2017.9–12 schedule

■■ 2017.9–12 schedule ■■

2017. 09. 29 up date


■9月9日/土 − 18日/月祝
《作品展》
野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」


■9月10日/日 14:30〜
《イベント》
野田里美×十二ヵ月「コーヒーで茶事の会」
野田里美の器で愉しむ茶事(チャゴト)の会。
(初心者向けコーヒードリツプ講座付き、ゆるりとお茶の会。)

■9月23日/土祝・24日/日・25日/月・26日/火 12:30〜
《ワークショップ》
『機織作家・山田弘美さん(PACE)とつくる テーブルマットの会』

■10月28日/土 − 11月6日/月
《作品展》
青木郁美「食をつくるしごと」–半農半陶のくらし–

■11月11日/土・12日/日・13日/月・14日/火 10:00〜
《ワークショップ》
『機織作家・山田弘美さん(PACE)とつくる マフラーの会』vol.2

■11月18日/土 −26日/日
《作品展》
松本寛司 展(木工)

■11月18日/土 13:30〜
《ワークショップ》
『木工家・松本寛司さんとつくる コーヒーフィルターホルダーの会』

■12月2日/土 −10日/日
《作品展》
谷口晃啓 展(陶磁)

■12月14日/木 −25日/月
《作品展》
鴨頭みどり 展(オブジェ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・
※詳細及びその他計画中の情報は、随時更新します。
※日程・内容などは、変更になる場合もありますのでご確認ください。

DMいろいろ_201708

筒井則行/ icura展・2017 より – 小物いろいろ

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


最終日になりました。
本日は、小さな器や小物をいろいろと。

icura展2017_15
おうちカード立て : 500円

オブジェとしても人気の“おうち”。
お気に入りの写真やポストカードを飾って。

icura展2017_9
小皿
145mm : 2,000円
125mm : 1,800円


彫り目のある“小皿”は、
グラスやデザートカップをのせてコースターとしても。

icura展2017_3
菓子皿      170×120mm : 2,000円
まめ皿・だ円・大 115×80mm : 1,500円
   ・だ円・小  85×60mm : 1,200円


お茶の時間が楽しくなる“菓子皿”や“まめ皿”。
木の色合い次第でさまざまな雰囲気が愉しめます。

icura展2017_10
カトラリー
ディナースプーン : 1,800円
スープスプーン  : 1,500円
デザートスプーン : 1,300円
コーヒースプーン : 1,000円
アイスクリームスプーン : 1,200円
ジャムスプーン  : 1,200円
ジャムナイフ   : 1,300円
バターナイフ   : 1,000円
ヒメフォーク   : 1,200円
パテナイフ    : 1,600円


木のカトラリーはやさしい使いここち。
用途に合わせてアイテムが充実しています。

icura展2017_5

スタンダード / 22.5cm : 1,200円
細      / 22.5cm : 1,200円
スタンダード / 21.5cm : 1,200円
子供     / 19.0cm : 1,100円
子供     / 17.0cm : 1,100円


手しごとで削られた“”。
オイル仕上げの箸は、道具として育っていることをとても実感じます。




7月4日の「くるみのお皿の会」開催します

本日のワークショップ「くるみのお皿の会」は、
予定通り13:00より開催します。

icura_ワークショップ_2017_1

15:30〜16:00頃までに制作を終了し、
その後はケーキタイムの予定ですが、
お帰りの心配な方には、
ケーキセットは後日にお召し上がりいただけるように
準備いたします。

ご来店をお待ちしております。
雨が降り出しそうです。
気をつけてお越しくださいませ。




筒井則行/ icura展・2017 より – お皿いろいろ

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


作品展は会期終盤になりました。
改めて作品のご紹介をいたします。

本日は、お皿をいろいろと。

icura展2017_11
楕円皿・大・深  300×190×35mm : 12,000円

作品展限定で展開される“楕円皿”は、
汁やスープがあるお料理も楽しめる、深さのある器。
昨年よりも更に深さを増して、
使えるお料理の幅が一層広がりました。

icura展2017_12
丸皿・大・深  ≒径260×33mm : 15,000円
丸皿・小・深  ≒径175×33mm : 6,000円

楕円皿と同様に展開される深い“丸皿”は、裏面も彫りのある仕上げで
手しごとの美しさで魅せてくれる器です。
サイズのバリエーションが増えました。

icura展2017_13

icura展2017_14
丸皿・大/つるつる ≒径260×20mm :8,000円

定番のお皿も欠かせません。
当店のカフェでも使用している“丸皿・大”は、
パスタやピッツァ、メインディッシュ、ワンプレートメニューにと、
多用途に使える人気の器。

