“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / PACE

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 7

PACE / 山田弘美
PACE / Hiromi Yamada | 織

名古屋ファッション専門学校(現NSC)卒業。
アパレルメーカーにてデザイナー、パタンナー職勤務。
退社後、インディーズブランド「T.Y.T」設立などを経て織りに出会う。
さをり適塾にて織りの基礎を学び以降、独学で作品製作を開始。
現在は、東海エリアにて個展、グループ展、ワークショップを開催中。


色のうつわ_pace

糸と糸の出会いから
彩りを生む織りのしごと。
手しごとならではのやわらかな織布は
いつも心を温かにしてくれます。

コースターやマットなど
テーブルを彩るPACEの作品は、
機能性を備えながら
遊びを楽しむデザイン性が魅力のモノたち。

小物づかいで、いつもの器も違った顔に。
織り作品ならではの、
彩る楽しみを見つけてください。



■PACE 在廊日 : 13 sat、21 sun


“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 藤井憲之

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 6

藤井 憲之
Noriyuki Fujii | 磁

1955 大阪生まれ
1980 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業
    同大学陶磁研究室勤務
1987 瀬戸にて築窯

1986 日本クラフト展(以後5回)
    朝日現代クラフト展(以後2回)
1987 デザインフォーラム瀬戸 審査員特別賞(3回受賞)
1989 国際陶磁器展美濃
1993 日本陶芸展(以後2回)
1996 東海の現代陶芸(名古屋国際会議場)
1998 明かりの器(HIZUKIプロデュースによる)
2000 灯かりの器(HIZUKIプロデュースによる)
    金沢「碗・わん」大賞展 大賞
2001 国際工芸コンペティション金沢
2002 伊丹国際クラフト展
2003 出石磁器トリエンナーレ
    量産のためのデザイン“蒼爽”シリーズ”
    (セラミックジャパンプロデュース)
2004 陶と磁「表情と表現」(瀬戸新世紀工芸館)


色のうつわ_fujii

うつくしいフォルムの、やわらかな磁器。
一見シンプルでありながらも、
違いをみせることのできる陶芸家。
すでに長いキャリアのどの時期を切り取っても、
その印象が褪せることはない。

フレンチ、イタリアン、懐石、寿司、
一流の料理人たちが好んで使ってきた藤井さんの器。
それでも、家庭で使ってもらうための良質なモノを
という作家の思いがいつも言葉の端々に溢れ出ます。

澄んだ淡い彩りの4色の磁器で
日常使いを楽しむための
小さな器を中心に展開していただきます。



■藤井憲之 在廊日 : 14 sun


“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 早崎志保

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 5

早崎 志保
Shiho Hayazaki | ガラス

1975 岐阜県生まれ
1997 愛知教育大学 総合造形コース ガラス専攻卒業
1998 富山ガラス造形研究所研究科卒業
1998~2007 岡崎ガラス工房・葵 ガラス工芸指導員
2008~現在 Glass Studio「ガラスごこち」主宰(岡崎)
2013~現在 名古屋芸術大学非常勤講師
展覧会
1996~現在 個展、グループ展多数開催
2012 「光をあつめて」二人展(名古屋)、企画展(松山)
2012 個展(静岡、豊橋)、企画展(松山)
2013 個展(横浜、桑名)、二人展(横浜)、企画展(松山)
2014 個展(静岡)、企画展(名古屋、豊田、豊橋、茨城、神戸、松山)
2015 個展(横浜 、神戸、桑名)、企画展(名古屋、松山、茨城)
2016 個展(松山、幸田、台湾)、企画展(名古屋、刈谷、神戸)
入選
富山現代ガラス大賞展、朝日現代クラフト展、
高岡クラフトコンペ、日本現代ガラス展、New Glass Review17、他

コーニングガラス美術館収蔵(U.S.A.)


色のうつわ_hayazaki


夏の風を感じはじめると
一気に恋しくなるガラスの器。
クリアなガラスは清々しくて
いつでもテーブルの定番ですが、
光が映し出す色のガラスは
やはり特別なトキメキを与えてくれます。

色そのもので魅せる器、
色の模様で魅せる器、
ガラスならではの彩りの新作を。

志保さんならではの
やさしいガラス、かわいいガラス、大人なガラスを
お楽しみください。



■早咲志保 在廊日 : 13 sat


“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 野村絵梨花

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 4

野村 絵梨花
Erika Nomura | 陶

1999 愛知県立窯業高等技術専門校 卒業
2001 岐阜県立多治見工業高校 専攻科 陶磁科学芸術科 卒業
2004 「野村絵梨花うつわ展」 尾張旭 カフェギャラリー華野にて
   「22th松村憲一(水彩)展」と「野村絵梨花(うつわ)展」
    名古屋栄 ノリタケギャラリーにて
2005~2007 「クラフトフェアまつもと」出展

