野村絵梨花 “おとなげ器たち” はじまりました

野村絵梨花 展
“ おとなげ器たち ”

2016.11.19/sat ー 27/sun
最終日 〜18:00)


小雨の降る昨日、初日を迎えました。
早朝よりたくさんの方に開廊をお待ちいただき、
ありがとうございました。


■野村絵梨花 略歴■
1999 愛知県立窯業高等技術専門校 卒業
2001 岐阜県立多治見工業高校 専攻科 陶磁科学芸術科 卒業
2004 「野村絵梨花うつわ展」カフェギャラリー華野(尾張旭)
    「22th松村憲一(水彩)展」と「野村絵梨花(うつわ)展」
     ノリタケギャラリー(名古屋)
2005〜2007 「クラフトフェアまつもと」出展
2016「野村絵梨花個展 おうちで春のお茶うたげ」Café&Gallery teq-teq(名古屋)
   「十二ヵ月の器と道具たち」THE SHOP 十二ヵ月(名古屋)
   Un Peu-biyori “MEMORIES” CAFE plus GALERIE Un Peu(名古屋)
   「よい形」多治見市文化工房ヴォイスにて(多治見)
   「ガラスと白のうつわ展」瀬戸新世紀工芸館(瀬戸)
   「34th松村憲一(水彩)個展」と「野村絵梨花 日々ひび…器展」
    妙香園画廊(名古屋)



野村絵梨花展_1

今回のDM画像になった新作の“渋角皿”は、
細やかな貫入に栃渋を入れた表情がシックな器。
この季節の空気感にもよく似合っています。

野村絵梨花展_2

白やみずいろの“花ミツ皿”。
ギャラリーに愛らしい野の花が咲き乱れたよう。

野村絵梨花展_4

4月の企画展「十二ヵ月の器と道具たち」で発表された
渋長マグ&ソーサー”は、
バージョンアップされて更に使いここちの良い器に。

野村絵梨花展_3

そのほか、貫入の入った“渋”シリーズを中心に、
日々の色のシーンを彩る器たちが集まりました。
また追ってご紹介したいと思っています。


ファンの多い絵梨花さんの器ゆえに、
みなさまに楽しんでいただくため
ご購入数量を最大10個でお願いすることにいたしました。
落ち着いてまだまだお選びいただける状況となっておりますので
お手元で愉しんでいただける器を見つけに
ぜひいらしてください。

ご高覧をお待ちしております。




Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)