水野さんのドリップポット

十二ヵ月でコーヒーをいれているドリップポットは、
金属工芸作家・水野正美さんに作っていただいたものです。
私たちが毎日使う、愛着のある大切な道具のひとつです。

お客様からのご依頼で、また作っていただきました。
1枚の銅板をコツコツと打ち出した槌目が、優しい表情を出しています。
新品の銅は、ほんのりピンクがかってピカピカ。
いかにも“新米さん”の顔をしています。

水野_ドリップポット
〈水野正美 / ドリップポット〉

使い方次第で色が焼け、渋さも身についていきます。
十二ヵ月のポットは“古株さん”の顔。
毎日使った証しがここに現れています。
この古くなった佇まいが、私たちは大好きです。
ずっと一緒。
ずっと共に育っている。
そんな気持ちにさせてくれます。
そして、ますます「大事にしてやろう」と思わせてくれるのです。
道具を使い込んでこそ分かる思いでしょう。

この新米さんも、お客様の手元で
どんな“顔”を持ったポットに育ってくれるのか、楽しみです。

水野さんのポットは、オーダーで制作してくださいます。
ドリップポットの他、各種ポット、急須,鍋、フライパンなど
定番作品もありますが、
用途、サイズのご希望に応じてのご注文も可能です。
お気軽にご相談ください。


Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)