2017 秋のスイーツ

季節はすでに秋真っ只中。
今年の秋のスイーツも出揃っています。

秋は魅惑的な素材がいっぱいの季節。
あれこれ網羅してお届けします。

キャラメルりんごのチーズケーキ2017
キャラメルりんごのチーズケーキ
セット 840円

秋リンゴの酸味も生かして
コクとフレッシュさの両方を感じられる
ベイクドタイプに仕立てました。

さつま芋と胡麻のタルト2017
さつま芋と胡麻のタルト
セット 840円

”安納芋よりはるかに甘い”とされる“紅はるか”と
擦りたての黒ごまをたっぷり詰め込んで。
隠し味にはオレンジを。

かぼちゃのシフォンケーキ2017
かぼちゃのシフォンケーキ
セット 820円

素材のやさしい甘みと彩りを生かしたケーキ。
小さな子どもさんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、
人気の高いケーキです。

紫いものシフォンケーキ2017
紫いものシフォンケーキ
セット 820円

ほんのりと秋の風味を愉しむケーキ。
素材の彩りもシックで、
乾いた空気によく似合います。

木の実のスコーン2017
木の実のスコーン
セット 740円

秋の定番スコーンは、
ナッツをミックスして、ショコラマーブルで。
苦味の効いたコーヒーや
ミルクたっぷりの飲みものと相性抜群です。

甘栗オ・レ2017
甘栗オ・レ
640円

栗のやわらかな甘味をたっぷりミルクとクリームで。
寒くなっていくこの時季に、
ホッと寛いでいただけるようなお飲みものです。
今季は、バージョンアップして登場です。




10/7(土) 貸切り時間帯のお知らせ

10月7日(土) 10:00〜12:00の時間帯は、
店内貸し切り営業とさせていただきます。

十二ヵ月の奥の部屋(個室)にてレッスンを行われている
“Cell-Cafe”さま主催のチェロ教室発表会が開催されます。

チェロ楽器

貸切り営業とご案内しておりますが、
どなたでもご鑑賞いただくことができます。
トリとして講師演奏も予定されているそうですので、
関心をお寄せいただく方はお気軽にご来店くださいませ。

尚、お席はギャラリー側にも増設しますが、
関係者優先でご案内させていただきますので、ご了承ください。
また、入場料は無料ですが、
カフェでの1オーダーをお願いいたします。


◆チェロ教室についてのご相談などは、
 主催されている“Cell-Cafe”(チェロカフェ)さんへ
 直接ご連絡ください。

Cello-Cafe 公式サイト
http://cello-cafe.com/school/cellocafe/




「テーブルマットの会」を開催しました

9月23日から26日の4日間で、
ワークショップ
『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
テーブルマットの会』

を開催しました。

pace_ws_テーブルマットの会_5

参加者さまの作品が完成しましたので、
当日の様子と合わせてご報告いたします。


pace_ws_テーブルマットの会_8

制作するもののテーマを決めて開催する
PACEの機織ワークショップ。
横糸は、たくさん用意される糸から色を選び、
配色やデザインを考えることから始めます。
自分だけのオリジナル作品がつくれるのは、とても楽しいこと。
それと同時に、制作作業前の「考える」時間が
とても大切さなのだと実感していただけたことでしょう。

pace_ws_テーブルマットの会_7

織る前の糸の準備。
選んだ糸をカラーブレンドするために、
板杼(いたひ)に巻きます。
地味な工程にも、とても重要なことが詰まっています。

pace_ws_テーブルマットの会_6

お待ちかねの機織り工程。
ガシャン、パタン、トントン、…。
このリズムに手が慣れてきた頃には、
みなさんとても集中していらっしゃいます。
「無になれた。」というお声も。

pace_ws_テーブルマットの会_9

糸が集まり、縦の糸と交差し、織布になりました。
当日の作業はここまで。
作家が縫製をして仕上げましたのが、完成の画像です。
どの一枚をとっても
色のブレンドやグラデーションが豊かで、
つくり手の個性の現れた織布になりました。



自分の手で一本の糸が複雑な織布になり、
暮らしの中で愉しむモノになる、この機織りワークショップ。
今年の開催は、経験者限定の「マフラーの会」を残すのみとなりました。
マフラーのように難易度が高く、制作時間の長いテーマへのご参加は、
経験者に限定させていただきます。
興味を持ってくださる方は、
ぜひ初心者向けから始めてみてくださいね。

