アクセサリー展「ワタシを彩る。」より〜中村奈穂美/ながおりえ

ワタシを彩る。
− 6名の作家による手しごとのアクセサリーたち −

2018.4.26 thu - 5.9 wed


6名の作家による、
さまざまな手しごとによるアクセサリー展。
作品のご紹介が続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・

■中村奈穂美 | ガラス borosilicate

ワタシを彩る。_中村_1

つぶつぶイヤーフック  ¥18,000〜 +tax
つぶつぶ輪ペンダント  ¥12,000〜 +tax
つぶつぶリング      ¥4,500  +tax

細かなガラスの粒を集めて。
イヤーフックとリングは、金属を使用しないオールガラス製。
硬質で軽い性質の成す技です。

ワタシを彩る。_中村_3

イヤーフック+キセしずく  set ¥10,500 +tax

イヤーフックは、中村さんのオリジナルアクセサリー。
素材のホウケイ酸ガラスは、いわゆる耐熱ガラス。

ワタシを彩る。_中村_2

ダイクロリング / 大  ¥12,000 +tax

光の入る角度によって色の変化するリング。
奥行きのある輝きに、ついうっとり。



・・・・・・・・・・・・・・・

■ながお りえ | ガラス burner work

ワタシを彩る。_ながお_1

ネックレス  ¥6,000 +tax

手しごとのトンボ玉やビーズ。
オリジナリティのある組み方が魅力を膨らませます。

ワタシを彩る。_ながお_2

ガラスの石ころリング  ¥2,700 +tax

南の島の砂浜が似合いそうな石ころたち。
ピンバッチもあります。

ワタシを彩る。_ながお_3

それとないブローチ  ¥2,700 +tax

モチーフは、植物?鳥?
「それとなく」集められたいろいろなかたち。



アクセサリー展「ワタシを彩る。」より〜ie/加藤郁子

ワタシを彩る。
− 6名の作家による手しごとのアクセサリーたち −

2018.4.26 thu - 5.9 wed


6名の作家による、
さまざまな手しごとによるアクセサリー展。
会期半ばとなりましたので、
少しずつ作品をご紹介してまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・

■i e | 焦がし絵

ワタシを彩る。_ie_1

たからむすめ   ¥2,500 +tax
リングホルダー  ¥1,800 +tax

アクセサリーをステイ&ディスプレイしてくれる小物たち。
“たからむすめ”は、頭上に籠を置いて歩いているイメージなのだとか。

ワタシを彩る。_ie_2

むすめブローチ  ¥2,000 +tax

おすまし顔のむすめたち。
みんなちがって みんないい。

ワタシを彩る。_ie_3

バレッタ  ¥2,300〜 +tax
ヘアゴム  ¥1,500  +tax

髪にも大人のナチュラル感を漂わせて。



・・・・・・・・・・・・・・・

■加藤 郁子 | レース

ワタシを彩る。_加藤_1

イヤリング 各種      ¥1,750〜 +tax
ピアス   各種      ¥1,750〜 +tax
ラメパール ブレスレット  ¥2,700  +tax
佐賀錦 ネックレス     ¥8,000  +tax

繊細なレースに
パール、ビーズ、リボン、アンティークボタンを取り込んで。

ワタシを彩る。_加藤_2

チョーカー  ¥3,000 +tax

レースを立体的に愉しんで。

ワタシを彩る。_加藤_3

mini sock  ¥759 +tax (¥820)

久しぶりに登場しました。
ストラップは、スマホピアス、バッグチャームにも交換可能。




アクセサリー展「ワタシを彩る。」作家紹介–1

ワタシを彩る。
− 6名の作家による手しごとのアクセサリーたち −

2018.4.26 thu - 5.9 wed


昨日よりはじまりました。
手しごとならではの優しさ、愉しさ、個性を感じられる
アクセサリーの数々を生んでくださった
6名の作家をご紹介いたします。


i e | 焦がし絵

在廊日 : 4.26 thu (13:00〜17:00)

ワタシを彩る。_ie

1978 岐阜県生まれ
2000 名古屋モード学園卒
    ハンドバッグデザイナーとして働きつつ、焦がし絵を始める。
2002 木地師47代目 大蔵俊彦氏に師事
    木工轆轤の技術を教わる
現在 自宅工房にて轆轤を挽き、作家活動中


・・・・・・・・・・・・・・・

加藤 郁子 | レース

在廊日 : 4.28 sat

ワタシを彩る。_加藤

ニット作家・桑田路子氏に師事
日本手芸普及協会レース指導員
カルチャーセンターにて、タティングレース講師として活動
名古屋市内ギャラリー等にて個展開催、企画展参加


