「冬のあたたかいもの」より〜谷口晃啓

「冬のあたたかいもの」

2015.12.9 /水 ー12.20 /日



開催中の企画展より
出展作家をご紹介してまいります。


谷口晃啓 / 陶芸家
1970 京都府に生れる
1992 京都芸術短期大学 卒業
1996 常滑に移る
(株)南山陶苑でロクロの仕事に就く
1999 独立
2012 京都府京丹波町に移る

冬のあたたかいもの 谷口_DM

DMに採用した“土鍋”。
食卓でスタイリッシュに楽しめる、器のような鍋です。
寒い季節は、アツアツを味わうことが何よりのごちそう。
みんなで料理を囲んでの楽しい時間は、心も一緒に温めてくれます。
大小、深さいろいろで揃っています。
もちろん、蓋も別売でご用意しています。

冬のあたたかいもの 谷口_2

谷口さんの耐熱土の器たちは、
シンプルさと機能美が備わったここちよい器。
耐熱ミミ付き鉢”は、
一人鍋やグラタン、スープにと活躍のサイズ。
耐熱サーバー”は、陶のミルクパンのようなイメージ。
直火・オーブンでも加熱できる器が集まると、
キッチンも楽しくなります。

冬のあたたかいもの_谷口_4

コーヒードリッパーとサーバーが一体になった“ドリップサーバー”。
淹れる〜飲むまでを演出してくれる器の一つ。
会期中は、この器を使ったコーヒードリップの実演もしています。

冬のあたたかいもの 谷口_3

コーヒー屋としてもお薦めしたい、お家カフェを楽しむ器たち。
コーヒードリップのための器も、高い機能性で充実しています。
ひと息吐くための時間も、
この器たちとならばゆったりと流れる気がします。




Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)