今後も機織りワークショップは、
初心者向けから経験者向けまでさまざまに
年に3〜4回の開催を予定しています。
過去に開催したテーマの再開催を望まれる声も届きますが、
新しい楽しさも増やしていきたいと思っています。
どうぞお楽しみに。

最後になりましたが、参加者のみなさま、PACEの弘美さん、
ありがとうございました。
手塩にかけたマットたちとの暮らしの1ページを
末長く愉しんでくださいね。




【予告】青木郁美「食をつくるしごと」–半農半陶のくらし–

青木郁美
「食をつくるしごと」–半農半陶のくらし–

2017.10.28 sat - 11.6 mon



青木郁美展2017_DM

畑ではたらき、やきものと向き合う。
自然に寄り添った菜園で育てた野菜は、
自然の中から感じた形や色の器たちで…。

それはきっと、青木さんの生き方。
陶芸家・生産農家として、
たいせつな「食」を素材から
テーブルの上で愉しむことまで ていねいに考える。

独立後、東海地区へ戻っての初個展となります。
新しい生き方から導かれた
人としての魅力をさらに映し出した器たち。
北アルプスの麓から届きます。



■作家在廊日 : 10.28 (土)



・・・・・・・・・・・・・・・
◆cafeより〜
「青木さんちのかぼちゃメニュー」(会期中/限定数提供)

野菜は、「育てる→種を取る→育てる」を繰り返すと、
その畑ならではの性質をもつ野菜になります。
お母さんが植え始め、種を取り続けてきた
「青木さんちのかぼちゃ」で、
「かぼちゃづくしメニュー」をご用意します。

また、器の釉薬になっているりんごの木から採れる、
旬のりんごを使ったスイーツもサーブします。
どちらも作品展で展示される器でお楽しみください。




通信販売をご希望の方へ

2017.10.01 up date

日ごろは作品の情報をご清覧いただき、ありがとうございます。
Online shopに掲載以外の作品も、通信販売を承っております。
(※現在、online shopはリニューアル準備のため閉店中です。)
ご希望の方は、下記内容をよくご確認・ご了承いただきました上で
ご連絡くださいませ。よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
《通信販売につきまして》

◆作家ものの器など作品は、手づくりゆえの個体差が有るのが特徴です。
 サイズ、形、色などが一つずつ若干異なります。
 差異の大きなものは受注の際にご案内いたします。

◆ご注文はメールまたはお電話で承っております。
 可能な限りメールにて、ご覧いただいたウェブサイトのURLや
 画像などを添付してお送りいただきますと助かります。

◆メールの返信は通常1~2日以内(土日祝、年末年始、夏季休暇などを除く)
 を心掛けておりますが、内容確認にお時間をいただく場合がございます。
 また、24時間経過しても返信のない場合は、
 通信事故が生じている可能性がございます。
 事故の可能性が考えられる場合や、お急ぎの場合は、
 お電話にてお問い合わせくだますようお願いいたします。

◆お客さまのご都合によるキャンセル、商品の返品・交換は、
 原則お受けすることができません。

1.ご注文方法について
下記《ご注文フォーム》の内容をお伝えください。
メールでのご注文の場合は、コピー&ペーストにてご入力ください。
※到着順受付とし、ご要望に添えない場合もメールにてご連絡差し上げます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
《ご注文フォーム》
■ご希望内容の/作家名/作品名/価格/数量:

■ご希望のお届け方法:(発送or店頭受取り) ※ご選択ください

■ご注文者情報
 お名前:
 ご住所:〒
 お電話番号:
 メールアドレス:

■お届け先情報(ご注文者情報と異なる場合のみご入力ください)
 お名前:
 ご住所:〒
 お電話番号:
−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.お支払いについて
発送をご希望の場合は、お振込によるご入金確認後の発送とさせていただきます。
口座情報は、ご注文承りの返信にてご連絡いたします。
店頭受取りご希望の場合は、ご来店時にお支払いください。
尚、エコと配送コスト圧縮の観点より、贈答品を除く品のお届けに
リユースダンボールを利用させていただきます。
ご理解のほどお願い申し上げます。

3.配送について
《割れ物・壊れ物の場合》
西濃運輸宅配便での発送になります。
総重量5kgまで、サイズ130cmまで同一価格です。
※配達時間の指定は対応しておりません。
 午前or午後の希望のみ承りますが、確約ではございません。
※離島は別途お見積いたします。
◆送料(税込み)
※2017年10月1日より値上げになりました。
・北海道 :1,188円
・北東北 :1,080円
・南東北 :972円
・関東・信越・北陸:756円
・東海  :648円
・近畿  :756円
・中国  :864円
・四国  :972円
・北中九州:1,080円
・南九州 :1,188円
・沖縄  :ゆうパックでの発送となります。(愛知県発の料金)

