“編む”と“織る” より〜山田弘美 / PACE

加藤郁子・山田弘美/ PACE
Joint Exhibition
“編む”と“織る”

2018.1.20 sat - 28 sun



“編む”ことと“織る”こと。
糸からはじまる二つの手しごとの作品展。

続いて、山田弘美さんの“織り”作品のご紹介を。

・・・・・・・・・・・・・・・
PACE / 山田弘美
PACE / Hiromi Yamada | 織

名古屋ファッション専門学校(現NSC)卒業。
アパレルメーカーにてデザイナー、パタンナー職勤務。
退社後、インディーズブランド「T.Y.T」設立などを経て織りに出会う。
さをり適塾にて織りの基礎を学び以降、独学で作品製作を開始。
現在は、東海エリアにて個展、グループ展、ワークショップを開催中。


加藤郁子PACE_9

手織りで仕上げた生地を最大限に生かした“コクーン”。
織りの表情で装う羽織りものです。

加藤郁子PACE_10

複数本の糸を引き揃えて織る“ななこ織り”のマフラー。
多色づかいで地模様の彩りを愉しむ一枚に。

加藤郁子PACE_11

今回の展示で力を入れている“綾織り”。
マルチカラーのボーダーで大人のカジュアルに。

加藤郁子PACE_12

綾の織り目でデザインを愉しむテーブルウェア。
シンプルな色づかいは、器を映えさせてくれます。



ウールの作品は、多色ある糸サンプルの中から
お好みの色を選んでオーダー制作を承ります。
縦横の糸の交わりで生まれる色のニュアンスを
オリジナルの織りの一枚としてお愉しみください。




Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)