青木郁美「食をつくるしごと」より〜その4

青木郁美
「食をつくるしごと」–半農半陶のくらし–

2017.10.28 sat - 11.6 mon



作品展は本日が最終日となりました。

自然の中から発想が生まれる器たち。
最後にボウルなどを。
円だけれど、やはり多角なのです。

青木郁美展2017_23

口元は円だけれど、底面は六角形。
シンプルだけれど、とてもデザイン的。

雨空 面取ボウル 細 / 太
細 ≒φ 90×70mm 2,200円 (+tax)
太 ≒φ130×65mm 2,500円 (+tax)


青木郁美展2017_24

横長の楕円がシンプルで美しい形。

雨空 楕円プレート
≒280×120×5mm 2,500円 (+tax)

青木郁美展2017_22

作家が「麦わら帽子」と呼んでいる
ツバ(リム)のあるボウル。

雨空 リムボウル
細 ≒φ150×70mm 2,600円 (+tax)

青木郁美展2017_21

リムボウルは2色展開。
淡灰色の“雨空”と、白の“新雪”。

青木郁美展2017_27

形の異なる六角形のカップとソーサー。

新雪 六角カップ&ソーサー
カップ  ≒80×80×70mm
ソーサー ≒160×115×5mm 3,500円 (+tax)



・・・・・・・・・・・・・・・

今回の展示の中で、木工は
長野市在住の木工家・属(さっか)麻織さん[工房kanohi]による作品です。
そして、陶と木のコラボ作品は、
青木さんと属さんとによるユニット「一荷」として展開されている作品です。

自立する楊枝は、
冬に剪定したりんごの枝を使ってつくられています。

青木郁美展2017_25

りんごの木の楊枝 / 種 / 球根
≒h80-90mm 1,500円 (+tax)

青木郁美展2017_26

りんごの木の楊枝 / 葉
≒L90-100mm 1,800円 (+tax)



お二人での「一荷」からは、
今後も丁寧に時間をかけながら新たな作品を発表される予定です。



・・・・・・・・・・・・・・・
《通信販売をご希望の方へ》
ご希望の作品がございましたらご連絡をお寄せください。
会期中のご来廊を優先させていただきますが、
対応させていただきます。




Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)