《壊れ物以外の場合》
エコ配での発送になります。(格安宅配便です。)
金工、木工、織り物、編み物など壊れ物以外のお届けに限ります。
サイズ80cmまで同一価格です。
※配達日時の指定は対応しておりません。
※お届け先によっては、通常より1日程度配達にお時間を要する場合があります。
◆送料(税込み)
■エコエリア:420円(税込み)
・東京都全域(離島はエリア外)、神奈川県全域、千葉県全域、埼玉県全域 
・愛知県/名古屋市
・大阪府全域
・兵庫県/神戸市(六甲山山間部はエリア外)、
     伊丹市、尼崎市、明石市、西宮市、宝塚市、芦屋市
・京都府/京都市(京都市右京区京北及び一部山間部はエリア外)、
     向日市、宇治市、八幡市、城陽市、長岡京市、
     乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町
・奈良県全域(吉野郡はエリア外)

■Aエリア:530円(税込み)
・東北
・エコエリア以外の関東
・信越
・北陸
・エコエリア以外の東海
・エコエリア以外の関西
・中国

■Bエリア:640円(税込み)
・北海道
・四国
・九州

※沖縄はゆうパックでの発送となります。(愛知県発の料金)
※一部の離島は別途お見積りします。


《ご連絡・お問合せ先》
Email : info*jyunikagetsu.com (*を@に入れ変えてください)
Tel : 052-321-1717




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■送料につきまして■
・配送会社の運賃値上げにより、見直しとなる場合がございます。
 予約制作品をご依頼の場合には、お届け時の送料を賜ります。
 ご了承くださいませ。

・ポストへの配達が可能な割れ物以外の小さなお荷物は、
 クリックポストでの発送が可能です。
 該当品の場合は、随時ご案内をいたします。




「東海ひとめぼれスイーツ」

2017年9月27日に発売されました雑誌
東海ひとめぼれスイーツ」ぴあMOOK中部 に
十二ヵ月を掲載していただきした。


ひとめぼれスイーツ_1

“スイーツグラマーオススメの おしゃかわスイーツ、教えます”
のコンテンツへ、
インスタグラマーの SOYさま からのご紹介です。

ギャラリー&カフェとして
作家ものの器でサーブしていることに注目していただき、
土岐の小澤基晴さんや、熊本の水谷和音さんのお皿にのった
スコーンが取り上げられています。

カフェとしてスイーツだけ、
ギャラリーとして器だけ、ではなく、
当店のこのスタイルをご紹介いただけることは、
実はとても嬉しいのです。
両方あっての十二ヵ月だと思っていますので。

ご紹介くださった SOYさま、
ていねいに取材してくださったライターさま、
素敵な画像を撮ってくださったカメラマンさま、
ありがとうございました。

ひとめぼれスイーツ_2

季節ごとの味をお楽しみいただくスコーンは、
間もなく秋の味に変わります。
コクのあるスイーツが美味しい季節になっていきますね。
温かいコーヒーやお飲み物と一緒にぜひご賞味ください。

お花が咲いたような愛らしさのある
水谷和音さんの器は、年内に届く予定。
東海地区初のご紹介になるはずです。
ぜひお楽しみに。



そして…
この掲載は、“撮影のマナーについて”の取材付きでした。
(こんなことになっているとは、後で少し驚きましたが。)
日頃、ほんの少し感じることもありましたので、
媒体でこのようなコンテンツを設けてくださることは
とても有り難いと思いました。
画像や情報を投稿してくださるみなさまには、
いつも「ありがとうございます」の想いです。
「撮影時の声がけ“要”」と表示されていますが、
お客さまとスタッフがニッコリしながら
コミュニケーションをとれるくらいの空気感がいいよね、
という程度の気持ちです。
ココで同じ時間を愉しんでくださる方々が
ここち良く過ごしていただけたらと思うばかりです。

ギャラリーとしての撮影についての想いは、
ていねいにお伝えしたいこともありますので、
それはまたの機会に…。




【参加者募集】機織りws『マフラーの会・vol.2』

◆2017年9月29日(金)20:00より募集開始いたします。

モノ人_web用ロゴ

『機織り作家・山田弘美さん(PACE)とつくる
 マフラーの会』vol.2
参加者募集
 (対象 : 経験者限定)


ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
シリーズで開催している機織りのワークショップ。
今回のテーマは、一年振りの開催になるウールのマフラー。
参加対象を経験者に限定し、
時間をかけて大きな作品づくりに取り組みます。

使用材料のウール糸は、コットン糸と織り方のコツも異なります。
これまでの経験を生かしながら、
もう一段ステップアップした機織り体験になることでしょう。
糸の色、表情の違いなどを組み合わせて、
冬の装いを楽しむオリジナル作品を制作してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
◉デザインパターン図
3種のデザインより選択していただきます。
《ボーダーパターン》《3色パターン》《2色パターン》
マフラーの会_パターン図

◉糸色見本
横糸は各パターンによって、ⒶとⒷの糸の色を下記からお選びください。

共通色用糸と1〜5の糸は、ウール100%。
(内、柔らかい上質のメリノウール40%)
全ての糸を2本どりで織ります。(縦横共)

V_ベース
《共通糸》ベース色(ライトグレー+ベージュのミックス)
房は根元を結んで仕上げます。

1_ホワイト
《1. ホワイト》オフホワイトではなく、純白です。

2_ダークグレー
《2. ダークグレー》

3_ボルドー
《3. ボルドー》

4_ネイビー
《4. ネイビー》

5_グリーン
《5. グリーン》

6_ループ_ナチュラ
《6. ループ糸/ナチュラル》
ループ状になった糸に同色糸(作家が選択)の2本セットで織ります。
ループ糸はウール90%+ナイロン10%。

7_ループ_ライトグレー
《7. ループ糸/ライトグレー》
ループ状になった糸に同色糸(作家が選択)の2本セットで織ります。
ループ糸はウール90%+ナイロン10%。

8_スラブ
スラブ_ズーム
《8. スラブ糸+1〜5より1色選択》
スラブ糸は、糸の太さが不均一な撚りの緩い糸。ウール100%。
1〜5より好きな糸を選択したものと2本セットで織ります。

◉制作の様子
コースターの会2016_4
小型の機をお一人に1台用意します。


《山田弘美 / PACE》
名古屋ファッション専門学校卒。
アパレルメーカー勤務、アパレルインディーズブランド「T.Y.T」設立などの後、
さをり通塾にて織りの基本を学ぶ。以降、独学にて作品制作を開始。
十二ヵ月にて個展、企画展、常設展示に出品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■仕上り目標サイズ:16cm×160cm
 経糸(縦糸)は、共通色として作家が糸掛けします。
 横糸の色が暖色系・寒色系のどちらにも合うように配慮されています。
 
1. 緯糸(横糸)は、デザインパターンと色を事前に選択していただきます。
 参加のお申込み後、10月末日までに決定してご連絡ください。
 尚、糸色見本の実物は十二ヵ月に置いてございますので、
 店頭でご覧いただきながらの選択も可能です。

2. 当日は、指導を受けながら糸の準備をして織ります。
 (途中に昼食を挟みます。)

3. 織ったものの房の始末をし終了です。

4. 仕上げの洗い加工の方法をお教えしますので、
 ご自宅で実施していただき、完成となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2017年11月 (1)11日/土、(2)12日/日、(3)13日/月、(4)14日/火 10:00〜17:00
  ※昼食とドリンク(食後or制作後にお飲みいただけます)が付いています。
  ※完成した方から先にお帰りいただけます。

会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 各回4名
  ※1名のお申込みで2名まで予約可能
対象年齢 : 小学生以上(小学生のご参加には、大人の付添いが必要)
費用 : 8,000円
  ※材料・制作費、昼食・ドリンク代を含む。
  ※道具類は全てご用意します。
 
【 申込方法 】 
◆2017年9月29日(金)20:00より募集開始いたします。
 時間前のお申込みは自動でキャンセル扱いになります。


下記フォームをご利用(ペースト)いただき、
E-mailまたはFAXで十二ヵ月宛にお送りください。
Facebook、Instagramのダイレクトメッセージからも可能です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『機織りマフラーの会 vol.2』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先E-mailアドレス 又は FAX番号:

・参加希望日:第1希望(  )、第2希望(  )

・参加希望人数:  名(+付添い 名)※2名まで予約可能

・ご希望のデザインパターンと糸:
(10月末日までに決定してご連絡ください。)

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。
 24時間以上返信の無い場合は通信事故の可能性がありますので、
 電話などでお問合せください。
 (予約満了の場合でも必ず返信を差し上げております。)

