオスの邑より~






Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)