2017 「新春 酔いの器-酒と器と30人の作家」
     名古屋 陶とCAFÉと…Galerie LA CACHETTE にて
    野村絵梨花「ひと息時間のうつわ展」 名古屋 Art Salon一閑にて
    「いろiro色のうつわ」名古屋 THE SHOP 十二ヵ月にて


色のうつわ_nomura

お料理やお菓子だいすき女子に支持される、
やさしい空気をまとった器たち。

今回は、彩りの器の企画に応えていただき、
“ホワイト”、“みずいろ” に続く新作として
“ホワイトパープル”(むらさきの線)のシリーズが発表されます。

ベリー系を想像させる むらさき色。
新作もおいしい器になりそうです。
絵梨花さんらしい彩りの器をお楽しみください。



■野村絵梨花 在廊日 : 13 sat



《作品ご購入に関するお願い》

今回は、グループ企画展への出展かつ新作発表という内容を鑑みて、
ご購入いただける点数を制限させていただきます。
詳細は当日にご説明いたしますが、
お一人さま、各器1点まで・合計で2〜3点まで にてお願いの予定です。
尚、当日の状況により整理券を配布する場合もございます。
また、会期中の通信販売の対応、完売後の受注制作の予定はございません。

できる限り沢山のみなさまに心地よくお求めいただき、
器づかいを愉しんでいただけますことが、
作家・ギャラリー共通の思いです。
ご理解の程よろしく願い申し上げます。



“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 鈴木史子

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 3

鈴木 史子
Fumiko Suzuki | 陶

1972年 愛知県豊橋市生まれ、豊橋市在住。
1993年 京都芸術短期大学(現 京都造形芸術大学)陶芸コース卒業、
     同陶芸研究室勤務の後帰郷。
     陶芸教室勤務の傍ら、陶芸家 渡邊朝子の製作補助。
1999年 豊橋市に窯を構え、アトリエキルン主宰、初個展。
     以後、各地で個展、企画展、クラフトフェアに出展。


色のうつわ_suzuki

出逢いは、深い青の釉の器。
聖夜に浮かぶ星のようにも、
紺碧の波間に消えゆく泡のようにも感じられて。
カフェでケーキをサーブしている青のリム皿に、
「食べ物を美味しく見せない」と言われてきた
青釉の器のイメージを覆されました。

シンプルかつスタイリッシュな器の数々から、
タイトルに沿った彩りの器をご用意いただきます。

青い器、黄色い耐熱の器、そして新たな一色を。
コーディネートを楽しんでいたたくための
白いうつわも少しだけ…。



■鈴木史子 在廊日 : 19 fri (pm)


“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 工藤 工

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 2

工藤 工
Takumi Kudo | 陶


1966年 岐阜県土岐市駄知町に生まれる

1991年 多治見市陶磁器意匠研究所を終了後


     家業 南窯 従事
     父、工藤 陸雄に師事
2005年 美濃焼伝統工芸士に認定


色のうつわ_kudo

美濃焼伝統工芸士として桃山からの伝統を繋ぎつつ、
現代に愛しむべき器を創り続ける陶芸家。
家業・南窯の当主として活躍する一方、
十二ヵ月では個の陶芸家・工藤工として
個展・常設にて器を出展していただいています。

彩り豊かな美濃焼の中から
久しぶりの展開となる赤絵のほか、
織部、呉須の器を。

東海地区にて焼きものをご紹介している身として、
テーブルコーディネートに色を差す、
美濃焼の新たな魅力を
お届けできればと思っています。



■工藤 工 在廊日 : 14 sun, 21 sun


“いろ iro 色のうつわ” 出展作家の紹介 / 岡村宜治

企画展
“いろ iro 色のうつわ”

2017.5.13 sat - 22 mon


■出展作家 - 1

岡村 宜治
Yoshiharu Okamura | 陶


1978年 神奈川県相模原市生まれ
2005年 岐阜県立多治見高等学校専功科卒業
     玉置保夫氏に師事
2010年 東海伝統工芸展入選(’13)
2012年 現代茶陶展入選(’13)
2015年 土岐市PR事業「ミノヤキセンパイ」に参加


