sachi ランドセルのリメイクバッグ

sachi - handmade leather works 2017
“ハジマリノ キセツ”


2017.3.11 sat - 20 mon (最終日〜18:00)


十二ヵ月の在る名古屋市の小学校では
本日ハレの卒業式をむかえました。
卒業生・ご父兄のみなさま、おめでとうございます。

春からの新生活に胸をときめかせる一方で、
この6年間の想い出も深く心に染みていることでしょう。

作品展を開催中の革作家・sachiさんの作品から、
このような作品事例をご紹介します。

楓佳ランドセルリメイク_1
バッグ本体size : 190mm×180mm×70mm

どこか見覚えのある感じではありませんか?
そう、ランドセルリメイクして仕立てたバッグです。
再び使えるものとして想い出のモノに息を与えたいと考え、
作家に依頼して制作していただきました。

楓佳ランドセルリメイク_4

メインで使用しているのは、ランドセルの蓋の部分。
すり傷や汚れも想い出としてそのまま残しています。

楓佳ランドセルリメイク_5

「使える部分はできる限り使い、何を制作できるのか」
という計画でスタートしたため、
マチ(側面)の部分やたくさん有るポケット、
金具や裏地の革まで細かに解体していただきました。

楓佳ランドセルリメイク_2

そして材料のサイズと量を考慮して、
小振りなサイズのショルダーバッグにすることに決定。
ナフキンやコップの袋を提げた
ランドセルを象徴するような金具もこんな風に…。

楓佳ランドセルリメイク_3

蓋を開けると、ランドセルを開けた時と同じ景色が…。
時間割や名前の札を入れたポケット部分です。
あちこちに使われている留め具もできる限り使用し、
シールを貼っていた少しやんちゃな想い出も
蓋の裏側にそっと残しました。


このケースは、解体から制作までを最大限で計画し
無駄を残さない贅沢なつくりとなっていますが、
例えば女の子ならば、シンプルなポーチやお財布、
男の子ならば、定期カードや名刺入れ、スマホケース、
家族みなさんでお家で使うモノならば、ペン立てやデスクトレイなど、
さまざまなモノに生まれ返らせることが可能です。

解体して使える部分の他に、
新たな革を足しても楽しいモノが生まれます。
想い出のランドセル・リメイクは、
いつでもご相談を承っています。



Comment

ランドセルリメイクの件で

インスタグラムやブログを拝見させて頂きました。デザインがとてもかわいくて、私のランドセルもそんな風にリメイクしたいなと思いました。そのことで質問なんですが、このようなショルダーバッグやインスタグラムのがま口バッグには、いくらくらいでリメイクが可能なのでしょうか。また、ショルダーバッグを作ったとして、その際の余った皮では、どのようなものが作れるのでしょうか。
ご返信お待ちしております。

Re: Re: ランドセルリメイクの件で


お尋ねいただき、ありがとうございます。
blogでご紹介している中で、このショルダーや縦型のショルダーは、50,000円位から。 Instagramにも出てくるがま口バッグは30,000円からのご予算です。
余った革については、ショルダー類は革をほぼ使い切りますので、キーホルダー程度か可能です。 がま口はもう少し余裕がありますが、ランドセルによって残る材料の条件が違いますので、個別にご相談を承っています。
これらの事例以外にも、ご要望(デザインやご予算など)をお聞かせくだされば、完全オリジナルのものにリメイクできますよ。
詳細のお問い合わせは、jyunikagetsu*gmail.com (*を@に変えてください)にメールくださいませ。 よろしくお願いいたします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)