・・・・・・・・・・・・・・・

中村 奈穂美 | ガラス borosilicate

在廊日 : 4.28 sat, 5.6 sun

ワタシを彩る。_中村

愛知県生まれ
2000 バーナーワークに出会い、
    トンボ玉やガラスアクセサリーの制作を始める
2002 ブランド「na:zy」立ち上げ
2004 酸素バーナーを使ったホウケイ酸ガラスの作品制作も始める
2006 ガラス工房「Monado Glass」設立
2013 名古屋造形大学非常勤講師


・・・・・・・・・・・・・・・

ながお りえ | ガラス burner work

在廊日 : 4.26 thu, 28 sat

ワタシを彩る。_ながお

1992 愛知教育大学 総合造形学科程 総合造形コース ガラス専攻 卒業
1994 富山ガラス造形研究所 造形科 卒業
1994 富山ガラス工房勤務(〜1997)
1997 スタジオ塩草スタッフ(〜1998)
2003 GLASS COTAN 設立
2011 「いえづと」ワークショツプ&作品展(〜2014)
現在  展覧会などで作品発表


・・・・・・・・・・・・・・・

早崎 志保 | ガラス fusing, blowing

在廊日 : 4.28 sat

ワタシを彩る。_早崎

1975 岐阜県生まれ
1997 愛知教育大学 総合造形コース ガラス専攻 卒業
1998 富山ガラス造形研究所研究科 卒業
1998〜2007 岡崎ガラス工房・葵 ガラス工芸指導員
2008~現在 Glass Studio「ガラスごこち」主宰(岡崎)
2013~現在 名古屋芸術大学非常勤講師
展覧会
2017 個展(横浜、静岡)企画展(名古屋、東京、京都、茨城、山口、台湾)
2016 個展(松山、幸田、台湾)企画展(名古屋、刈谷、神戸)
2015 個展(横浜 、神戸、桑名)企画展(名古屋、松山、茨城)
2014 個展(静岡)企画展(名古屋、豊田、豊橋、茨城、神戸、松山)
2013 個展(横浜、桑名)、二人展(横浜)、企画展(松山)

入選: 富山現代ガラス大賞展、朝日現代クラフト展、
   高岡クラフトコンペ、日本現代ガラス展、New Glass Review17、他
コーニングガラス美術館収蔵(U.S.A.)


・・・・・・・・・・・・・・・

水谷 美樹 | 磁器

在廊日 : 4.28 sat

ワタシを彩る。_水谷

1986 三重県生まれ
2011 岐阜県多治見市意匠研究所 デザインコース修了
現在  岐阜県にて制作

グループ展、クラフトフェアへの出展を中心に活動




2018.1–7 schedule

■ 2018.1–7 schedule ■

2018.04.04 up date


■1月20日/土 − 28日/日
《作品展》
加藤郁子・山田弘美/ PACE 
Joint Exhibition “編む”と“織る”


■2月10日/土 − 19日/月
《作品展》
水野正美 metal works
“使う、味わう、愉しむ”


■2月10日/土・11日/日
《イベント》
水野正美(銅・真鍮) × 鈴木早苗(シェフ) × THE SHOP 十二ヵ月
MORE THAN BISTRO
“Nuevo Latino〜ラテンの新風”


■3月10日/土 − 19日/月
《作品展》
水谷和音
−毎日のちいさな“トクベツ”−
(磁器)

■3月25日/日 10:00〜15:00
《イベント出店》
チルチンびと Market “健やかに暮らす”
@(株)エコ建築考房 ショールーム (愛知県一宮市)

■4月7日/土, 8日/日,10日/火, 11日/水 12:30〜
《ワークショップ》
『機織作家・山田弘美さん(PACE)とつくる トートバッグの会』

■4月26日/木 − 5月9日/水
《企画作品展》
ワタシを彩る。
− 6名の作家による手しごとのアクセサリーたち −


出展作家 :
i e    | 焦がし絵
加藤 郁子  | レース
中村 奈穂美 | ガラス borosilicate
ながお りえ | ガラス burner work
早崎 志保  | ガラス fusing, blowing
水谷 美樹  | 磁器 

■5月19日/土,20日/日,21日/月,22日/火,23日/水 12:30〜
《ワークショップ》
『機織作家・山田弘美さん(PACE)とつくる テーブルマットの会』vol.2

■6月9日/土 − 18日/月
《作品展》
筒井則行 / icura 展 (木工)

■6月9日/土,10日/日,15日/金,16日/土,18日/月 13:00〜
《ワークショップ》
『木工家 筒井則行さん (icura) とつくる くるみのお皿の会』vol.7