色のうつわ_okamura

十二ヵ月のカフェでコーヒーをサーブしているこのカップ。
焼きものとしての味わいとともに、使いここちの良さに
お客さまからの注目が集まっている器です。

これは、細かなリクエストに対して
作家が真摯に向かい合ってくださった結果。
手にし、口に触れ、日々使う頻度の高い器ほど
些細なストレスも感じさせないモノが
“毎日つい使ってしまう”器になれるのです。

市松模様の器は、3色で展開。
コーヒーカップも初の販売機会となります。
その他、マグや茶器、お皿などを。



■岡村宜治 在廊日 : 13 sat, 20 sat


【参加者募集】ウィービングスツールのワークショップ

モノ人_web用ロゴ

『木工家・大橋コージとつくる
 ウィービングスツールの会』
参加者募集



ものづくりを経験すると、
モノができる過程のおもしろさ、難しさがみえてくる。
つくり手と会話すると、
モノの裏側にある想い、人としての魅力がみえてくる。
モノを知り、それをつくる人を知ることは、
毎日を共に過ごすモノへの興味・理解・愛着を深めることになり、
それは、自分の暮らしを愛しむことにつながっていくのです。

十二ヵ月のワークショップで、
この大切なことに気づいていただけたら素敵です。
毎回さまざまな技術、技法をご紹介しながら
楽しくものづくりを体験していただくひととき…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリーでお取扱いをはじめた“ウィービングスツール”。
“weaving”は「織ること、織られた」と訳されます。
紐やロープで織り物の組成に編む方法(シートウィービング)により、
軽くて、座り心地が良い座面に仕立てられています。

大橋_椅子いろいろ
十二ヵ月取扱い作品:ウィービングスツール、ウィービングチェア

ウィービングの会_2
シートウィービングによる座面(カナコ編み)

今回は、作家に手しごとのスツール本体をご用意いただき、
このシートウィービングで座面を制作していただきます。

「難しいと思われる椅子の座面づくりも正しい手順に従ってやれば、
 誰でも美しい座面が出来上がります。
 是非シートウィービングを体験してみて下さい。」大橋コージ


ウィービングの会_1
参考作品
仕上りサイズ:W350×D270×H320mm(1点制作)
 小さめのスツールですが、大人が充分に座れるサイズです。
作家がご用意するもの
 ・スツール本体(ベイマツ無垢材、オイル仕上げ)
 ・ペーパーコード(紙紐をロープ状に撚ったもの)ベージュ色


《大橋コージ/ 木工房「K」》
木の椅子の持つ機能美に魅せられ、手づくりにこだわり、
心を込めたモノづくりを続けてきた。
木工作品を通じて手仕事のあたたかさを届けたいと考える。
各地のクラフトフェア及び百貨店(松坂屋、三越、丸栄ほか)に出展。
十二ヵ月にてweavingシリーズを常設展示中。

※作品につきましては、後日に改めてご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 制作体験概要 】
■スツール本体は、釘などを使わない木組み工法で
 作家が手しごとにより制作してご用意します。
 
■作家の指導によりペーパーコードを編んでいきます。
 編み方は「カナコ編み」。
 たて糸とよこ糸から織り柄をシンプルに組成します。

■根気のいる作業ですが、編み目を間違えずきっちりと編んでいけば
 誰でも美しく仕上げることができます。
 完成までの時間には個人差がありますが、
 当日お持ち帰りいただけるように指導いたします。

■昼食と体験後のドリンク付き。
 作家との歓談もお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 募集要項 】 

日時 : 2017年5月 (1)28日/日、(2)30日/火
   10:00〜17:00最終の予定(完成した方から終了)
会場 : THE SHOP 十二ヵ月・奥の部屋
定員 : 5名
対象年齢 : 中学生以上
費用 : 13,000円
   ※材料・講習代、昼食・ドリンク代を含む。
持ち物:軍手、マイナスドライバー、ハサミ、
    持ち帰り用の袋や風呂敷など
服装:動きやすいもの

【 申込方法 】 
下記フォームをご利用(ペースト)いただき、
emailまたはfaxで十二ヵ月宛にお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ウィービングスツールの会』申込フォーム

・お名前  :

・ご住所  :〒

・お電話番号: 

・返信先emailアドレス又はfax番号:

・参加ご希望日:

・参加ご希望人数:  名

・その他備考:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※先着順受付とします。
 定員になり次第、キャンセル待ちのご希望をうかがいます。
 受付後、内容確認の返信をもって予約完了といたします。
 24時間以上返信の無い場合は届いていない可能性がありますので、
 電話などでお問合せください。

