コスタリカ モンテブリザス サラカ レッドハニー

新しいコーヒーをローストしました。

トップ・スペシャルティコーヒー
コスタリカ モンテブリザス サラカ レッドハニー

コスタリカ・コーヒーのハニー製法から、
ブラックハニーに続いて、レッドハニーの提供です。

レッドハニー

2012年COE入賞。
COE=“Cup of Excellence”
その年に生産された最高のコーヒーにのみ与えられる称号。


コスタリカ・コーヒー独自の呼び方をされる“ハニーコーヒー”は、
チェリー(果実)からコーヒーを取り出す際に半水洗式をとる製法です。
以前にブラックハニーのご紹介の際に記述しましたが、
コーヒーに残す果肉の粘質の割合で
ブラックハニー、レッドハニー、イエローハニーと分けられます。

このコーヒーは、太平洋と大西洋の気候がぶつかる
ウエストバレーで栽培されています。
COE上位農園が集まる、良質なコーヒー生産地として有名なエリアです。
サラカ農園はその中でも生育地としての
地理、地勢、気候に恵まれる注目の産地、
ジャポノニート地区に位置し、標高1,850mに及びます。
風が強い高地にて、常に厳しい気候変化にさらされることにより、
チェリーは糖分を溜め込みながら収縮を繰り返し、
コーヒーの風味特性を豊かにすると言われています。

モンテブリザス・ミル(洗浄乾燥施設)は2011完成の新しい施設で、
初参加のCOE2012でいきなりの入賞を果たし、
潜在能力の高さを知らしめました。
スペシャルティコーヒーで名高いウエストバレーの中でも
個性的なフレーバーを持つ生産施設として、
この産地を牽引していく存在になっていくと言われています。

ハニーコーヒーらしい苦味と酸味を併せもつコーヒーですが、
しっかりとしたビター感とクリアな酸味が印象的です。
「コーヒーらしいコーヒー」と言うとあまりにも曖昧ですが、
この言葉通り、コーヒー好きの期待を裏切らない
味と香りではないでしょうか。





Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)