※キャンセルされる場合は、速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは原則できませんのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作して完成品をお渡しします。)

■お申込先:THE SHOP 十二ヵ月
 今回より新たに予約専用メールアドレスを設けました。
 先回までと異なりますのでご注意ください。

 E-mail:jyunikagetsu@gmail.com
 FAX :052-321-1717




◆昨年の『マフラーの会』の様子
blog 2016-11-17 “機織り「マフラーの会」終了しました”



・・・・・・・・・・・・・・・
《up date》2017.10.01

【ご予約状況のご案内】

■11月11日/土 残席 0
■11月12日/日 残席 1
■11月13日/月 残席 0
■11月14日/火 空席があります

定員になりました日にちは、キャンセル待ち受付を行います。
最終いつまでキャンセルをお待ちいただけるかをお書き添えの上、
希望日をご連絡くださいませ。




【予約受付中】9月の自家製スモークベーコン

十二ヵ月自家製・スモークベーコン
次回の販売予定&予約開始のお知らせです。

販売開始 : 9月30日(土) 13:00〜

2ヶ月ぶりのベーコンの日です。
この間にお問合せくださったみなさま、ありがとうございました。
ご予約方法は、いつもの通りです。
下記をご確認ください。

※ご予約のみで予定量に達した場合は、
 店頭一般販売は行なえませんのでご了承ください。

ベーコン_1707

愛知県のブランド豚・三河ポークを
自家ブレンドの野菜やスパイス、ハーブと一緒に塩漬けし、
サクラなどでじっくりと燻します。

ベーコン仕込み開始

少量ずつていねいに燻して仕上げるベーコンは、
パンチェッタに似たしっかりとした食感と、
薫りの高さをお楽しみいただけます。

そのままスライスしてサラダやおつまみに。
さっと炙ると薫りが際立ちます。
パンにのせてシンプルに。
炒めもの、スープやソースなどお料理は
旨味をアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
《ご予約について》

■価格など
¥500(税込)/100gあたり
1カット200g〜250gくらいに切り分けて販売しますので、
店頭でお好きなカットを先着順でお選びいただきます。

■予約〜受取り
・ご希望のカット数で予約を承ります。
・ブロックのままでご購入希望の方は、グラム数をお伝えください。
 多少の量の前後はご容赦ください。
・お一人さま1kgまでとさせていただきます。
・防腐剤や保存料など不使用のため、10月4日(水)までにご来店ください。
 保冷バッグ等のご持参をお願いいたします。
・発送をご希望の方には、ゆうパックのチルド便でお届けします。(送料実費)


下記をご連絡ください。
・お名前:
・お電話番号:
・ご希望量:(200〜250gを◯個)または(◯◯◯g×◯個)
・ご来店予定日: 月 日


■予約の連絡先
tel : 052-321-1717
email : info*jyunikagetsu.com(*を@に替えてください)
facebook、Instagramのダイレクトメッセージもご利用ください。

《ご注意ください》
一部の方に、当店からの返信メールが届かないという事例が発生しています。
24時間以内に当店からの返信がない場合は通信上の事故の可能性が高いため、
お手数ですがご確認のお電話をくださいませ。
万が一予約満了の場合でも、必ず返信を差し上げています。
よろしくお願いいたします。



野田里美 展「チャゴト–茶事– のウツワ」〜育てる磁器

野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」

2017.9.9 sat - 18 mon/holiday



ちゃごと[茶事]とは、
寄り集まって茶を飲むこと。茶菓を供して話し興じること。

器を愛でることで育てる喜びも感じられる、野田さんの磁器。
お茶の時間などさまざまな日常の中で気楽に
この器との関係を愉しんでいただきたいとの想いで
この作品展ははじまりました。

改めて、代表的な表現の“銀樹” “墨樹” “墨銀”を…。

野田里美展2017_21

野田里美展2017_24

今回の企画では、
野田さんの器を洋づかいで愉しんでいただきました。
ケーキスタンドには、
“銀樹” “墨樹” “墨銀”の“7寸台皿”をのせて。

アイアン製のケーキスタンドは、
野田さの器のイメージに合わせて
鍛鉄作家・ハブ モリオさんに制作していただきました。
手しごとの器の表情と鉄の表情とが
よい時間を演出してくれました。

野田里美展2017_17

野田里美展2017_19

“墨樹”などの黒い器は、
使い込むことで艶が出て深い色に育つ器。
“銀樹”などの銀彩の器は、
経年変化により銀がシャンパンゴールド〜燻銀へ、
そして黒と銀の“墨銀”は、
シックな深みのある器つへと育つ器です。