※いずれかの一日を『サーバースプーンの会』にて開催予定。
 調整ができ次第、更新いたします。

■7月21日/土 − 29日/日
《作品展》
野村絵梨花
– 夏のおやつ器 –
(陶)



・・・・・・・・・・・・・・・・・
※詳細及びその他計画中の情報は、随時更新します。
※日程・内容などは、変更になる場合もありますのでご確認ください。

DMいろいろ_201801

【予告】アクセサリー展 「ワタシを彩る。」

ワタシを彩る。
− 6名の作家による手しごとのアクセサリーたち −

2018.4.26 thu - 5.9 wed


ワタシを彩る。_DM

私らしく。
それは、いつでも どこでも
居ごこちのよい自分でいるためのキーワード。

装いにプラスする一欠片は、
私らしさに彩りを差すための大切なピース。
小さくともそっと魅力ある光りをもたらすものを。

やさしく、軽く、普段着ライクに、…。
手しごとの個性を詰め込んだ欠片たち。
アクセサリーの映える季節に向けて
どんな彩りと出逢っていただけるでしょうか。




■出展作家 / 在廊日
i e   | 焦がし絵  / 4.26 thu (13:00〜17:00)
加藤 郁子  | レース         / 4.28 sat
中村 奈穂美 | ガラス borosilicate   / 4.28 sat, 5.6 sun
ながお りえ | ガラス burner work  / 4.26 thu, 28 sat
早崎 志保  | ガラス fusing, blowing / 4.28 sat
水谷 美樹  | 磁器          / 4.28 sat




水谷和音 展 より | 定番外のいろいろ

水谷和音
−毎日のちいさな“トクベツ”−

2018.3.10 sat - 19 mon



作品展最後の週末をむかえました。
明るい日差しが戻り、和音さんの器がよく映えます。

今回の個展では、
定番外や新作の器をたくさんご用意くださいました。

水谷和音展_11

花器
¥2,500〜¥3,200 (+tax)

ブーケポットタイプの花器は、全てが一点もの。
気楽に挿して素敵にまとまる形とサイズ感です。

水谷和音展_12

蓋物
¥2,700〜¥3,000 (+tax)

何を容れましょう。
ちいさなお菓子?常備菜や保存食?

水谷和音展_13

長皿
¥3,300 (+tax)

新作のシンプルなお皿は
釉薬の色味や表情のやさしさが一層引き立てられます。

水谷和音展_14

掛分けシリーズ
鎬湯呑み/長 ¥2,500(+tax)
鎬カップ   ¥1,200(+tax)
鎬茶碗    ¥1,600(+tax)

内側を白っぽく仕上げた器に拘る方も多いですね。
お茶などの色をきれいに見せる掛分け。

水谷和音展_15

網豆皿 ¥1,000(+tax)

ディティールがシックな空気感を醸す豆皿。
小さな器ですが大きなアクセントになります。




水谷和音 展 より | 花の器 – その2

水谷和音
−毎日のちいさな“トクベツ”−

2018.3.10 sat - 19 mon



会期はすでに半ば。
日増しに春らしい陽気になり、
和音さんの器が一層似合う季節になってきています。

先日に続いて、花の器の続きを…。

水谷和音展_07

花ボウル
特大 ¥5,200 |大 ¥3,000 | 中 ¥2,300 | 小 ¥1,500 (+tax)

花びらの形をした、シンプルなボウル。
定番サイズのほかに7寸サイズが一点ものとして。
お料理にもデザートにも、
楽しく使い道を考えたくなるサイズ展開です。

水谷和音展_08

花ポット
¥6,500 (+tax)
花カップ
¥1,800 (+tax)

今回のために挑んでくださったお花のポットは、
明るい窓辺でお茶を愉しみたくなるような器。
一点ものですが、再制作のリクエストがいくつも届いています。
作家へお伝えさせていただきますね。

水谷和音展_09

菊花皿
¥2,000 (+tax)

菓子皿、取り皿としてスマートに使える菊花皿は、
青磁と瑠璃の釉薬で展開されています。
青磁の器は数少ないのですが、
趣のある色味と表情にぜひご注目ください。

水谷和音展_10

花びら豆皿
¥1,000 (+tax)

箸置き兼用としても使える豆皿。
少しある深さが使い勝手を広げています。



和音さんはお料理も好きで、
日々使いながら次に欲しいと思う器が生まれるそう。

お料理好きさんのつくる器はすぐにわかります。
器を見ていると、何を盛ろうか、何が映えるか、
次々と思い浮かんできますから。

定番の器は、やはりそうあって欲しいと思うのです。