※キャンセルされる場合は、速やかにご連絡をお願いします。
 尚、参加日の7日前以降のキャンセルは原則できませんのでご了承ください。
(急遽欠席の方には、作家が制作して完成品をお渡しします。)

お申込先:THE SHOP 十二ヵ月
      email:info@jyunikagetsu.com
      fax :052-321-1717




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》2017.05.08 up date

【ご予約状況のご案内】

■5月28日/日 予約満了しました
■5月30日/火 予約満了しました

各日とも定員になり次第、キャンセル待ち受付けに切り替ります。
ご予約お待ちしております。



鴨頭みどり 鯉と童子(二人)

風薫る五月。
この時に最も似合う作品が届きました。

鴨頭_鯉と童子(二人)
〈鴨頭みどり/ 鯉と童子(二人) 28,000円〉税別
(台板サイズ : W350×D180)


この鯉は、風の精のような二人の童子を乗せて、
颯爽とお客さまの元へと泳いで行きました。

お二人の合計年齢が150歳を超えるご夫婦が、
五十数回目の結婚記念日にとご注文くださったお品です。

先を行く、キリリとした目元の童子がお父さん。
後に続く、やさしい目元の童子がお母さん。

素敵なお祝いのご用意に携わることができて、
しあわせな気持ちをお裾分けしていただきました。




◆“鯉と童子”は、童子が一人の作品もございます。
鴨頭みどり 鯉と童子(一人)




石黒いずみ ビルディング豆皿

日々の暮らしを愉しむ器。
昨日に続き、石黒いずみさんの器のご紹介です。
久しぶりのビルディングシリーズから
豆皿たちが届きました。

石黒_ビルダィング豆皿(施釉)_1
〈石黒いずみ/ ビルディング豆皿 600円〉税別

一つずつカタチも色も違う豆皿。
窓やドアも描かれていて、
屋上には看板に “HAPPY” “Thank You” “Love” の文字が。
お気に入りを探したくなりますね。

(画像をクリック/タップすると拡大して見れます。)

石黒_ビルダィング豆皿(施釉)_2

一辺が60mm〜70mmくらいのサイズ。
箸置き豆皿としても使えます。
愛嬌たっぷりのお皿たちに何をのせましょう?
チョコレート、豆菓子、金平糖、
梅干し、佃煮、お漬物…
テーブルにちょっと添えて愉しんでください。



石黒いずみ 耐熱の器

日々の暮らしを楽しむ器。
石黒いずみさんの耐熱の器シリーズが再入荷しています。

石黒_poele
〈石黒いずみ/ poêler 2,500円, gratin (中)2,800円 (大)4,800円〉税別


新作の“poêler/ポエル(ポワレ)”は、
小さなフライパンのように使っていただきたい器。

「朝食には目玉焼き、
 昼食にはカップケーキ、
 おやつにはプディングも。
 直火にかけたりオーブンで焼いたり
 欲張りに使える器にしてね。」

そんなリクエストをして制作してもらいました。
気楽にアツアツをテーブルへ。
小さなフライパン&大きなココットのイメージで。

いずみさんの耐熱の器にはネームタグが付いていて、
それもかわいらしい空気を醸します。
casserole、soup、gratin、pudding、そしてpoêler。
パリに住んで陶芸家の道をスタートさせた彼女だから
この言葉がナチュラルに響きます。

温もりは人を幸せにしますね。
この器たちがみなさまの食卓へ笑顔を運びますように。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《追記》2017.04.25 up date

器サイズ(約)
■poêler : 口径115mm×高さ40mm、取手を含めた全長150mm
■gratin(中) : 口径130mm×高さ58mm、取手を含めた全長175mm
■gratin(中) : 口径165mm×高さ55mm、取手を含めた全長220mm

手作り品のため1点ずつに少しずつ個体差があります。




ゴールデンウィーク営業のご案内

【ゴールデンウィーク営業のご案内】
無休営業いたしますが、閉店時間が異なりますのでご注意ください。
スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

■4月29日(土)〜5月7日(日) … 10:00〜19:00


◆グループでのご利用に、
 奥の部屋(個室テーブル席)のご予約も承っています。

 詳細はこちら→個室テーブル席のご予約受付中

鴨頭_鯉と童子


【発送について】
4月29日(土)〜5月7日(日)は、発送業務をお休みさせていただきます。
※4月28日(金)中の発送承りは、午前中まで。
※期間中のお届けは交通渋滞が予想されますので、
 お早目にお申し付けください。



THE SHOP 十二ヵ月
☎ 052-321-1717
e-mail : info@jyunikagetsu.com