円でサイズ展開されている“台皿”と
角でサイズ展開されている“角皿”。
お菓子にもお料理にも
日々の食の彩りを引き立ててくれます。

野田里美展2017_18

会期中は“墨銀 花器”で
ギャラリーにも華を添えていただきました。


この作品展を通して、
みなさまの日々の暮らしの中で器と寄り添う愉しさ喜びを
見出していただけましたなら何よりです。




野田里美 展「チャゴト–茶事– のウツワ」〜お茶の器–3

野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」

2017.9.9 sat - 18 mon/holiday



ちゃごと[茶事]とは、
寄り集まって茶を飲むこと。茶菓を供して話し興じること。

日々の中で、さまざまなお茶の時間を愉しんでいただくための器たち。
お茶が違えば器も異なる。
でも、それぞれの流儀に沿った器には、
それぞれの美しさがあるものです。

野田里美展2017_12

“墨銀 台”に据えた、“銀彩 茶器”と“銀彩 茶杯”。
小さな“墨樹 一輪挿し”に秋の彩りを添えて、
中国茶で愉しむお茶の時間に。

野田里美展2017_13

“銀彩 フタモノ”は、茶葉のための容器。
身(本体)と蓋とで異なる表情をもつ美しい器。

野田里美展2017_14

野田里美展2017_15

“銀彩 ポット”と“千刻 黒 ポット”は、
真鍮のつる(取手)がついた土瓶型も 。
たっぷりサイズで毎日の日本茶に。

野田里美展2017_16

今回の作品展で初披露となった、“耐熱ポット”。
直火で使える器です。
お湯を沸かしてお茶の用意を。




野田里美 展「チャゴト–茶事– のウツワ」〜お茶の器–2

野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」

2017.9.9 sat - 18 mon/holiday



ちゃごと[茶事]とは、
寄り集まって茶を飲むこと。茶菓を供して話し興じること。

日々の中で、さまざまなお茶の時間を愉しんでいただくための器たち。
日本の「抹茶」は、今では「matcha」として
たくさんの国々で愉しまれています。

わたしたちもこの大切な文化を、
もっと気取らず気楽に愉しみたいものですね。

野田里美展2017_8

“千刻 抹茶碗”は、白と黒の軽やかな器。
「カジュアルにお抹茶を愉しんでいただきたい」とは、
作家の野田さんのお言葉です。

野田里美展2017_7

“千刻”のシリーズには、字のごとく繊細に刻まれた筋が。
陰影がつくり出すモダンな表情をご覧ください。

野田里美展2017_9

野田里美展2017_10

野田里美展2017_11

“銀花 小皿”は、全6種が勢ぞろい。
華やかながらも落ち着きのあるやわらかな光を放つ器です。




野田里美 展「チャゴト–茶事– のウツワ」〜お茶の器–1

野田里美 磁器の表現
「チャゴト–茶事– のウツワ」

2017.9.9 sat - 18 mon/holiday



ちゃごと[茶事]とは、
寄り集まって茶を飲むこと。茶菓を供して話し興じること。

日々の中で、さまざまなお茶の時間を愉しんでいただくための器たち。
ひと口に「お茶の時間」と言っても
さまざまなお茶のシーンがあります。

本日は、コーヒーや紅茶のシーンのための作品を…。

野田里美展2017_3

ツートンカラーの“銀彩 マグカップ”。
黒とのバランス、千刻は表情の違いで 、
シンプルなフォルムに美しいリズムを感じさせてくれます。
“銀彩 ミルクピッチャー”も添えて。

野田里美展2017_4

黒一色の“千刻 黒 マグカップ”と
銀一色の“銀彩 マグカップ”。
単色の器は、フォルムや陰影の違いが一層際立ちます。
ポットは、“千刻 黒”と“銀彩”とで
一点ものが多数揃いました。

野田里美展2017_2

今回のマグカップとポットは全てが一点もの。
使い手のお好み、手の馴染みに合わせて
楽しく選んでいただきたいとの作家の想いが伝わります。
カップには、大小2サイズのソーサーが用意されています。
自由に組み合わせて…。

野田里美展2017_6

“銀樹”と“墨樹”の台皿は、
このほかに両方の色彩を重ね持つ“墨銀”も。
豆皿、5寸、7寸、9.5寸の4サイズ展開。
食をモダンに演出してくれる器です。