お料理を引き立てるシンプルさにこだわり、
丸皿と四角皿のシリーズで
使いやすいサイズ違いで展開をされています。

詳細は、過去の記事をご覧ください。
「筒井 則行/icura 展・2016より〜定番のお皿」

icura展2017_14
つなぎ皿(各種) : 3,500円〜

数種の樹種の板をつないでつくる“つなぎ皿”。
自然そのままの色や木目がデザインとなっていて、
サイズも同じものは二つと無い、
まさに一点ものの器です。


※表示価格:税別


◉定番以外の器は、常設での展示はございません。
 ご希望の方は、会期中にご連絡をください。
 会期終了時に在庫がございましたら、通信販売が可能です。




筒井則行/ icura展・2017 はじまりました

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


筒井則行さんの工房・icura展が、
昨日の土曜日からはじまりました。
早朝からのご来店、ありがとうございました。

icura展2017_1

icura展2017_2

icura展2017_4

icura展2017_6

今年のicura展は、日頃とは更にひと味違った作品展開で、
ファンの方もとても嬉しそう。
その笑顔に、筒井さんも十二ヵ月も喜んでおります。

会期中のワークショップ開催日は、
筒井さんも在廊しながら
器の使い方などのアドバイスもしてくださっています。
木の器のことをもっと知っていただく機会にご利用ください。




【予告】筒井 則行 / icura展・2017

筒井 則行 / icura
作品展・work shop


2017.6.24 sat - 7.4 tue (最終日〜18:00)


icura展2017_dm
筒井則行 × 早崎志保(ガラス) “Cake dome”


日々使うことで素敵に育っていく
オイル仕上げの木の器たち。
ここち良く使いながらモノと対話する。
そんな心も育ててくれる気がします。

焼きたてパンやお菓子を
美味しく食べさせることが得意な木の器。
それならばと、ガラス作家とのコラボで
更に楽しみが広がる新作の器をつくりました。

ティータイムが一層豊かになる器。
どんなお料理にも使いたい器。
定番のお皿やカトラリー、小物も集まります。



◆work shop を開催します。
『木工家 筒井則行さん(icura)とつくる くるみのお皿の会』vol.6
6.24/sat・25/sun・30/fri・1/sat・4/tue




「ウィービングスツールの会」終了しました

ワークショップ
『木工家・大橋コージとつくる ウィービングスツールの会』
が2日間の日程を終えました。

ギャラリーでの mini作品展と併せての開催でした。


大橋ws_1

作家にご用意いただいた無垢のフレームに
先ずは縦にペーパーコード(ロープ状の紙紐)を張っていきます。

大橋ws_3

決められたパターンを守ってコツコツと…。
作業が横の張りへと変わると、まさに“編む”ことを実感します。
織り物の組成も現れて、楽しさが増してくる頃です。

大橋ws_2

ウィービングの長い地道な作業が終了。
目を詰めて整えます。

大橋ws_4

完成まで約4時間から6時間。
作業時間に個人差はありますが、
みなさん無事に完成度の高いスツールが出来上がりました。



美しいシートウィービングのためには、
真面目に間違えず正確な作業を繰り返すこと。
全体を通してそのような印象だったのでは。
もちろん作業上の細かなポイントはありますが、
そこは作家に押さえていただいたお陰で
どのスツールも美しい仕上がりでした。

ペーパーコードは、実際に手に触れながらも
「紙とは思えない」というお声が。
肌触りも滑らかで強度も有り、
撥水・防汚の加工もされていますので
安心してお使いいただける素材です。
そして、温かさと通気の良い爽やかさの
両面を感じていただけるシートウィービングです。
ワークショップを通じて、モノの理解や新しい発見に
また少しでも繋がっていただけましたならば幸いです。

大橋さんの本年のワークショップは終了しましたが、
ギャラリーでは常設にて“ウィービング”シリーズの
スツールやベビーチェアをお取り扱いしております。
いつでも座り心地を実感しにいらしてください。