初夏のどら焼き・工藤工さんの器で

手焼きの皮に季節ごとの変わり餡をはさんでいる
十二ヵ月のどら焼きセット
初夏は、抹茶餡です。

陶芸家・工藤工さんにつくっていただいている、
オリジナルのどら焼きセット専用の器でサーブしています。
器あってこその味わいをお楽しみいただきたいメニューです。

どら焼き_抹茶餡2016_1

春のの20周年を機に新しい器にして、
企画展“十二ヵ月の器と道具たち”でもお披露目しました。

2代目になる今作をつくっていただくにあたり、
土ものの焼きの面白さを感じてもらえる器にと考えました。
美濃焼伝統工芸士の工藤さんが使う釉薬から、
粉引に呉須の遊びを加えて…。
どちらも伝統的な釉薬ですが、フォルムと表情とで
モダンに映る器になっているでしょうか。

どら焼き_抹茶餡2016_2

どら焼きセットの器は企画展後に再入荷し、
ギャラリーでも販売しております。

プレート / 荒粉引 変形皿   : ¥4,860
カップ  /  〃  縞カップ(小) : ¥1,944
     /  〃  縞カップ(中) : ¥2,376
     /  〃  縞カップ(大) : ¥3,240




Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)